絵本に一番必要なのは | ほんとうのピコットさん
新型コロナウイルスに関する情報について

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!

おばあちゃん 

うちのお孫ちゃん、

絵本が大好になりました!

 

お客様からそうお聞きしたら、、
読んで聞かせてくださ
るママ・パパへ
ありがとう!

を伝えてもらうようにしています。

同居のお孫さんの場合だと、

ご自身の子育て経験を活かして
おばあちゃんが読み聞かせ担当 筋肉

というケースもありますが、

お近くにお住まいとも限りませんからね。

ましてや、
新型コロナの感染が収まらない今は、
離れて住むお孫さんには、

会える機会が減ってしまっています。

なので、子育て家庭への応援は、
本 絵本を選んで贈ること トラック

そう言って、お店に来てくださる方も多いです。
そんなお気持ちを受けて、

ママやパパが、きっと忙しい育児の合間に
読んでくださっているのでしょう。

 

その結果、

おばあちゃん 

うちのお孫ちゃん、

絵本が大好になりました!

・・・となる訳で・・・。

 

パパ・ママがいっぱい読み聞かせして、

絵本のある子育てをしてくださった結果の

絵本大好きっ子と思うと、
ありがとう!という気持ちになるのです。


絵本で育った方が今子育て世代ですから、

読んでもらっていた子ども時代の
満たされた時間を思い出しながら、
一緒に楽しんで下さっているのかもしれませんね。


こういうエピソードを上げるまでもなく、

どんなに良い絵本も、

読み手なくしては、
小さい人に届くことはありません。

絵本には読み手が必要です。
そしてまた一方で、

聞き手がいるから読み手も一緒に、
お話世界に行くことができます。
一緒に過ごすかけがえのない時間になります。

 

何度も書きますけれど、

絵本と聞き手と読み手が揃っった時、

その物語は動き始めます。

1人で読めるようになってからも

こうして築く物語世界は育ちを支えますから、

読み聞かせの最終目的を、

<1人で読めるようになること>

と位置づけないでほしいものです。



ところで、こんな画像を送って頂いています。

お許し頂いたのでご紹介しますね。

幼い姉妹の読み聞かせの様子です。

 

 

 

 

にゃあにゃがほらね、

いないいない・・・

(と、妹ちゃんの視線を確認) ↑

 

 

 


 

ばあ!

(妹ちゃん、期待通りの笑顔) ↑

 

お姉ちゃん3歳、妹ちゃん6ヶ月の

頃と思われます。

 

絵本:いないいないばあ

(松谷みよ子/瀬川康夫/童心社)

 

 

 


ママも絵本育ちで、おうちには絵本がどっさり。
勿論大人の読み手だっているご家庭ですが、
それでも、

お姉ちゃんは妹ちゃんに読んであげたい。
妹ちゃんは、お姉ちゃんと読むのが好き。

 

そして、こちらは半年後・・・。

 

 

 



じ~っと紙芝居に見入る妹ちゃん ↑
お姉ちゃんは保育士さんか!

 

お姉ちゃん4歳、妹ちゃんは1歳になりました。

 

 


ふたりでお話の世界に浸っているのが
伝わってきます。
うらやましい・・・。
ラブラブ

と思ってしまう幸せな風景です。

 

 

応援よろしく


読み聞かせランキング