おうちはパジャマの場所だから | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!

一般書店では、

ひとり音読している大人の人・・・

というのは見掛けませんけれど、目
お子さんと児童書店にお越しになる時は、  
読めない年齢のお子さんの場合、  
お父さんやお母さんが読んで聞かせて、  
どの本を買うか決める事になります。  
  
その様子を聞くともなく聞いているんですが、  
みなさん、すごくお上手なんです。  
棒読みでもなく、

かといって大げさでもなく、

とても自然な読み方をされます。  
  
ひと昔前というか、お店を始めた頃には、

こんな事を言うのもあれですが、てへぺろ
読んで聞かせるということに不慣れな方も

多かったです。  
  
最近のママ&パパは、  
人前で読んだり歌ったりに抵抗のない世代で、  
楽しんで声を出せる、

ということがあるかもしれません。  
  
図書館や子育て支援の場で、  
読み聞かせを聞く体験もされているのでしょう。  

 

ところで、小さい人たちにとっては、  
お父さんやお母さんに読んでもらうのは、  
子育て支援の読み聞かせボランティアさんや、 
保育士さんや司書さんに読んでもらうことと、 
決定的に違う点があるだろうと、  
わたしは思っています。  
  
仲間と一緒にお話の中に入って、  
みんなで盛り上がって、みんな一緒に戻ってくる、  
それが、外での読み聞かせの楽しみ。  
  
反対に家庭での場合には、 
途中で止まったり、好きな場面は何度も繰り返したり、  
おしゃべりを挟んだりのような、

寄り道よそ道もあり!だと思うのです。  
だって、
お家での読み手、つまりパパ&ママは

お子さんが独り占めできる人ですからね。  
自分の気持ちに合わせて、  
立ち止まったり繰り返したりしてくれる読み手と辿るお話は、  
読み聞かせのプロの完璧な読み聞かせとは、  
また違う嬉しさがあるのではないでしょうか・・・。  

 

え?

読んいる途中でおしゃべりしていいんですか?

 

 

そう思われる方もあるかもしれませんが、

何といっても、

おうちはパジャマの場所ですからね。  
大人だってスーツを脱いでくつろいでいます。  
 
子どもたちもおうちでの読み聞かせは、  

<きちんと聞くこと>だけを

求められることはないでしょう。

園で読んでもらった時にはよく見えかった場面を、  
心ゆくまで眺めたい時もあるかも知れないし、
たまには、途中で気分が変わって、

「もういい」

ってなることもあるはずです。  
 
最後までじっくり聞けない時があったとしても、  
家庭では同じ本を何度も手にすることが出来ますから、  
繰り返しているうちに、

<おしまい>まで行けたらOKと思ってくださいね。  
小さな聞き手の心にそのお話が届くまで  、
待つのも、大人の楽しみですから。  
  
ただ、聞く気持ちのないお子さんの前で、  
無理に読み続けることはお勧めできません。  

<最後まで>に拘るよりも、
聞き手は心を開いているか、

聞き手に届いているか、

聞き手の気持ちに添ったおはなしか、
ということに心を配っていただけたらと思います。  
  
もちろん、
読み手と聞き手が一緒に、

うまくお話の中に入り込んだ時には、  
途中でやめるなんてできる筈もありませんよね。  
  
うちのお客さんのお宅でのことなんですが、  
切ない場面のあるお話にすっぽりはまって、  
ママとお子さんでわんわん大泣き。

アセアセアセアセアセアセお母さん赤ちゃんアセアセアセアセアセアセ
そこへ帰ってきたパパが、
一体何が起きた?

とその様子に大そう驚いた ・・・
と、そんな経験談をお聞したことがあります。

 

そうそう、ちょうど1冊、

ご家庭用にぴったりの新刊が届きましたので、

ご紹介しますね。

 

 

 

ほげちゃんとおともだち

やぎ たみこ/偕成社 /本体¥1,000.

 

やんちゃだけど憎めないぬいぐるみ

ほげちゃんシリーズ4冊目。

ほげちゃんが活動的になる場面では、

登場人物たちのたくさんの動きに

説明やセリフがぎっしり。

このタイプの絵本は

集団の読み聞かせよりも、

好きな場面を好きなだけ見られる、

<家読み>に奨めです。

 

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング