人類の来し方行く末 | ほんとうのピコットさん
新型コロナウイルスに関する情報について

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!

先週の水曜日に開き始めた桜は、

何度か雨に打たれながら、

一週間後には、ほぼ満開となりました。

 

 

 

1週間前の朝。

この日夕方には、もう3分咲きに。

 

 

 

お屋敷から溢れ出ように枝を伸ばした、

昨日(4/1)の桜です。

やっと降り止んだ曇り空の夕方ですが、

それでもやっぱり美しい。

 

 

 

 

 

お花見に浮かれる気分にはなれない現状ですが、

通りがかりの桜に、、今年は格別慰められます。

 

新型コロナ問題でお休みを余儀なくされた子どもたちは、

通学再開となる地域と、

感染が広がりを見せて、もうしばらく休校の地域と、

新学期のスタートは揃いませんでしたね。

 

学校が始まった地域もまだしばらくは行動が制限されますから、

ご家庭で、親子で楽しめることを、

このブログでもご提案していきたいと思います。

今回は学齢期のお子さんとご家族に、科学絵本2冊。

 

本を選ぶとき、

子どもたちに買って!と言われなくても、

おうちに1冊置いて欲しい本、

というのがあるのですが、

このジャンル、本屋としては苦戦するところです。

 

例えば、スーパーに行ったら、

女の子。 お菓子買って!

と言うように、

本屋では子どもたちはゾロリおしりたんていに、

心を惹かれるのも普通のことです。

 

もしも、

おとこのこ きょうはお菓子いらないから、おからの煮たの買ってね

ということになったら、それはそれで心配ですよね~。

 

そのおから・・・というか、(失礼!)

おうちに1冊あったら家族みんなで楽しめる本をご紹介してみます。

こういう本こそ、是非大人の手で用意していただきたいです。

 

 

 

 

ダーウィンの「種の起源」

はじめての進化論

 

サビーナ・ラデヴァ:作・絵  福岡伸一:訳

岩波書店 本体¥2,300.

 

生物は、バクテリアから恐竜まで、

みんな、生き残るために様々に進化し、

そうして生き抜いた種だけが、

今、地球上にいるのです。

そう、わたしたち人間も!

 

難しく感じられる進化論も、

わかりやすく情報が整理されたこの美しい1冊で、

感動とともに理解できます。

 

人間だって、

いろいろあってここまで来たんだね、と、

ご家族で話し合っていただきたい。

 

 

 

 

 

はじまりはたき火

火とくらしてきたわたしたち

 

まつむらゆりこ:文 小林マキ:絵
 福音館本体 \1,400.

 

人間が火を使うようになってから現代までを、
エネルギーと経済を中心に語っています。
そして、それはまた、
環境問題へともつながります。

 

わたしたちの祖先は、
たくさんの困難を知恵と工夫で乗り切って、
より良い暮らしを目指して来たのですね。

その“考える力”を受け取った現代のわたしたちは、
人類はもちろん、地球上の生き物みんなが
幸せに暮らしていける様にと、
知恵を駆使しなくてはいけないと思います。

自分が今、よければいい・・・
ではなく、
地球にとって何がよいかを考えられるよう!

 

 

 

いつもよりお子さんと長く過ごせる今だから、

こんな本を みっくんのおばちゃんおばちゃんおばあちゃんおじいさん女の子。女の子3

一緒に楽しんでいただけたらと思います。

 

 

おからは世界を救う!

・・・ う~ん、なんか違うけど。

 

ところで、昨日今日のトレンドワードは、

布マスク2枚 ゲホゲホ ゲホゲホ

ですよね。

 

感染対策で何のビジョンも無いのか?

と言われても仕方ないあの方にこそ、

前述の2冊をぜひ読んでいただきたいです!

 

そのマスク問題について、

先日もご紹介したニュージーランドのマッキィさんが、

こんなふうにスルドク書いてくれていました。

    ↓

    ↓

☆ ニュージーランドで見つけたもの ☆

  瞠目 結舌  ・・・→

    

 

これを読んだわたしの気持ちは、

<恥ずかしすぎるよ>と<溜飲を下げたぜ>の間を

激しく行ったり来たりしております。 女性 

 

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング