躾けに絵本を使いますか? | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!

パー 聞く本屋 耳】を自認し、
お客様に行きつけ本屋と言ってもらいたがっている、
当店、ピコット。


「こんな方にプレゼントしたい」
「こんなことを知りたい」
「今こんな気持ちなので・・・」
とご要望があったら、

 

女性 これが近いかな?
     それともこっちの本かな?

 

と、ご希望に添いそうな本を並べて、
手に取っていただくのが当店のやり方。

 

店内には、センスのいい飾り付けとか、
気の利いたポップとかは無く、
むしろ、ダンボールがどんと積んであったりするし、
まあ・・・
おしゃれな本屋とは言えませんけどね~。

言えませんが・・・

 

ドキドキ あ、これだった!
ラブラブ 探していたのはこの本だった!

 

という、
お客様の笑顔に出会うのが張り合いです。

 

そんなピコットですが、
ある種のご質問については、ちょっと口が重くなります。
それは、躾絵本のお問い合わせがあった時です。

 

絵本にできないことはありません。
絵本は
無敵です!

 

でも・・・、
絵本を読むたび、その大人の声に、

別の思いが隠れているのを感じたら、
小さい人たちは絵本を読んでもらう時間を、
幸せに思えるでしょうか?

そんなふうに考えるので、

始めから終わりまで躾が詰まった絵本というのは、
当店店頭にはありません。


その代わり、こんなふうにお勧めします。

たとえば磨きをしたがらなくてお困りの場合、

もし、「こぐまちゃんシリーズ」が好きなお子さんなら、
この本の歯みがきの場面で、

いっしょだね~
と強調するくらいで十分効果アリですよ、

と、おすすめしています。

 

 

 

こぐまちゃんおやすみ

わかやまけん/こぐま社/本体¥800.

※ こぐまちゃんが寝る前に歯磨きします。

 

 

 

交通安全や避難訓練がテーマの絵本は、
保育園・幼稚園でよく使っていただきますが、
こういった試みが効果を上げるのは、
日頃から読み聞かせの機会が多く、
絵本を読んでもらうって楽しい
音符という体験を、

集団生活の中で、聞き手の子どもたちが
たくさん積んでいるからなんですよね。

 

つまり、絵本は便利だぞ!というので、

躾にだけ使っては頂きたくない。

ベースはあくまで、

大人と子どもで一冊の絵本を読んで、

小さな旅をする幸せな時間の積み重ねだと思うのです。

 

そんなことが、躾絵本のお尋ねに、

一瞬口が重たくなっちゃう理由です。

 

このテーマ、

もう少し心の奥に分け入る場合について、
次の回に書いてみる予定です。

 

 

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング