人の根っこと、わらべうた | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

明日はわらべうたの勉強会があり、

ここ数日その準備に追われていました。

 

歌い継がれてきたわらべうたは、

声と声を合わせて、歌い触れ合い笑い合う、

その楽しい時間が、幼い人たちに、

自分っていいな!人っていな!という、

人間としての根っこを育てる。

と、そう思っています。

 

世代や地域を経てわらべうたが伝わることは、

なくなってしまったものの、

若いママさんたちは、わらべうたに熱心です。

子育て支援の場で教わったり、

本や動画で覚えたりと、とても積極的です。

わらべうたの絵本も好評です。

 

わらべうた、古臭いどころか大人気!

 

育児をしんどく感じる日や、

子どもを扱いにくいと感じた時に、

お気に入りをひとつ口ずさんだら、

親子で楽しい気分が取り戻せるという、

わらべうたは、手軽な子育てお助けアイテム♪

でもありますしね。

 

そこで、

読み聞かせのボランティアさん仲間で、

絵本と一緒にわらべうたを伝えていこうと、

一緒に勉強しているのです。

 ※ 興味のある方はこちらにどうぞ ・・・→

 

今回は年度初めの講座なので準備が多く、

やれやれ何とか間に合ったぞ!

とほっとしていた今朝、

悲しいニュースが飛び込んできました。

スクールバスを待っていた子どもたちが、

大勢刺されたというのです。

 

詳細はまだ伝わってきませんが、

ただ、厳しく罰することだけでは、、

残念ながらこういう事件を起こす人は、

居なくならないでしょう。

 

こういう事があった時にはいつも、

事件を起こした人は、

どのような幼児期を過ごしたのだろう。

そして、どうして、

人を傷付けるような大人に育ったのだろう・・・

と考えてしまいます。

 

大切にされなかったのだろうか。

幸せな子ども時代は無かったのだろうか。

・・・

事は複雑に違いないので、

それだけを考えても仕方ないのですが、

子どもの育ちに関わってきたものとして、

ついそれを思ってしまいます。

 

ニュースを耳にした時には衝撃を受け、

無力感にも襲われましたが、

明日は、仲間と、

わらべうたを覚えてこようと思います。

 

わたしに出来るのは、

わらべうたを歌ったり、絵本を読んだりといった、

子育てを応援することだけだから。

自分のことも相手のことも大切に出来る、

人に育ってくれることを願って、

日常を積み重ねていきましょう。

 

 

 

 

はじまりは愛着から

 

佐々木正美 著

福音館 本体¥900.

 

子育て家庭におすすめしています。

佐々木先生の子育て観の

ダイジェスト版と言える1冊です。

 

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング