恐竜育つ 子どもの日のおみやげ顛末記 | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

10連休も無事終わりました。

無事・・・って、普通に営業していただけなので、

何も起こる訳はないんですけどね。

 

連休のメインイベント(ピコットの、ですよ)は、

謎の卵のプレゼントでした。

一応大人の方もOKにしたのですが、 

何の脈絡もなく、

✩たまご育てます!✩

と言う勇気のある方は少なかったです。(^^)

 

その点、子どもたちは心が自由というか、

ドアを開けて入ってくるなり、

「たまご」「たまご」

と騒いでおりました。

 

合言葉はブログで発表!

というところをよく読まずに来店されて、

慌ててお店で携帯出してカンニングする方多数。

(^^)^^)^^)

 

この卵はわざわざパッケージから出して、

何の卵だからわからないという設定で、

育て方だけお伝えして差し上げましたが・・・

 

実は、水に沈めておくと卵が割れ、

中のスポンジ状のものが水を吸って膨らんで、

恐竜

になるという、夜店辺りで売ってそうなシロモノ。

 

でも、

こんなウソっぱちなもの、うちの子にはふさわしくないわ!

という苦情は全く無く、

卵の穴を見せたり注意事項を伝えたりするのを、

みなさん面白がって見ていてくださいました。

 

何が生まれるの?

というのはごく普通の質問で、

 女の子餌は何をあげるの?

と心配してくれる子がいたり、

 男の子卵の中から音がする!鳴いたみたい!

と顔を引きつらせる子に、

周りの大人も思わずその気になったり・・・。

 

空想世界を持ったりイメージを共有することは、

人間にだけできる精神活動。

子ども時代だからこそ一緒に楽しめる、

恐竜の卵の企画でした。ベル

 

 

それでは、生育状況をご報告します!

 

 

 

↑ 水に浸けて12時間後に こうなって ↓

 

 

その後どんどん育って・・・

今は仲間で一緒に過ごしております。

 

 

ついでのようですが、

(ついでです。)

こんな絵本もおすすめです。

科学に、ちょっとファンタジーも含んだ仕上がりですよ。

 

 

 

てのひらかいじゅう

松橋利光  文・写真 そうえん社 本体¥1,100.

 

 

 

きょうりゅうのおおきさってどれくらい?

大島英太郎  文・絵 福音館 本体¥900.

 

風船ホームページも更新しました

・・・・・→

 

応援よろしく!


読み聞かせランキング

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ