まゆ、今度は雲に乗ります! | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

ブログの古い記事<まゆとかっぱに、

何故が急にアクセスがあって不思議に思っていましたが、

そうでした、このシリーズの続編が出たせいだったんですね。

 

こどものとも4月号が 

まゆとそらとぶくも なんです。

子どもにも大人にも人気のこのシリーズ、

ファンの皆さま、お待ちかね~。

ブログに探しに来てくださった方が、

なんだ・・・最新刊じゃないの?

とがっかりされたかもと思い、

急ぎご紹介します。

 

まゆとそらとぶくも

富安陽子 降矢なな

福音館 本体 ¥407.

こどものとも 2019年4月号

 

 

前作のまゆとかっぱでは、

かっぱのミドリマルとの間に、

ロマンスが芽生えるか?

と、ちょっと期待したのですが、

新作ではそこには触れられておらす、

まゆは今回、

ちょっと頼りないカミナリ坊やの面倒を見ます。

 

でも、坊やは情けない奴汗ですが、

まゆが雲の上で会ったカミナリ家族は、

おそろしく魅力的。

ツノ付きキバ付きの面々ですが、

特にお母さんがめちゃくちゃチャーミングなんです!

 

そういえば、

まゆのお母さんである山姥のモッコも、

長身で力持ちで度量が広くて、

素敵ですよね~。

 

一般のスケールとは違う魅力を持つ女性を表現する、

作者・富安さん。

そのイメージを寸分違わぬ姿に描いてみせる、

画家・降矢さん。

 

お二人のおかげで、読者の私たちは、

易易とまゆの世界へ

遊びに行くことができるのですね。

 

・・・ああ、読者冥利。

本屋であることを、

うっかり忘れそうになります。ルンルン

 

あ、本屋に戻ってお伝えしますが、

福音館の雑誌はこの4月号から、

若干値上がりしました。

でも、各号に2年の年月間を掛けて、

単行本と同様の高い完成度を目指していると聞きます。

それでこの価格は、断然お買い得ですよ。

福音館さんに成り代わっておすすめします!

 

シリーズの年間予定付きリーフレットも、

只今店頭で差し上げています。

こどものともシリーズ、どうぞお見逃しなく!

 

 

応援よろしく!

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ