声を張り上げなくても | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

定休日の今日は、名古屋市内外を文字通り駆け回って忙しかったけど、

よし!という一日でした。

 

しっかり予定を組んで出ても、いろんな事情で回りきれない日もあって、そんな日は充足感に浸れないのです。

今日は、予定ぴったりで動けました。

 

そして、各園訪問を終えたあと、わらべうたの勉強会へ。

保育士さんや父兄の方のための集まりだったのですが、

親しくしていただいている園で、「よかったらどうぞ!」と誘われていたのです。

 

50人くらいの保育士さんと、お子さんも数人一緒に来ていて、講師は、名古屋コダーイセンターの先生。

実際にわらべうたを遊びながら、年齢や発達への配慮についても話していただき、

最後はみんなで集団遊びもしました。

 

50人というと、なかなかの大人数です。

でも、先生は声を張り上げたりされることはなく、常に静かな穏やかな声で話されます。

 

そうなんですよね・・・。

 

わたしたち、絵本を読む機会をいただいたとき、

聞き手を惹きつけるために、つい声色を使ったり、声に強弱をつけたりしたくなる。

・・・じゃないですか?

 

そして、表情豊かに読む人は上手い、

と思ってしまうけど。

 

今日は、わらべうたを歌ったり先生の声に耳を傾けながら、

相手に言葉を届けるのに、必ずしもオーバーアクションは必要じゃないことを改めて感じました。

 

現代生活では、子どもたちは日頃、耳からも目からも強い刺激にさらされているし、

お話会などで不特定多数の子どもたちが厚k待ってきたとき時には難しい面もあるけれど、

小さな声や物音からでも大切なことを聞き分ける力を、子どもたちの中に育てなくっちゃ。

と、思ったことでした。

 

わらべうたの最後の遊びは、

音符 どんどんばしわたれ音符 での門くぐり遊びでした。

最近絵本も出た、わたしのお気に入りの歌でした。

二人組で門をくぐるのですが、大人のわたしたちでさえ、捕まりそうになるとドキドキして、楽しかったですよ!

 

 

 

・・・わらべうたえほん・・・

どんどんばし わたれ

小林衛己子 真島節子 

 こぐま社 本体¥900.

 

 

応援よろしく

 

PCのデータ入れ替えで手間取り、すっかり遅くなりましたが、

ホームページの更新も出来ています。

今月のテーマはたぬきです。たぬき

こちらにも、化かされにおいでください。

    ・・・→ ピコットホームページ

    ・・・→ 特集<たぬきの>ページ

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ