どちらのサンタさんですか? | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

ピコットのこの時期の特殊任務、

サンタの手下。サンタ

保育園行きサンタさんと、ご家庭域サンタさんと、

二つのグループのプレゼントの準備をお手伝いします。

 

女性 あ、ごめ~ん、間に合わなかった。

は、許されないので緊張します。

 

そこで、12月にすべてのお仕事が重るのを避けるため、

まず取引先園と常連さんには、 

ご予約割引セールなる企画をご案内します。

おもちゃを11月にご注文いただくと、

若干お買い得になりますよ!というセール企画です。

11月中に半分済ませたい!

 

でも、それでもやっぱり、

ギリギリになって注文を下さるサンタさん多数。

おまけにこの時期だというのに、ここ2週間、

問屋さんの発注システムがエラーを起こして入荷遅れ多発の難。涙涙涙

 

そんな中、今年もありましたよ、

お名前のない発注書・・・。

 

注文者記入欄の部分の切れたfaxプリンタが送られてきて、

普通端っこに表示されている電話番号の表記もありません。

でも、品名はちゃんとありましたから、

そこは考えようです。

 

指定の商品を準備して、先方からの、

 保育園 注文したのにまだ届かないんですけど~

という督促を、ひたすら待ちます。

 

そうこうするうち、園行きサンタとお家行きサンタのお仕事が重なり始め、

店頭企画のお子さまくじも始まり、

てんやわんやの日々の中で、

とうとう・・・

とうとう、ありました。

ごんべえサンタさんからの連絡が。

ああよかった!間に合った!

 

各園への出荷も終わり、

明日の定休日に最後の配達を済ませれば、

園サンタの方の任務からは解放されます。

 

あとは、今年出たクリスマス絵本など手にして、

ゆっくりと、お店に来てくださるお客様のお相手をしたいものです。

 

熱烈歓迎 

お家行きサンタさん御一行様

 

そうそう、クリスマス絵本の新刊、

ピコットのイチオシはこちらです。 ↓↓↓

チェコスロバキアでは、

子どもたちにプレゼントをあげるのはサンタさんではなく、

小さなイエス様なんですって。

ベツレヘムの明かりを教会へもらいに行く 少年フランツの小さな旅から、

クリスマスはだれかの事を思う日ですよ、

というメッセージが暖かく伝わってきます。

出久根さんの絵も魅力的です。

 

 

 

クリスマスのあかり

チェコのイブのできごと

レンカ・ロジノフスカ/文 出久根育/絵 木村有子/訳
福音館 本体 \1,600.

 

ホームページ・・・→でもご紹介しています。

 

 

 

応援よろしく!

↓ 


読み聞かせランキング

 

 

 

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス