花梨さんが書いてくださった “専門店で買う楽しみ” | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

最近、お客様にこんなことを言われることが増えました。

 

  私 このお店、何年になるんですか?

     ずっと前からありますよね!

 

  男の人 ぼく、こどもの頃この近くに住んでたんです。

     お母さんとよく来ていました。

 

蜘蛛の巣貼った感 田舎蜘蛛の巣・・・が無いでもありませんけど、

小さかったおなじみさんが大人になってまた来てくださるというのは、

本屋冥利です。

 

それにしても、

人がひとり育つ年月を、わたしは子どもの本に関わってきたことになります。

その間にわたしの中に積もった子どもの本の経験は、

世の中何もかもがIT化の時代に、

いったい使い道ってあるんだろうかと思ったりもします。

 

そんななか、最近ご来店くださった花梨さんが、

ブログでこんなご紹介をしてくださいました。

 

絵本は専門店で聞いて買いましょう の巻!(^^) 

です。まずはこちらを・・・。 ↓

 


 

最近は、子育て支援や小学校などで、

読み聞かせボランティアさんがたくさん活動されていますが、

花梨さんも、そんなお一人。

 hoshi* 絵本で子育て

 hoshi* 大人にも絵本

と、読み聞かせやセミナーの企画、講師、創作と、

幅広くご活躍なさっています。

 

わたしたち子どもの本屋が、

店頭で、個人のお客様に絵本の面白さをお伝えするのには、

時間的限界もあります。

だって、一人のお客様と1時間お話したら、

1営業日で何人のお相手ができるでしょう・・・。

 

その点、読み聞かせのボランティアさんをはじめとする、

 バレエ私女の人 絵本は楽しいよ宣伝隊(仮称)女inkochan花凛さん

のみなさんの存在は、本当に心強いです。

 

絵本の良さが広まって、

たくさんの方が本屋に来てくださったら、

それは勿論嬉しいのですが、

もうひとつ、楽しみにすることがあります。

良い絵本がたくさん売れれば、

良い作家が育ち、

もっともっと素敵な絵本が出版される、

ということです。

 

本を買っていただくというのは、

本という文化を育てていただくことなんです。

 

だから、本屋の力の及ばないところで、

読み聞かせボランティアの方が活躍してくださっているのを、

本屋のわたしは、とても力強く思うのです。

 

そんなお一人である花梨さんが来てくださって、

どうやらわたしは、

力加減なしにおしゃべりした模様です。わーい

とても楽しかったです。

 

花梨さん、ご活躍、ブログで楽しみに拝見します。

またお出かけください。

 

 

 

 

応援よろしく


読み聞かせランキング

 

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

 

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス