赤ちゃんの絵本選びで困ったら  | ほんとうのピコットさん

ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

 

どの子もみんな本が好きになって欲しいと願う子どもの本屋、 

赤ちゃんの絵本には特に力を入れています。腕

 

絵本を見せるというのは、特別難しいことではありません。

誰が見せてもちゃんと伝わる、絵本にはそういう力があるのです。

わたしも、保育園で子ども達と絵本を楽しみながら、

赤ちゃんがどんなふうに絵本と仲良くなっていくのかを、体験的に学びました。


でも、そうは言っても、

初めて子育てをするママ&パパには、戸惑いもあるのでしょうね。

 

赤ちゃんに読み聞かせを!
という情報は育児書やNETたくさん届くけど、
実際読んで聞かせてみても、喜んでくれないみたい・・・というケース。
勿論、読み方のコツもあるのですが、

この場合、まずは、赤ちゃんの興味や理解力にふさわしい絵本に、

出会えていないからではないかと思います。

 

わたしが聞いた中で最も驚いたのは、
0歳児にハリーポッターを読み聞かせていたというケースでした。

お子さん連れで来てくださったそのパパさんが、
しみじみと、


   父・一成 赤ちゃんには、こういう絵本がいいのか~

 

と、おすすめした赤ちゃん絵本を手にしてくださいました。

 

左から

いないいないばあ(童心社)/まるまる(福音館)/いろいろばあ(えほんの杜)

しろとくろ(岩崎)なーんだなんだ(童心社)

 

・・・→ 当店おすすめの赤ちゃん絵本です  

 

 

赤ちゃんを迎えて数ヶ月のこのパパさんは、

読み聞かという言葉から、長いお話をイメージされていたみたいです。

いやいや、これ、笑えないお話です。
赤ちゃんに絵本を!という情報が、
子育て世代にこんなにも不十分な形で届いていたなんて、

子どもの本屋としては残念すぎます。涙

 

ここまで大きな誤解はなくても、
まだお話が聞けないから音の出る絵本を、

絵だけの絵本を・・・などと、
 赤ちゃんは お話がわからないだろう 

を前提に絵本を探される方は、実は多いのです。

 

そこで、

赤ちゃんも、ぴったりの絵本に出会えたら

                お話が楽しめますよ!

 

ということをお伝えするために、
一緒にいらっしゃった赤ちゃんに実際に絵本を読んで、

ママ&パパに様子をご覧いただいています。

赤ちゃんが絵本の世界に引き込まれていく様子に、


  ママ父・一成 ああ、うちの子、お話を楽しんでいる!


と、理屈抜きでわかっていただけます。

 


絵本の選び方は、例えて言えば、食事と一緒です。

離乳食は、消化しやすい食品をひとさじから・・・。
絵本も、赤ちゃんの興味と理解にあったシンプルな作品から。

 

ハンバーグやカレーライスはもう少し大きくなってからで、
感動ものの名作絵本も、もう少し実体験を積んでから、
と考えて選んでいただけるといいと思います。

 

絵本で迷ったら、
赤ちゃん向けのお話会や、
アドバイスできる子どもの本屋に行ってみてくださいね。

 

 

応援よろしく!

読み聞かせランキング

 

 

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

 

 

ピコットさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス