ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

ただ今サンタさんの手下のお仕事に邁進中の、子どもの本屋です。サンタ

そして忙しさの中、そわそわと気になるのが、

今年出版されるクリスマス絵本のこと。

 

各出版社から競って出されるクリスマス絵本を読み比べておすすめし、

今年のクリスマス絵本はこれにする! 

とお客様に言っていただくのも、

子どもの本屋の大事な任務ですからね。

 

でも、今年は無いなあ・・・。
絵さがしなど、お楽しみ系のクリスマス絵本は何冊か出ました。

でもね、わたしが出会いたいのは、

今年のクリスマスにこの絵本を手にできてよかった☆

とお客様と語り合えるような、、

心動かされるおはなし絵本なんです。

 

  イエス誕生 キリスト降誕のおはなしだったり、

  サンタ サンタさんの活躍するお話だったり、

  眠る その夜を待つ子どもたちのエピソードだったり。


今年はまだ出会えていない・・・と、ある版元の担当さんに言ったら、

 

父・一成 う~ん。クリスマスの本は、1年中は売れないからね。

 

というご意見。

 

だからそんなに力を入れられない・・・ということなんでしょうか。
なんて世知辛い。

子どもの本の出版社の威信にかけて取り組もうよ!?2


でも、そうは言っても、私たちが生きているのは経済社会ですからね。

売り上げが見込めないと出版できないというのも、道理です。

少し前には、
日本で一番最初の子どもの本の専門店メルヘンハウスさん閉店のニュースも流れ、

児童書業界、ちょっと元気がない。

 

そこで、(天の声ですよ)

    絵本好きさんに 告ぐ


あなたが絵本を買ってくださることは、その作品を応援するということです。
買うという行為が、その本をロングセラーに育てるための栄養になります。

 

だって、わたしたちの世界は経済社会ですからね
買ってもらった絵本(水や栄養や光をもらった種)だけが、生き延びていくのです。

 

だからどうぞ、良いと思った絵本には水をやってくださいね。
買ったり、図書館にリクエストしたり、人に勧めたりしてくださいね。
そしてピコットにも、時には水をやってください。
ピコットが生き延びるといいな・・・と思う人は、ね。

 

と、こんなことを考えつつ忙しい日々を送っておりましたところ、

12月に入ってようやく、今年も素敵なクリスマス絵本に出会うことができました!

こちらが、ピコットの2017クリスマス絵本イチオシですよ。 

 

 

 

ろうそく ぱっ

みなみ じゅんこ 文・絵 アリス館 本体¥1,100.

 

 

 

 

ろうそく ぱっ は、お話会の始まりやおしまいによく歌われる、

もとはハンガリーのわらべうた  。

この絵本は、その歌♪の、クリスマスバージョンです。

どんぐりころちゃん で人気の、みなみさんが出されました。

 

 

    みんなでツリーにロウソクを灯して、クリスマスをお祝いします。 

    そして、そのロウソクを消して見上げると、星が夜空いっぱいに瞬いています。 

 

まだクリスマスをよく知らない小さい人たちも、

この絵本を読んでもらったら、

きっと聖夜を感じられると思います。

 

乳児さんにおすすめ出来るクリスマス絵本が少ないので、

この本を手にできて本当に良かった。

嬉しい気持ちで、もう暫しサンタさんのお手伝いを頑張ります。

 

 

応援よろしく


読み聞かせランキング

 

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。