ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

本屋の一番大事な仕事は読むことと、前回のブログで書いたのですが、

どんなに読んでも克服できない問題があります。

 

それは、

わたしは 子どもではない

ということです。

もう随分長いこと大人です。笑・

小さい人たちの近くにいるつもりですが、子どもではありません。

 

大人のわたしも、勿論絵本は楽しめます。

すごく楽しんでいます。

 

でも、

小さい人たちに、それぞれぴったりの絵本と出会ってもらう、

という仕事は、

自分の好きな本を披露することとは違うと思っています。

 

毎日入荷してくる新刊を手にして、迷うこともあります。

この本、いい感じ。わたしはいいと思う。

だけど、発達も体験もわたしとは違う小さい人たちは、

このお話をどう受け止めるだろう?

そんなふうに迷った時に取る手段は、

子どもに聞く 

ことです。

 

小さいお客様が来てくださった時に、

いっしょに読も!と誘って、聞いてもらいます。

そして、その時の聞き手のお子さんの様子で判断します。

ぐいぐいとお話に引き込まれてくる感じがするか、

途中で気持ちが逸れるところがあるか。

究極、読み終える前に席を立ってしまうというケースも、貴重な判断資料です。

 

  女の子。 もっかい読んで!

 

と言ってもらえるのが、最高得点。クラッカー

そうでない反応の場合、

自分の読みの技量不足を差し引いたところで、

わたしはには良かったけれど、小さい人にうまく届かない、

その理由を考えるようにします。

 

もっかい読んで!と言ってもらって確信し、

ピコットで売り続けている絵本の代表選書が、こちらです。 ↓↓↓

 

 

 

 

サルビルサ

スズキコージ 架空社 本体\1,500.

 

 

 

そして、最近届いたこの絵本について、

ただ今一緒に読んでくれる人を待っているところです。 ↓↓↓

 

 

 

 

 

やもじろうとはりきち

降矢なな 佼成出版社 本体\1,300.

 

 

 

内容は、ヤモリとハリネズミというタイプの違うふたりの友情物語です。

友達関係って、子どもが経験し感じている現実と、

大人の願う理想には、微妙な隔たりがありますよね。

 

このおはなし、小さい人たちにぴったり!・・・だと思う。

思うが、大人のわたしがいいと思ったら本当にいいのか?

・・・という迷いを、子どもの本屋として大切にしたいと思っています。

そこで、

一緒に読んでくれる小さい人が来店してくれるのを待っているところです。

確信を求めて。

 

 

 

応援お願いします。

 


読み聞かせランキング

 

ホームページ ・・・ →

フェイスブック ・・・ →

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。