ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:


原爆ドーム。 
当たり前のことだけど、原爆のために建てられたわけではありません。 
原爆が落ちるまでは、広島県物産陳列館だったことを、 
わたしも、この絵本を手にして初めて知りました。 
 
アーサー・ビナードさんとスズキコージさんによって生み出されたこの作品は、 
原爆ドームに歴史を語らせています。 


広島県の物産と人が集まる場所であった、ドーム。 
プルトニウム爆弾により死の街となった広島の悲惨。 
その時から原爆ドームと呼ばれるようになった物産陳列館。 
今もウランを使い続ける人類への不安。 
ウランの原子のカケラは何百年何千年、さらにもっと後まで残っていくことに対する、

改めての警告。 

 

心揺すぶられる作品です。
 
この絵本は、大人たちにこそ読んで欲しいと思います。 
そして、子どもたちにクリーンな地球を残していくことを一緒に考えたいものです。 
未来ある地球を子どもたちに手渡すのが、私たちの責任ですものね。 
原爆ドームのこのメッセージが、 
世界中に伝わります様に。 


 


 
 
 
ドームがたり

 アーサー・ビナード作 スズキコージ絵

玉川大学出版部 本体1,600.

 

 
 
チェコの建築家によって1915年に建てられた、 
丸い屋根を持つ建築物であるぼく。 
広島県中の特産物が集められて、売り買いされる、 
活気にあふれた場所でした。 
 
その広島物産陳列館は、あの日、歪んだ骨格だけになり、 
そしてあの日から、

原爆ドームと呼ばれるようになりました。 
 
ぼくは不安に思っています。 

あんな日があって、ウランのかけらが飛び散ったのに、
世界中で今もウランが掘り出されていることを。 
原子力で発電がされていることを。 
 

ぼくは恐れています。 
あの日に飛び散ったウランのかけらが今もドームに残っていて、 
ドームに巣くうスズメたちを傷付けはしないだろうかと。 
 

 

 

 

☆ もうひとつのアーサー・ビナード作品

さがしています<ヒロシマのこと> ・・・→

 

 

 

 

応援よろしく!

 ↓

 


読み聞かせランキング

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。