ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

 

ヨシタケシンスケさんが好調です。

  りんご りんごかもしれない

で、絵本の新境地を開き、その後わたしの中で評価の定まったのは、

  たっくん ぼくのニセモノをつくるには

に出会った時でした。

この方の作品、ホンモノかも知れない!

 

さらに、死を扱ったテーマでありながら、

ピコットでは、日常的に買っていただいている、

  羽 そのあと どうしちゃおう

この絵本 ・・・→ を手にした時には、絵本の新しい可能性が開かれたと感じたものです。

 

そして最新刊のこの本、対象は一般向けですが、

刷っても刷っても間に合わないほど、売れ行き絶好調の模様です。 ↓↓↓

 

 

 

あるかしら書店

ヨシタケシンスケ ポプラ社 本体¥1,200. 

 

 

 

このお話に描かれる書店は、本にまつわる本の専門店という設定で、

やってくるお客様の ○○についての本ってあるかしら? という、

あり得ないリクエストの数々に、

店主が、はい、ありますよ。と涼しい顔で対応するお話です。

 

帯には、ヨシタケシンスケが描く妄想書店 とありますが、

いやまてよ、

こういうお店、無い事は無いような気がする・・・と思う、夢文庫ピコット店主。 

                                  女性 わたし 矢印 

 

 

 

ある日、ピコットにご来店の常連様。

 

  ばあば 木の絵本が欲しいんですけど、題名忘れちゃったわ。

     えーと、えーと、いっぱい顔があって・・・。

 

2~3冊心当たりのタイトルを当たったあと、

じゃあこれでしょうか?とお見せしたところ、

 

 

 

ふゆめがっしょうだん

富成忠夫 茂木透 長新太

福音館書店(かがくのとも傑作集) 本体¥900.

 

 

 

 

 

  ばあば そうそう、その本です!

 

というお返事を頂いて、めでたしめでたし。

 

そこで、

うちも、あるかしら書店かもしれません。

あるかしら書店という本がいま話題なんですよ・・・。

と、おしゃべりしながらレジを打っていると、

 

  ばあば じゃあこの本も。

 

と、あるかしら書店も追加でお買い上げいただきました。

 

ところで、この本の帯に小さめの文字でなにげなく、こんな一文が書かれています。

 

    いよいよ「本の時代」がやってくる !!

 

インターネットの台頭でグラグラしている、わが出版業界。

その今の時代に、敢えてこの文章を書いた人は誰だろう。

(作家ではなく、編集か営業か、ブックデザイナーと思えます。)

 

ご自身ヒットメーカーでありながら、ヨシタケさんも、

本文の中で店主に、

「必ず大ヒットする本のつくり方、それはまだ無いですー。」

と答えさせています。

軽い表現が持ち味のヨシタケさんですが、

出版の仕事への作家の思いがこの本の随所に書き込まれていて、

ある意味時代の曲がり角にいるこの業界だけど、

みんな、頑張っているんだ・・・と、

本屋のわたしも、いろいろ考えたのでした。

 

※ 聞く本屋です  ・・・→

 


読み聞かせランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。