ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:

 

絵本の読み聞かせは、ウケるためにするわけではない。   
せっかく子どもたちに時間をもらって、自己満足が目標であってはいけない。   
いつもそう自分を戒めています。   

 

それはそう。

だけど、子どもたちの反応が良いと嬉しいし、   
だから本を選ぶときには、やっぱり、

上手く読めて子どもたちの気持ちを掴めるものをと、つい安全パイを探しがち。   
   
もう大分前のことですが、

幼稚園年長さんのクラスで読ませていただいた時のこと。   
1冊読むと、聞き手と読み手の気持ちはぐんと近付き、   
おもしろかったね~の余韻を楽しみながらおしゃべりしていると、誰かが 、  

 

   boy もう1冊読んで!   

      あそこに、まだ絵本があるよ!   
   
じつは準備段階で、候補のうちの1冊がボツになり、

その絵本を未練たらしく持っていたのでした。   
   
  女性 あ、でも、あのね・・・   
     あの本はうまく読めないところがあるの。   
   
すると子どもたちが 口々に言ってくれます。 
      

    boy ショートヘア 女の子 男の子2  まちがってもいいから、よんでよ~
   
   
わたしは言葉遊び系の絵本が好きで、   
子どもたちがナンセンスを受け入れてくれるという信頼感もあり、   
こういう絵本↓↓↓をよく読みます。   

 

    きょだいなきょだいな   
    もこもこもこ   
    ぐやんよやん   
   
で、この時も んぐまーまを準備していたのでした。

 

 

 

んぐまーま

谷川俊太郎 文 大竹伸朗 絵 クレヨンハウス 本体¥1,200.

 

 

 

でも、このことばあそび絵本、

読むのはとても楽しいのに、いっつも同じところで噛むのです・・・。   
前日まで練習はしていたのですが、

やっぱりこの出来では読めないと諦めたのでした。   

 

 

結局子どもたちに請われて、そのんぐまーまを読んだのですが・・・、

やっぱり、問題の箇所でちょっとつまずいて、冷や汗。

 

読み終わったあと子どもたちを見ると、みんなにこにこしています。

そして、口々に感想を述べてくれたのですが、

要約するとこんな感じ。

 

    boy どこでまちがったか、わからなかったよ!

    女の子 まちがったのわかったけど、だいじょうぶだよ!

 

なんて優しい子どもたち!

 

こういう場面で大人なら、つい「為になりそうな注意」を述べがちなんですけどね。

 

 

読み聞かせに出向く場合は、

家庭やクラスで読むのと違って、

同じ本を同じ子どもたちに再び読む機会はまずありません。

後にも先にも無いその時間を頂く訳なので、

出来るだけの準備はしていくよう心がけています。

 

でも、一緒に本を読むというのは、

子どもたちが心を開き耳を傾けてくれるからこそ出来るのだと、

こんなふうに聞き手に助けられるたびに思います。

 

だから、それに応えるために、

それぞれの絵本のなかに込められている“なにか”を、

丁寧に伝えられる読み手にならなくてはいけませんね。

 

 

今も上手く読めないんぐまーまですが、

そんなことがあって、わたしの大切な1冊です。

 

んぐま~~~ま ♪

 

 


読み聞かせランキング

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。