ほんとうのピコットさん

子どもの本屋「夢文庫ピコット」店主です。
タイトル「ほんとうのピコットさん」については、
http://ameblo.jp/pikot/archive1-200711.html をどうぞ!


テーマ:



なんてこった・・・

確かに雪マークは出ていたけど、それも明け方のわずかの間。

今年は暖冬だもの、降っても積りはしない、

と思っていたのに。


昨日の朝、名古屋は想定外の銀世界でした。

ひえ~っ

けど、北区の子育て支援企画で、

赤ちゃん連れのママさんたちに、

絵本のお話をすることになっています。

10時には何としても会場に行かねばなりません。


高速道路を走れば30分かからない距離だし、

当然車で行くつもりで、荷物も積んでいました。

が、高速は雪で通行止め。


その後、

名二環(市の外側を取り巻いている高速)が、

ギリギリのタイミングで通行止め解除となったので、飛び乗り、

大回りして春日井市から北区に回り込む形で、

ちょっと遅れたけれど会場にたどり着きました。


そして、こんなお天気でも、

9組の親子さんが待っていてくださって、

午前中の2時間を楽しくご一緒できました。


赤ちゃんはどんなふうに絵本に馴染んでいくのか、

どんな読み方をすると伝わりやすいのかといった、

ママ向けのお話の合い間を縫って、

何冊か絵本を読みました。


絵本を読み始めると、

それまでひとり遊びをしていた0.1歳児が、

どの子もみんなこっちを向いて、

絵本のページを見つめてくれます。

いいタイミングで笑ったり、声を出したりしてくれる子もいます。


そして、この本を読んだ時のこと。↓↓↓




marumaru

まるまる

中辻悦子/福音館/本体800.


まるまる えっへん


・・・で、笑っていた赤ちゃんたち、


まるまる え~~


・・・の場面では、一斉に表情が曇りました!!!

そして、


まるまる にっこり


・・・で、ふたたび笑顔に。



笑顔と泣き顔を、ちゃんと見分けているんです。

絵本は感性に訴えかける、という表現を聞いたことがありますが、

赤ちゃんたち、まさに感性全開で絵本を見てくれてました。


お母さん方には、

子育てに絵本を取り入れて、

一緒に楽しんでくださいねとお願いして来ました。









※~ ※~  ・・・~


160120yuki3

名古屋の雪景色
幹線に合流できず、渋滞の車の窓から。




hirumanotuki

午後には雪も溶け、
きれいな青空には昼間の月(矢印の先)が浮かんでいました。












AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ピコットさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。