「まんぷく」第27回~お前がいてくれたから、思いついたんだ | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「まんぷく」 第27
第5週 「信じるんです!」
お前がいてくれたから、思いついたんだ

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

萬平) じゃあ作ってやればいいじゃないか。

福子) はんこをですか?

萬平) そうだ。

 自分が何者かを証明する、大事なものだ。

 

**********

 

<闇市>

福子) はんこ作りませんか?

タカ) お安く作れますよ。

福子) はんこ作りませんか?

女性) なんぼで作ってくれるんですか?

タカ) 7円50銭です。

女性) ほなお願いします。

タカ) ありがとうございます。

 

萬平さんの思ったとおり、

この時代、身元を証明するはんこは、

みんなが必要としていました。

 

**********

 

<香田家>

鈴) 岸脇。こんな、字画の多い名前、

 どうやって、この中に収めるのよ。

克子) お母さん、

 この次なんかもっと大変よ。

 木根野谷さん。

鈴) そんなの書けない!

克子) お母さん、

 彫る方が大変なんやから。

萬平) 僕は字数が多い方が、面白い。

鈴) はあ!?

 

**********

 

(木を切る重之)

吉乃) 重ちゃん、これ短すぎる。

重之) ノコギリ難しい。

 

**********

 

<香田家>

タカ) 新しい注文入りました。

克子) おばあちゃんに渡して。

タカ) お願いします。

鈴) 私は、武士の娘です。

 はんこ屋やありません。

タカ) せやけど、

 こんなに注文が来るんよ。

克子) 家業にしてもええんちゃう? もう。

鈴) アホなこと言わんといて。

萬平) よし、出来た。

 タカちゃん、持ってって。

タカ) はい。

 

**********

 

<闇市>

福子) いかがですか・

男性) おお、ええ出来や!

福子) ありがとうございます。

 

萬平さんが思いついたはんこ屋は、

大繁盛でした。

 

**********

 

<香田家>

一同) 2、3、4…。

克子) 50銭!

福子) 82円50銭!

(歓声)

タカ) 1週間で、322円50銭。

(歓声)

萬平) みんなが頑張ったおかげだ。

(歓声)

鈴) もう、肩が…。

 はんこ屋なんて、やってられない…。

 

**********

 

(湯船につかる萬平)

萬平) ああ…。

福子) 萬平さん。

萬平) ん?

福子) やっぱり萬平さんは発明家です。

萬平) 発明って…ただはんこを

 作ろうって、思いついただけだ。

福子) 私たちはそんなこと考えもし

 ませんでした。はんこを渡した時の

 お客さんのうれしそうな顔…。

 やっぱりあれは発明です。

萬平) お前のおかげだ、福子。

 お前がいてくれたから、思いついたんだ。

 

**********

 

(ニヤニヤしながら風呂の焚き口

 に向かい火吹き竹を吹く福子)

 

**********

 

(誰もいない居間)

福子) あれ? 克子姉ちゃん?

 

**********

 

<2階の部屋>

(子どもたちが眠る布団のそばに克子)

克子) (泣)

福子) 克子姉ちゃん。

 泣いてるん? 何で?

(克子に寄り添う福子)

克子) 今日みんな、

 うれしそうやったでしょ。

福子) うん。

克子) 重之なんか、明日は卵が

 食べられるって、大喜びして。

福子) うん。

克子) 何でここに忠彦さんが

 おらへんの。何で、福子。(泣)

福子) 牧さんの弟さんは、おととい帰って

 きたんやて。台湾からの復員船がなかな

 かなかったって。きっと忠彦さんも船を待

 ってるんよ。絶対そうやから。絶対!

克子) うん…。(泣)

(背を向け、布団の中で目を開けているタカ)

 

**********

 

鈴) 絶対なんて言うてはいけません。

 期待させておいて、忠彦さんが、

 帰ってこなかったら、克子のつらさは、

 倍になるのよ。

萬平) でも、泣いてるのを見たら、

 励ますしかないんじゃ…。

福子) そうよ。

鈴) そっとしておいてあげればいいの。

 人のことを、気にする前に、

 自分たちのことを考えなさい。

萬平) 自分たちのこと?

鈴) どうして、子どもをつくらないの?

福子) お母さん。

鈴) 萬平さんの体は、

 もう大丈夫なんでしょ?

 腹膜炎は、もう治ったのよね。

萬平) はい。

鈴) そしたらつくりなさい。早く。

萬平) そうですよね。

福子) もう今は無理です! お母さんと

 こうやって一緒に寝てるのに。

鈴) けど、そこの部屋は、はんこ工場に

 なってしもたやないの。あっ、そう、私

 がいるから駄目なの? 分かりました。

萬平) お義母さん。

鈴) 別の部屋で、寝ますから私は。

萬平) ここで寝て下さいよ。

鈴) 早く孫の顔を見せてちょうだい。

(布団を抱えて部屋を出て行く鈴)

萬平) お義母さん。

 

**********

 

鈴) 私が、邪魔ってことでしょ。

(足の踏み場もない居間を見る鈴)

鈴) (ため息)

(布団を抱えたまま別の部屋へ行く鈴)

 

**********

 

(居間に様子を見にくる福子)

福子) いない。

 どこ行ってしもうたん。ん~。

 

**********

 

<アトリエ>

福子) あっ…。

(床に布団をかぶり丸まっている鈴)

 

**********

 

萬平) アトリエで?

福子) ぐっすり寝てました。

萬平) これからもずっと

 あそこで寝るのかな。

福子) そらそうでしょう。

 お母さんは頑固やから。

萬平) 子ども子どもって言うけど、

 僕たちはここに居候してる身だぞ。

福子) 今は無理です。お金もないし。

萬平) 早く、自分たちの家に 

 住めるようにならないとな。

福子) はい。はんこ屋頑張ります!

 

**********

 

<闇市>

福子) はんこありますよ~。

 はんこ要りませんか?

タカ) はんこ作りませんか?

福子) 要りませんか、はんこ。

 はんこ要りませんか?

女性) ほなお願いするわ。

タカ) ありがとうございます。

女性) あの…私もお願いします。

タカ) ありがとうございます。

福子) ありがとうございます。

 そしたらここにお名前を。

 ありがとうございます。

女性) 桑原です。

福子) はい。敏ちゃん?

敏子) えっ…福ちゃん!

福子) 敏ちゃん!

(抱き合う2人)

 

**********

 

福子) よかった、無事で。

敏子) 福ちゃんも。今どこにいるの?

福子) うちが焼けて、

 今は克子姉ちゃんのうちに。

敏子) そう。私はバラックに。

 そやけど、もうすぐ池田に引っ越すの。

福子) あ…名字が変わったって

 ことは敏ちゃん…。

敏子) 結婚したんよ、私。

 もう鹿野敏子やなくて、桑原敏子。

福子) へえ~おめでとう。

 相手はどんな人?

敏子) 呉服屋さん。出征前に結納を

 交わして、無事に帰ってきてくれてん。

福子) よかったね。おめでとう。

敏子) ありがとう。

福子) ハナちゃんは?

 

**********

 

<香田家>

福子) ほんで、ハナちゃんも戦時中に

 結婚して、今は泉大津に住んでるん

 やて。泉大津って知ってる? 大阪の

 南の方にある海辺の町よ。

萬平) (ため息)

鈴) あっ…間違えた。

福子) 私、うるさい?

萬平) えっ?

福子) 一人でしゃべってて

 うるさいですか?

タカ) うるさくないよ。

克子) 何かしゃべってたん?

鈴) それどころやないから。

福子) 今日中に作らないといけない

 はんこはあといくつ?

萬平) ああ…12、いや、13個だ。

鈴) はあ…

 武士の内職にしては、きつすぎる。

福子) そやけどやらないといけない

 んでしょう? 私も手伝う。みんな、

 黙り込んで仕事してたらつらくなる

 から、しりとりでもせえへん?

克子) しりとり?

鈴) 嫌よ、しりとりなんて。

福子) そしたら別の言葉遊び。

 あっ、4文字で、2番目が小さな「つ」。

 4番目が、「り」。

萬平) ええ?

福子) それを、一人ずつ言うていくの。

 例えば、しっかりとか。やっぱりとか。

重之) びっくりとか?

福子) そう!

萬平) ああ。

鈴) くだらない。

福子) ええ。黙り込んで仕事してるより

 絶対はかどるって。そしたら、私から。

 え~っと…にっこり。次、克子姉ちゃん。

克子) 2番目が小さい「つ」で、

 4番目が「り」?

福子) 「り」。

克子) げっそり。

(笑い声)

タカ) うっかり。

福子) うん。

萬平) 吉乃ちゃんは、おっとり。

吉乃) え~っと…きっちり。

福子) おお~!

タカ) 次重ちゃん。

重之) こってり。

福子) おお~!

吉乃) すごい、重ちゃん。

福子) 次お母さん。

鈴) もうないでしょう。

福子) まだまだたくさんあるって。

克子) あるある。

萬平) 僕はもう2つ思いついた。

鈴) 服部。

一同) ああ~。

克子) これは仕事がはかどるの?

タカ) でも眠くなくなった。

福子) 仕事しながら続けましょう。

 次私。う~ん…おっとり。

タカ) さっき言った。

萬平) ああそうだ。

 それさっき言ったよ、僕が。

福子) 言った? 

 そしたら…う~んと…もっちり。

(笑い声)

鈴) 鳥取。

一同) ああ~。

萬平) そんなお義母さんに、

 うっとり。な~んて。ハハハ…。

(笑い声)

 

**********

 

こんな、つらい時代ではあったけど、

福ちゃんたちは、もしかしたらとても

幸せだったのかもしれません。

仕事もあって、お金もたまってきて、

ケンカもするけど、充実した毎日でした。

心配なのは、

忠彦さんが帰ってこないことだけ。

それだけのはずだったのに…。

 

**********

 

<深夜・アトリエ>

(足音)

(アトリエに忍び込む人影)

 

**********

 

(熟睡中の萬平と福子)

 

**********
 

福子の話から、はんこを作ることを思いついて

即実行! 機械の開発に比べたら、はんこ作り

なんて簡単だよね。文句を言いつつも、ぶしむ

すも作業に参加。子どもたちも加わって、家族

全員ではんこ作りをする様子が微笑ましくて。

 

はんこは売れてお金になって、親友の敏ちゃん

とも再会できて、ハナちゃんの消息も分かって。

ゆったりとお風呂に入る萬平のサービスシーン

あり、夫が帰らない不安に泣いている克子姉ち

ゃんのシーンあり、ぶしむすによる、子作りハラ

スメントコントシーンありと、かゆいところに手が

届く脚本に惚れ惚れ。これがホームドラマよね。

 

萬平) お前のおかげだ、福子。
 お前がいてくれたから、思いついたんだ。

 

これからも、萬平さんは何かを思いつき、発明

していくのだろうと思うけど…。それは、福子の

おかげだと。福子がいてくれることが、力になっ

ているのだと、はっきり言ったところがいいね!

そして、煮詰まった作業場を言葉遊びで和ませ

る福子を描くことで福子の人柄、役割も見えた。

すいとんの時もそうだけれど、場を調整し、なご

ませる人。みんなを明るく照らす人が福子よね。

ポジティブに笑顔で乗り切る福ちゃんパワーに

ほっこりするし、元気をもらえる気がするわ~。

 

今日の一番の萌えセリフは…萬平さんのこれ。

 

萬平) そんなお義母さんに、うっとり。

 な~んて。ハハハ…。

 

な~んて、の後に、ハートの絵文字が私には見

えた! みぞみぞしてニヤニヤが止まらない~。

 

それにしても、4文字で、2番目が小さな「つ」。
4番目が「り」。これがけっこういっぱいあって。

ず~っと考えてしまって、感想が後回しに…w

という訳で、思いついたものを全部書いてみた。

他に思いついた方、ぜひ教えてくださいね~!

(太文字はドラマの中で出てきた言葉)

 

<あ行>

あっさり ・ うっかり ・ うっとり ・ おっとり
<か行>

がっかり ・ がっくり ・ かっちり ・ がっちり
がっつり ・ がっぷり ・ がっぽり ・ きっかり
ぎっくり ・ ぎっしり ・ きっちり ・ ぎっちり
ぎっとり ・ きっぱり ・ くっきり ・ ぐっさり
ぐっすり ・ ぐったり ・ げっそり ・ こっきり
こっくり ・ こっそり ・ ごっそり ・ こってり
<さ行>

さっくり ・ ざっくり ・ さっぱり ・ しっかり
しっくり ・ じっくり ・ しっとり ・ じっとり
しっぽり ・ すっかり ・ すっきり ・ すっぱり
すっぽり ・ ずっぽり ・ そっくり

<た行>

たっぷり ・ ちっくり ・ つっぱり ・ てっきり

てっちり ・ でっぱり ・ でっぷり ・ どっかり

どっきり ・ とっくり ・ とっとり ・ とっぷり

どっぷり

<な行>
にっこり ・ にったり ・ にっぽり ・ ぬっくり

ぬったり ・ ねっとり ・ のっしり ・ のっそり

のったり ・ のっとり

<は行>

ばっかり ・ はっきり ・ ぱっくり ・ ばっさり

はったり ・ ばったり ・ ばっちり ・ はっとり

びっくり ・ びっしり ・ ひっそり ・ ぴったり

びったり ・ ぴっちり ・ びっちり ・ ひっぱり

ぷっくり ・ ぺったり ・ べったり ・ べっとり

へっぴり ・ ほっかり ・ ぽっかり ・ ぽっきり

ぼっきり ・ ぽっくり ・ ほっこり ・ ぽっこり

ほっそり ・ ぽってり ・ ぼってり

<ま行>

まっこり ・ まったり ・ みっしり ・ みっちり

むっくり ・ むっつり ・ めっきり ・ もっきり

もっこり ・ もっさり ・ もったり ・ もっちり

<や・わ行>

やっぱり ・ ゆっくり ・ ゆったり
 

(随時更新、一応ググって確認してあります)

沼垂(ぬったり)のような地名がもっとありそう

なのだけれど…。いっぱいあってビックリ~!

 

 

「まんぷく」関連ブログはこちらから↓

「まんぷく」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「まんぷく」HP

 

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス