「まんぷく」第11回~気持ちは、言葉にせな伝わらへん | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「まんぷく」 第11
第2週 「・・・会いません、今は
気持ちは、言葉にせな伝わらへん

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

<病室>

(目を覚ます咲)

福子) 咲姉ちゃん。

克子) 大丈夫?

真一) 本当のことを話したよ。

(克子と福子の手を握る咲)

咲) ごめんね。

克子) 私は信じないからね。

福子) 絶対元気になるよ、咲姉ちゃんは。

咲) うん。

 

**********

 

<今井家>

鈴) お願いします。お願いします。

 どうか、咲を助けて下さい。

(仏壇に手を合わせる鈴)

(戸が開く音)

鈴) あっ。

福子) ただいま。

鈴) 咲は? 大丈夫やったの?

 大丈夫やったんでしょ?

克子) ちゃんと話すわ。

 

**********

 

鈴) うそ言わんといて!

福子) 私かて、咲姉ちゃんが

 死んでしまうやなんて…。(涙)

鈴) そんなこと、あるわけないでしょ!

 あなた、お願いやから、あの子を助けて。

 咲を、助けてやって下さい! 咲…!(泣)

福子) (涙)

 

**********

 

<香田家>

克子) 何で咲姉が…。(泣)

(絵を描く手を止める忠彦)

 

**********

 

家族みんなが、

悲しみにうちひしがれていました。

 

福ちゃんの、

大事な大事な咲姉ちゃん。

 

誰もが奇跡を信じていました。

誰もが。

 

**********

 

<理創工作社>

加地谷) ほな、

 遠藤社長にまん、会うてくるわ。

 新しい商品考えといてくれよ、立花。

萬平) 分かりました。

竹ノ原) お気を付けて。

加地谷) ああ。

竹ノ原) 加地谷さんと、

 ケンカでもしたんですか?

 加地谷さん、ここんとこよう会うて

 ますよね、遠藤社長って人と。

 誰なんですか?

萬平) さあ、

竹ノ原) うわの空やなあ。

(福子の手紙を見る萬平)

手紙・福子) 「姉が元気になって、

 立花さんに、お会いできる日が来る

 ことを、私は心から願っております」。

(福子の文字を見つめる萬平)

(電話の呼び出し音)

電・萬平) もしもし。

 

**********

 

<屋台>

萬平) 横流し?

世良) おお。金属材料やら電機部品やら

 があっちこっちに出回っとるんや。軍需

 物資やからな。憲兵は血眼になって犯人

 捜ししとるわ。

萬平) 誰が、そんなことを。

世良) まあ、戦争も先が見えへんように

 なってきたからな。どさくさに紛れて悪事

 を働くやからがおってもおかしないわ。

萬平) ふ~ん。えっ? そんなこと

 教えてくれるためにわざわざ?

世良) 一緒に昼飯食うのにいちいち理由

 がいるんか? 友達やろ、僕らは。

 

**********

 

<ホテル・休憩室>

恵) お姉さんの具合はどう?

 夏には退院できるんでしょ。

福子) 多分。

恵) そしたらもうすぐ立花さんと

 会えるようになるわね。

福子) はい。

 

**********

 

<ホテル・廊下>

野呂) 保科さん。

(缶詰を差し出す野呂)

野呂) これあげるわ。

恵) この前、頂きました。

野呂) もう、同じ過ちは繰り返さへん。

 気持ちは、言葉にせな伝わらへん。

恵) な…何のこと?

野呂) 保科さん、君のことが…好きや!

(走り去って行く野呂)

恵) えっ?

 

**********

 

<ホテル・フロント>

(チェリーの缶詰)

恵) (ため息)

 いきなり言われても…。

 はっ!

牧) 私を、覚えてますか? 

 牧、善之介です。

 歯科医を、やってます。

恵) はあ…。

牧) あなたを一目見て、

 運命を感じたんです。

恵) 運命?

牧) 私はあなたを、

 好きになってしまいました。

恵) えっ!

(いななき)

 

**********

 

<病院>

(笑顔を作り、病室に入る福子)

鈴) あら、福子。

 今日はお仕事、早く終わったの?

福子) お母さん。

咲) 朝からずっと、いてくれてるの。

福子) 気分はどう?

咲) 今日は楽。咳も出ないし。

鈴) そうなの。

 やっぱり私がいると、安心するのよ。

 「病は、気から」っていうでしょ。

 4つか5つの頃、咲が熱出して、お医者 

 様が、入院した方がいいって言ったの

 に、この子、お母さんと離れたくないっ

 て言い張って、一晩中そばにいて看病 

 してあげたら、次の日にはケロッと治っ

 たのよ。ねえ。

咲) そやから、覚えてないって。

福子) ほんまに大丈夫なん?

咲) うん。

鈴) ほら、見て。きれいでしょ。

咲) ありがとう、お母さん。

 

**********

 

<夜・今井家>

福子) どうしたん?

鈴) 私、毎日、病院に行くわ。

 本当に今日は、

 せきこまなかったのよ、咲。

福子) うん。

鈴) 顔色もよかったし、よく笑ってたし、 

 私が一緒にいれば、咲は治るわ。

福子) うん。

鈴) あのお医者様は、

 やぶ医者なんやないかしら。

福子) え…。

鈴) どう考えても、

 咲が、死ぬわけないもの。

 立花さんはやぶ医者を紹介したのよ。

 あの子が、死ぬわけない!

福子) そうね。やぶ医者なんよ、きっと。

鈴) あんな人とは、

 もう関わらないでね、福子。

 私を、これ以上心配させないで。

福子) うん。

男性の声) 今井さ~ん。電報です。

鈴) 電報…。

 

**********

 

配達員) ありがとうございました。

(電報を見る福子)

福子) 「サキ キトク」。

 

**********

 

<病室>

克子) お母さん。

滝) カンフル持ってきて。

看護婦) はい。

鈴) 咲!

福子) 咲姉ちゃん! 何で急に?

鈴) 昼間はあんなに元気やったのに。

滝) もう肺が限界なんです。

克子) 駄目よ咲姉。死んだら駄目!

忠彦) 頑張れ、咲さん!

鈴) 目を開けて、咲。

福子) うそやうそ。

 うそや…咲姉ちゃん…。

鈴) 目を開けなさい! 咲!

(うつろな目の咲)

鈴) 咲…。

(酸素マスクを外す咲)

(真一を見る咲)

咲) ごめんなさい…あなた…。

 ごめんね…。

 克子…忠彦さん…。

 福子…。お母さん…。

 ありがとう…。

(目を閉じる咲)

福子) 咲姉ちゃん?

(脈を取る医師)

滝) ご臨終です。

真一) 咲…!

克子) 咲姉…。

鈴) 咲…!

福子) 咲姉ちゃん…。

 咲姉ちゃん。咲姉ちゃん!

 咲姉ちゃん! 咲姉ちゃん!

 咲姉ちゃん! 咲姉ちゃん…。

鈴) 咲…。咲…! 咲…!

福子) (泣)

 

**********

 

(桜が満開の道を歩いてくる萬平)

(理創工作社の前でお辞儀する福子)

萬平) 福子さん。

(笑顔で福子に近づく萬平)

福子) 先週の火曜日、姉が亡くなりました。

 せっかくいい病院を紹介して頂いたのに…。

 本当に、お世話になりました。失礼します。

(涙をこらえ、道を行く福子)

(福子を目で追う萬平)

 

**********
 

タッチの差で、とりあえず牧善之介より早く恵に

告白することができた野呂缶…いや、野呂くん。

 

もう、同じ過ちは繰り返さへん。

気持ちは、言葉にせな伝わらへん。

 

おお~~! 3年の片思いは無駄じゃなかった。

言葉にしないと伝わらないってことを学んだね。

野呂は賢さ・攻撃力が上がり、レベルア~ップ!

しかしすかさず牧も恵に告白という、ダブルな展

開にドキドキ。白馬蘭丸のいななきに高鳴る~。

缶詰VS白馬…じゃなかった。とんちき枠対抗恋

のライバル対決はいかに? みぞみぞするわ~。

この三角関係はずっと引っ張ってほしい気が…。

 

そしてついに願いは届かず…咲姉ちゃん…(涙)

 

鈴と福子のやり取りで、母親の毒に反論する元

気もなくなっている福子の物分かりのいい返事

が切なくて、切なすぎて泣いた。萬平をディスる

言葉に、どんなに福子の心が傷ついているか。

それでも…咲姉ちゃんを思う気持ちの強さから、

母親に同調してあげる福子が、痛々しくて辛い。

 

鈴) あんな人とは、
 もう関わらないでね、福子。
 私を、これ以上心配させないで。
福子) うん。

 

(´;ω;`)ブワッ 福ちゃあ~ん…。切ないよぉ…。

胸が、痛い。胸が締め付けられる。痛いよぉ…。

たたみかけるように届く電報。嫌な予感MAX!

 

目を開けなさい!と武士の娘鈴の必死な声に

応え目を開ける咲。何て親思いの娘なんだ~。

 

ごめんなさい…あなた…。
ごめんね…。
克子…忠彦さん…。
福子…。お母さん…。
ありがとう…。

 

自分の事を後回しにしてきた、優しい優しい人。

。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。 うぇ~ん。涙が止まらないよ~。

なんだかんだ言っても、家族思いの福ちゃんが

自分の幸せを諦めてしまいそうな空気が辛くて。

さあ、今こそ、男気見せてよ萬平さん! うちの

(すっかり親戚気分)福子を笑顔にしてあげて!

 

 

「まんぷく」関連ブログはこちらから↓

「まんぷく」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「まんぷく」HP

 

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス