「カーネーション」(再放送)第95回~第17週「隠しきれない恋」 | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪

「カーネーション」 
第95回~第17週 「隠しきれない恋」

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

<小原家・二階>

糸子) 失礼します。

周防) こちら、桜井さん。

桜井) どうも。

周防) 今度結婚さるっそうです。

 そいで、今日はえんび服ん

 注文ばしてもろうたとです。

糸子) はあ。

周防) ばってん、

 もう一つ注文のあるけんて。

桜井) え…あ…わしが言うんですか?

周防) おいが言いましょうか?

桜井) そうして下さい。

周防) 花嫁さんの、

 ドレスば作ってほしかそうです。

糸子) もしかして、花嫁ちゅうんは…?

桜井) あの…その…吉田奈津さんです。

糸子) はあ…。

桜井) あ、いや…あの、せやけど、内緒

 で作ったってほしいんです。ちゅうのも、

 その…本人が、「今更花嫁衣装なんか

 着たない。こんな年で似合わへん」ちゅ

 うんです。けど、わしは、どないかして

 着せちゃりたい。ほんで、お友達ちゅう、

 お宅へお願いに上がりました。

糸子) う~ん…。

周防) あの…。

糸子) ああ、

 吉田奈津、ちゅうんは、あれです。

 いつぞや、闇市のそばで、周防さん、

 かばんで殴られた子です。

桜井) な…殴った?

周防) ああ、いや、まあ…。

糸子) ああ、最初は、うちを殴ってたん

 ですけど、止めようとして、周防さんも

 殴られました。2人とも、血まみれにな

 って帰りました。ハハハ!

 ハハハハハ!

桜井) ああ…はあ…。

糸子) あれはそんなんですよ。ウフフ…。

 あれは別嬪やけど、相当な訳ありですよ。

桜井) 分かってます。

糸子) 花嫁衣装は、昔、親にそろえて

 もうたやつがあると思います。

桜井) はあ、それ、何か、「夜逃げの時に、

 全部置いてきた」言うてました。

糸子) ちゃんと…全部聞いてますか?

桜井) 全部かどうかは、分かりません。

 けど…わしも大人ですさかい。ある程

 度の事は…聞かんでも分かります。

 幸せに、しちゃりたいんです。

糸子) 分かりました。(涙)

 おおきに。

(桜井に頭を下げる糸子)

糸子) よろしゅうお願いします。

桜井) あああ、あの…こちらこそ。

 よろしゅうお願いします。

(頭を下げる桜井)

 

**********

 

<安岡家>

玉枝) はあ~ご苦労さん。

 みたらし団子でけたよって、

 あんたらも食べり~。

八重子) ひゃあ、おいしそう。

玉枝) あ、は~れ~。

(奈津の制服に団子をつける玉枝)

八重子) ひゃ~。

玉枝) はあどないしよう?

八重子) お母さん、何やってるの!

玉枝) ごめんな、奈っちゃん。

 その制服、置いて帰り。

八重子) うちで洗うさかいに、

 置いて帰り。

奈津) ああ、かまへん。

 うち、明日休みやし。

 自分で洗濯する…。

八重子) あかんあかんあかん!

 そらあ悪いなあ、お母さん。

玉枝) せや、そら悪い。

 置いて帰らなあかん、奈っちゃん。

奈津) はあ…。

 

**********

 

<夜・小原家>

(奈津の制服の寸法を測っている糸子)

 

**********

 

<昼・店>

八重子) 短いやつもあるんやね。

恵) ほんまやね。

(ウエディングドレスの切り抜きを

 見ている糸子と八重子と恵)

恵) ああ、

 これなんか似合いそうやね。

糸子) どれ?

恵) これこれ。

糸子) ああ、なるほどなあ。

八重子) 奈っちゃん、

 ほっそいさかいなあ。

糸子) う~ん、

 せやけど、年が年やよってなあ。

 あんましこない、ピラピラおぼこない

 方がええんちゃう?

 

**********

 

<安岡家>

(八重子にパーマをかけてもらい

 ながら、奈津を見る糸子)

奈津) 何?

糸子) 何にも。

(鏡越しに奈津を見る糸子)

奈津) 何や?

糸子) な~んにも。

 

**********

 

<小原家・店>

糸子) 今日見て分かった。

 やっぱりあの子はな…これや。

昌子) へえ~。

恵) ほう~。

糸子) あの子な、首から肩が

 シュッとしてきれいなんや。

 せやから、ここはあんまし

 ゴチャゴチャさせんと、

 しっかり見せてやな…。

 

**********

 

(夜、ウエディングドレスを

 つくっている糸子)

 

**********

 

<昼・二階>

桜井) あ、はい。

(えんび服を試着している桜井)

桜井) よろしいな。

周防) そうですね。

糸子) ヘッヘッヘッヘッヘ…。

桜井) は?

糸子) でけました。イヒッ!

(ウエディングドレスを見せる糸子)

糸子) ほれ。

桜井) はあ~すご~い!

周防) すごか。

糸子) ごっつい自信作です!

桜井) わあ、これ、きれいやなあ!

 絶対、絶対似合いますよ!

桜井) ああ、はい。すごい!

(ドレスを着た奈津を想像する3人)

桜井) 似合うやろなあ。

糸子) ええわあ。

周防) きれか…。

糸子) シュッとして…。

桜井) きれいきれい。

 

**********

 

(朝、ドレスが入った箱を手に、

 出かける準備をしている糸子)

(戸が開く音)

糸子) あれ。

周防) おはようございます。

糸子) えらい早いですね。

周防) 持つばい。

糸子) え?

 一緒に行ってくれるんですか?

周防) はあ。

 

**********

 

<安岡家>

(奈津の髪を結っている八重子) 

糸子) おはようさん。

玉枝) おはようさん。

桜井) おはようございます。

八重子) なあ奈っちゃん、やっぱり、

 もう一本こっちに挿しとこよね。

奈津) いや、おかしいよって。

 こんな普通の服に、髪だけこない

 派手なん…。入籍しに行くだけやし。

八重子) ええから、ええから。な。

(桜井にこっそり箱を渡す糸子)

 

**********

 

<表>

奈津) ほな、長い事、

 お世話になりました。

玉枝) うん。幸せにな。

八重子) また、

 いつでも遊びにおいでや。

奈津) ほんまに…。

 ほんまに…おおきに。

(糸子を見る奈津)

(周防の後ろに隠れて泣いている糸子)

桜井) ほんまに、お世話になりました。

 もうええか? 行こか。

奈津) (頷)

(一同に向かい、頭を下げる桜井)

(物陰に立ち、涙をこらえている太郎)

糸子) (泣)

 

**********

 

糸子) 紳士物やってもうてる、周防さん。

周防) よろしく、頼みますけん。

八重子) まあ、こちらこそ。

玉枝) よろしゅうお願いします。

 

**********

 

<通り>

 

嘘みたいに、周りもうちも、

みんながうまくいってました。

 

糸子) おはようさん。

保男) おう、周防君。

周防) おはようございます。

保男) また昼休み来いや。

 今日はわしと打とよ。

周防) はい。

糸子) ほなな。

保男) うん。

 

幸せすぎて、

心配になるくらいでした。

 

**********

 

<小原家>

 

そのうち…

 

周防) おはよう。

 

また忘れた頃に…足元を、

すくわれるんとちゃうやろか。

 

**********

 

<小原家>

恵) 先生。先生、すいません。

糸子) うん?

恵) こっち来て、こっち来て。

糸子) 何? 何や?

恵) 先生!

糸子) ん?

恵) どうしても、

 聞いてほしい話があるんです。

糸子) うん?

 

**********

 

(ラジオの前に座っている恵)

ラジオ) 皆様、ご機嫌いかがでしょう。

昌子) あれ、何さぼってるんですか?

恵) シ~ッ!

 先生が「ええ」言うてくれたんや。

 離してんか。行った行った、ほら。

ラジオ) 中村春太郎さんです。

ラジオ・春太郎) 皆様、こんにちは。

 中村春太郎でございます。

恵) はあ~!

 

恵さんは、10年来の、

春太郎びいきなんやそうです。

 

ラジオ・春太郎) ところが、実は、

 生まれは岡山なんでございますよ。

 しかし若い頃は、どうにかご婦人に

 モテようと、浪速っ子のまねしたり

 したもんでしてねえ。ハハハハハ!

恵) まあ! オッホホホホホ!

ラジオ・春太郎) いや~お恥ずかしい。

 

**********

 

恵) 先生。

糸子) ん?

恵) ありがとうございました。

糸子) どうやった? 春太郎。

 また調子乗っちゃった?

恵) もうさすがの春太郎様でしたわ。

 もう、ホホホホホ!

糸子) ハハハハ…。

電・恵) はい、もしもし。

 オハラ洋装店でございます。

 はい。はい…えっ、うわさ?

 先生と…周防さんの?

 

**********
 

八重子と玉枝の、「下手な芝居」が本当に

下手で笑った。下手な芝居も難しいよね。

奈津にも普通の幸せが…。イケメンじゃな

くても、奈津を大事にしてくれそうで。愛が

あれば大丈夫~。幸せになれるはず~!

 

自分も恋をしている糸子が、ノリノリで奈津

のウエディングドレスを作るところが微笑ま

しい。自分が幸せだと、余裕があると、他人

の幸せも心から喜べるし、願えるのよね~。

いろいろあったけど2人とも大人になった。

 

幸せすぎて、
心配になるくらいでした。
そのうち…
また忘れた頃に…
足元を、すくわれるんとちゃうやろか。

 

「禍福はあざなえる縄のごとし」の言葉通り、

良いことばかり続かないのよね、人生は…。

 

 

「カーネーション」関連ブログはこちら↓

「カーネーション」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス