「半分、青い」第95回~あんさんのロミオはボンクラやで~ | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「半分、青い」 第95
第16週 「抱きしめたい!
あんさんのロミオはボンクラやで~

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

めあり) うん、この水なすおいしい!

光江) 生徒さんに頂いたんえ。

 もろといて言うのもなんやけど、

 帽子教室を、やってもうすぐ3年。

 まともな生徒さんおらへん。

 みんな何ちゅうか、片手間、遊び。

 本気やないんや。

 でも言うたらあかん。

 それ言うたらあかん。

 言うたら生徒さんやめてまう。

 どんどんやめてまう。

 お金がのうなってまう。

 こんな立派な家があっても、

 借金の抵当に入っとるさかいな。

 財産ゼロよ。

(知らん顔で素麺を食べる麦とめあり)

光江) あんなラッコノアタマとかいう

 はやりもんがのしてこんけりゃ、

 3月うさぎは生き残っていけたんや。

 こう…こうな…。

めあり) まだ続くんか!

麦) 光江姉ちゃんの話は

 どこにも着地しない。

光江) 愚痴や。単なる愚痴! 愚痴は

 どこにも着地なんかするかいな。

 垂れ流しや。

めあり) 開き直った。

鈴愛) あの~…。

麦) ん?

光江) どないしたん?

鈴愛) あっ、ちょっと、

 お伺いしたい事が…。

 

**********

 

(席につき、素麺を食べる鈴愛)

鈴愛) うまい。この水なすも。

光江) あんさん、昼ごはん目がけて

 来た訳やないやろな?

鈴愛) ん?

麦) ねえ、そんな事より…。

 ここに涼ちゃんの秘密が…。

鈴愛) はい。絶対開けては

 いけない、と言ってました。

(黄色い箱を見つめる3姉妹)

(箱に手を伸ばす麦)

光江) 麦ちゃん。

めあり) 駄目だよ。

鈴愛) 麦さん駄目ですよ、

 そんな事しちゃ。

(箱を開ける麦)

 

**********

 

(原稿を回し読みする三姉妹)

めあり) みんな結構面白いじゃない!

 涼ちゃんやるねえ。

麦) へえ~これがシナリオって

 やつか。映画のもとか。

めあり) …で、かもめちゃん、

 聞きたい事って何?

鈴愛) 鈴愛です。めざしさん。

めあり) めありです。鈴愛さん。

麦) 二人ともいい勝負だよ。

 めありに鈴愛。結構すごいよ名前。

鈴愛) あの、涼ちゃんさんの脚本、

 みんな面白いんですけど、全て

 数ページで終わってるんです。

 最後まである本がないんです。

麦) 誰かが続きを盗んだか!?

鈴愛) 違います。

 最後まで書けないんだと思います。

 あっ、もしかして涼ちゃん、

 習作一本もないのでは?

光江) さあ、それはあんまり聞いた

 事ないわなあ。うちらあんまり立ち

 入らんかったからねえ。映画関係

 の事は…。

麦) あの子はね、鈴愛さん。

鈴愛) は…はい。

麦) 夏休みの読書感想文でさえ、

 最後まで書いた事はない。

鈴愛) え?

麦) 私が、書いてました。

 「星になったピーちゃん」。

鈴愛) え? え…?

 文才、あるんじゃないんですか?

 涼ちゃん。

光江) いや、別に、文才なんかのうても

 映画監督とは関係ないんやないの?

 こうやって…よ~いスタート!

 カット! はいオッケー! いや~

 今のよかったよ、めあちりゃん!

めあり) 私?

光江) めありちゃんよかった。最高!

めあり) ありがとございます~。

 フフフフフフッ。

光江) …とか言うて、女優さんおだて

 とったらええんと違うの?

鈴愛) あ…いえ、違うんです。

 もしかして、監督になってからはそう

 いう人もいるかもしれませんが、とり

 あえず、無名の新人が映画監督に

 なるには、まず、脚本なんです。

 それを自分で書いて、映画会社とか

 に売り込んで、よし、撮らせてやろう

 となったら、デビューできるんです。

3姉妹) ふ~ん…。

鈴愛) …って言ってました、涼ちゃんが。

光江) あの子はな、三日坊主や。

 昔からな~んも続いた事はない。

 テニスも、ピアノもギターも。

 でもな、夢はおっきいねん。

 「ジョン・マッケンローなる!」言うて。

 「ブーニンなる!」言うて。

 「クラプトンなる!」言うて。

 いっつも、言う時は本気や!

めあり) 夢に夢みるタイプよね~。

鈴愛) いや、あのちょっと待って…。

 夢に夢みるタイプって、それって

 ダメンズって事ですよね? えっ?

 私ダメンズと結婚したって事ですか?

 私、実は知り合って1週間もしない

 うちに、「ロミオとジュリエット」みたい

 に、結婚しちゃったんですよ。

 ほとんど、相手の事何も知らなくて。

麦) 恋って怖い…。

光江) あんさんのロミオは、

 ボンクラやで~。

3姉妹) フフフフフフッ…。

 

**********

 

<喫茶・ともしび>

菜生) 責任取ってよ。

龍之介) えっ、責任って…。俺ら東山

 動物園行って、コアラ見ただけだよね。

菜生) 東山動物園のコアラは、

 愛の証しっていうんやよ。

龍之介) ほなの?

 えっ、でも別に、菜生ちゃん、

 俺の事なんか…。

菜生) 私、最近、

 売り場の目標達成できなくて。

 

菜生ちゃん、名古屋デパートの

靴売り場で働いています。

 

龍之介) うん。

菜生) でも、ブッチャーとコアラ見て

 たら、また頑張ろうって思えて。

(ニヤニヤしているまさこ)

(奈緒に睨まれ、

 両耳にイヤホンをつけるまさこ)

菜生) それに、何か、コアラ見つめてる

 ブッチャーが、かわいく見えたんだよね。

 ブッチャー居心地いいし。ずっとここに

 おりたいって思ったんや。

龍之介) ほうか…。

菜生) その気持ちが、変わらんのやなあ。

 いつまでたっても。私の、運命の人は、

 ブッチャーなんかなあ。

龍之介) 菜生ちゃん結婚しよう!

まさこ) え?

菜生) まさこさん、そのイヤホン

 何にも流れとらんな?

龍之介) 俺、菜生ちゃんが好きだよ!

 ブッチャーこと、西園寺龍之介、

 神に誓って、仏に誓って言える!

 今、菜生ちゃんが一番好きや!

 この先の人生、一分でも多く、

 菜生といたいんや。結婚してくれ!

まさこ) ブッチャー、よう言った!

 結婚するよ! する!

龍之介) な…

 何でおばさんが答える?

 ええとこや!

菜生) そうか。分かった。

龍之介) え?

菜生) 分かりました。

 ブッチャーの気持ちは分かりました。

 ちょっと、預からせて下さい。

龍之介) えっ、商談!?

菜生) ほいでな…。

龍之介) え?

菜生) おしゃれ木田原の

 改装の件なんやけど…。

 今、銀行がお金出し渋っとる。

龍之介) ふむふむ…いくらや?

まさこ) 政略結婚?

 

**********

 

<藤村家>

祥平) ♪空と君とのあいだには

 今日も冷たい雨が降る~

 

**********

 

(離れでバケツに水を入れている鈴愛)

祥平の声) ♪君が笑ってくれるなら

 僕は悪にでもなる~

(時計は午前2時5分)

 

**********

 

祥平) 結婚、おめでとう!

(庭の植え込みに飛び込む祥平)

涼次) あ~祥平さん! 祥平さん!

祥平) 涼次、涼次…。

涼次) ちょっと待って。

祥平) 知ってるか? 知ってるか?

 この曲ね、犬の…犬の目線で

 歌われた曲なの、これ。

涼次) え?

祥平) 犬が、ご主人様をこう、

 たたえて、歌ってんの、これ。

涼次) 犬が? ああ、だから、

 「空と、君との、あいだ」。

祥平) そうそうそう!

涼次) …の下に、下に、自分がいる。

祥平) そう! だから、犬の目線で、

 歌えば、主人公の、犬の気持ちで

 歌える。

 

**********

 

(布団に寝ている光江の目が光る)

 

**********

 

(四つん這いになって歌う涼次と祥平)

涼次・祥平) ♪ここにいるよ~ 

(バケツの水をぶちまける鈴愛)

祥平) うわっ、冷たい! 冷たい! 

 ああっ!

鈴愛) 何時だと思ってる?

麦) 何の騒ぎ?

祥平) 初めまして。

光江) えっ、水浸し。

 

**********

 

<母屋>

祥平) あっ、すいません、深夜に。

光江) まだ向こうにお風呂とか

 ないもんやから。

祥平) あったまりました。

光江) どうぞ。

祥平) 頂きます。

涼次) 明日、撮休だったんで、

 つい、飲み過ぎちゃって…。

鈴愛) サツキュウ?

涼次) 撮影がお休みって事。

鈴愛) ああ。

光江) ほやけどあんさん。頭から

 水ぶっかける事おまへんやろ?

鈴愛) 頭に来て、つい。

(祥平の頭に顔を近づける麦)

祥平) おお~!

麦) いえ! その頭、

 鳥が巣を作りそうで、素敵…。

涼次) こちら、元住吉祥平さんです。

光江) あら!

 あなたが、元住吉祥平監督!

 これはこれは失礼しました。

 涼次がお世話になっております。

 うちはまた、その辺の酔っ払いと

 意気投合して連れて帰ってきた

 んかと…。

涼次) 光江おばさん。

光江) この子、もう、

 何か猫か犬みたいに、あっちへ

 ころころ、こっちへころころ懐いて

 しまいましてなあ。ようこうやって

 誰か知らん人をうちに連れて帰っ

 てきましたんや。

鈴愛) それは、

 男の人に限りですよね?

 あっちへころころこっちへころころ

 女の人のところには行ってません

 か? どうですか?

光江) 何や何やあんた。

 夜中で機嫌悪いんか。

 眠うて機嫌悪いって赤ん坊と

 一緒やな。もう寝なはれ。

 うちはもう、一旦目ぇ覚めたら

 もう寝られへん!

 年寄りやさかいなあ。

 アハハハハハッ!

 えっ、ここ冗談や。笑てや。

祥平) あ…ハハハハハハハッ。

光江) フフフフフフッ。

祥平) 冗談。

光江) ええ。

 お宅が元住吉祥平監督。

 元住吉にお住みですか?

祥平) いえ、中野の方です。

光江) ハハハハハハッ! 冗談や。

祥平) アハハハハハッ!

光江) ほんでもあの、

 コート・ダジュールで、

 賞お取りになったとか。

祥平) ご覧頂けましたか?

光江) えっ…はい。

祥平) どうでした?

光江) ……。

麦) あれは傑作でした。

祥平) え?

麦) ピーター・グリーナウェイ監督の

 影響を受けている、と思いましたが、

 元住吉監督は、独自の世界を切り

 開いたと思いました。例えば!

 かたつむりの視線に見せかけて、

 それは、この世に生きる、ただゆっ

 くりと前に進むしかない私たち自身

 の虚無。でも少し前進。

祥平) そうなんです。そうなんです!

 分かります?

鈴愛) あ~あのすいません!

 私、明日大納言なんで

 寝てもいいですか?

祥平) 大納言?

涼次) 100円ショップです。仕事。

祥平) あっ…じゃあ、あの、

 自分もそろそろ。

光江) いややわ。うち一回起こされ

 たら寝られへんのよ。もっと話して

 えな。なあ。

麦) はい、是非!

祥平) あっでも、今どき感心ですよね。

 こう…ご家族と一緒に、

 住まれて。ねっ。

鈴愛) え?

祥平) だってあの…あの趣味の悪い

 ピンクの、マンション、コーポだっけ?

 あの、変な名前の。最初ね、2人で

 住もうとしてたじゃない? だけど、

 旦那さんのご家族と住む。

鈴愛) 都会もんから見たら、趣味が

 悪いかもしれんけど、私はピンクの

 マンションに住みたかった!

祥平) 何弁?

涼次) 岐阜弁。

鈴愛) それもこれも、

 全部元住吉さんのせいですよ。

祥平) え?

鈴愛) 涼ちゃんが、

 「追憶のかたつむり2」のお金を、

 ウーフーエージェントの代わりに

 肩代わりしたせいです。

祥平) えっ、どういう事?

鈴愛) え?

 えっ、ちょっと待って。え?

 元住吉さん知らなかったんですか?

 涼ちゃん、これ内緒なの?

涼次) あ…。

めあり) 何? 夜中にうるっさい!

(めありの胸に祥平の目が釘付け)

めあり) え?

麦) めあちゃん胸はだけてる。

 

**********
 

菜生ちゃん…グッジョブ! 逆プロポーズ?

てか…プロポーズさせてしまう手腕に脱帽。

 

コアラ見つめてるブッチャーが、

かわいく見えたんだよね。

ブッチャー居心地いいし。

ずっとここにおりたいって思ったんや。

その気持ちが、変わらんのやなあ。
いつまでたっても。

私の、運命の人は、

ブッチャーなんかなあ。

 

かわええ。菜生ちゃんってば…お上手~!

これはたまらん。プロポーズしてまうわ~。

 

菜生ちゃん結婚しよう!
俺、菜生ちゃんが好きだよ!
ブッチャーこと、西園寺龍之介、
神に誓って、仏に誓って言える!
今、菜生ちゃんが一番好きや!
この先の人生、一分でも多く、
菜生といたいんや。結婚してくれ!

 

ブッチャーもかわええ…。素直でよろしい♪

すかさず商談?お金の話に持っていく菜生

ちゃん。政略結婚だろうが、計算菜生ちゃ

んだろうが、そんな事はどうでもいいって気

にさせる可愛さだ~。だってもう高校生じゃ

ない、アラサーだもの。打算計算上等よw

いい夫婦になれるよ~君たちなら大丈夫!

ありがとう菜生ちゃん、ありがとう龍之介!

君たちのおかげで、久しぶりにほっこりした。

もう今日はこれだけでいいかもしれない…。

 

…というわけにもいかないので、本筋も…。

とうとう血のつながったおば、光江さんより

「あんさんのロミオはボンクラやで~」発言

頂きました~! 駄目押し!? 太鼓判!?

正真正銘のボンクラ…クズ、キング オブ

だめんず! 駄目の大当たりですよ~フッ。

 

律が出てこないなら、ブッチャー&菜生ちゃ

んカップルの癒やしタイムを増やしてもらわ

ないとこの暑さを乗り切れる気がしない~。

ささやかな萌えを私に…_ノ乙(、ン、)_ウウッ

 


「半分、青い」関連ブログはこちらから↓
「半分、青い」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「半分、青い」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス