「半分、青い」第78回~壊れた鈴愛・・・私には何にもない! | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「半分、青い」 第78
第13週 「仕事がほしい!
壊れた鈴愛・・・私には何にもない!

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

鈴愛は、律君からの

結婚しました葉書を受け取って、

何を思ったのか、

その住所まで来ていました。

 

**********

 

(ベランダに、律の妻・より子)

鈴愛) あの…。

より子) はい?

鈴愛) この辺に…

 この辺にコンビニありますか?

より子) コンビニは、

 駅の近くにありますけれど…。

鈴愛) 見過ごしました。

 ありがとうございます。

より子) あ…あの!

 もしかして、律のお友達じゃ?

鈴愛) えっ…。

より子) その葉書、もしかして。

鈴愛) あっ、お近くにいらした際は、

 是非、お寄り下さいってあったんで…。

より子) よかったら、

 上がってお待ち下さい。

 律、もうすぐ帰ってきます。

和子の声) より子さ~ん、より子さん。

 お砂糖の買い置きってあったかしら?

より子) あっ、今行きま~す!

 あの、義母も…律の母も来てるん

 ですけど。よかったら。

鈴愛) いえ、ごめんなさい。

 いいです。さよなら。

 あっ、コンビニ…コンビニ行かなきゃ。

 

**********

 

(路地を抜け、ぼんやり立つ鈴愛)

 

**********

 

<鈴愛の部屋>

藤堂) これは、

 片づけてしまっていいんでしょうか?

(電話の呼び出し音)

裕子) 私が。

秋風) 状況証拠という訳ではないん

 だから、片づけていいだろう。大体、

 楡野のところに、葉書が届いてい

 たかどうかも分からないんだ。たま

 たま、外に出ただけかもしれない。

 それより、問題はこっちだ。

藤堂) ネームですか?

秋風) 締め切り、

 一週間切ってるんだろ?

菱本) あと5日です。

藤堂) 出来てないんですか?

(ボクテにネームを渡す秋風)

 

**********

 

電・裕子) 鈴愛の携帯通じないんですか?

電・晴) ええ…何か心配で。

 部屋におらんの? 鈴愛。

電・裕子) えっと…。でも、大丈夫です。

 多分近所の喫茶店でネームやっ…。

 あっ、ネームって、漫画のセリフとか、

 ストーリーの事なんですけど。

電・晴) あっ、知っとるよ。

電・裕子) そのネーム、やってると

 思います。締め切り近いんで。

 

**********

 

<鈴愛の部屋>

菱本) はあ…

 やっぱり鈴愛さんのところにも、

 葉書届いてたのね。

裕子) お母さんも心配しています。

秋風) 何なんだ、このネームは?

 話になってない!

 あいつは、もう駄目なのか。

菱本) 先生。

秋風) 律君が、結婚したせいか?

藤堂) 先生、このネームは

 その前から描いています。

 そして先生、鈴愛ちゃんは、

 ここんとこずっとこんな感じです。

秋風) 何だその言い方は。

 お前に楡野を評価する資格はない!

菱本) 先生。先生から、ボクテ君に、

 楡野さんのネームを見せたんですよ。

秋風) そうか…つい、すまん。

藤堂) いえ…。

秋風) あいつはどこに行ったんだ?

 こんな大事な時に!

 

**********

 

<喫茶・おもかげ>

シロウ) いらっしゃいませ~。

 鈴愛ちゃん!

鈴愛) こんばんは。

シロウ) あ~よかった!

 さっき裕子ちゃん来て、

 心配して捜してたよ!

 すぐ連絡してあげて!

(携帯電話を見る鈴愛)

鈴愛) 充電切れとる。

シロウ) ああもう!

 

**********

 

<リラクゼーションルーム> 

菱本) それが半年前に掲載されたもの。

 その前が、これです。

秋風) ひどいな、これは。

 ボクテ、君は読んでいたのか?

藤堂) はい。

秋風) 小宮は?

裕子) はい。私も。心配していました。

菱本) 先生は、ご自身がお忙しく…。

裕子) それはもう、

 鈴愛も、プロですもんね。

秋風) 「一瞬に咲け」は

 最後まで読んでいた。

 ここまでではなかったぞ。

 この事について、何か話したか?

(首を横に振る裕子とボクテ)

秋風) あいつは、

 自分が描けなくなった事に、

 気づいてないのか?

裕子) いえ、描けない、

 とは言っていました。苦しそうでした。

 

**********

 

<喫茶・おもかげ>

(6種類のケーキを食べている鈴愛)

(砂糖たっぷりのコーヒーを飲む鈴愛)

シロウ) 鈴愛ちゃん!

鈴愛) 糖分が。糖分が足らないと

 頭が働かないから。

 マスター、モンブランも。

(目の前に置いた真っ白な紙を見る鈴愛)

鈴愛) 何にも浮かばん。

 

才能というものは残酷です。

湧き出る時は、

温泉のようにとめどなく湧き出して、

そして、ある時、3日目の風船の

ようにしぼんでしまいます。

しぼんだら最後、もう二度と、

膨らむ事はないのです。

 

**********

 

<オフィス>

秋風) 律君の奥さんに、

 会いに行ってただと!?

鈴愛) はい、大阪まで。

 これで名作が描けます。

(鈴愛を見るボクテと裕子と菱本)

鈴愛) 先生、

 前に私に言ったじゃないですか?

 痛みから逃げるなって。

 そこに真実があるって。だから私、

 とことん自分を追い込んでみようって。

 自分の傷口に塩塗ってみたんです。

 律の…結婚してる律の生活を見たら、

 どんな気持ちになるかって。

 どんなに傷つくかって。

秋風) 漫画のために、

 やったっていうのか?

鈴愛) それ以外ないです!

 いいものが描けました。今おもかげで、

 一気にネーム描き上げました!

 見て下さい!

秋風) うん。ああ…。

(ネームを見る秋風)

秋風) ああ…うん。

 いいんじゃないか?

 よく、まとまっている。

鈴愛) 先生、どうしてですか?

秋風) うん?

鈴愛) どうして、どうして前みたいに、

 「何だこの紙クズ!」って言ったり、

 こうして、カラスの羽みたいに放り

 投げないんですか!? 

 何でですか!? これ、クズですよね?

 何で前みたいに、「律君結婚するなん

 ていいじゃないか! それを描くんだ

 楡野! その痛い心を見つめるんだ。

 そこから逃げるな」って言わないんで

 すか!? 私を、見限ったからですか?

 描けない私が、

 かわいそうだからですか?

 前のネーム見たんですよね?

秋風) 前より、こっちがいい。

鈴愛) どんぐりの背比べって事ですよね。

裕子) 鈴愛、自分が描けないからって

 先生に当たるのは…。

鈴愛) うるさい!

 逃げたやつに何が分かる!

藤堂) ちょ…鈴愛ちゃん!

鈴愛) 売れてるボクテは、

 私を見て笑ってる! 高見の見物だ!

菱本) 楡野さん。

 みんなあなたの事を心配して、

 待ってたのよ。

裕子) 逃げたやつって撤回してよ。

 頭来る!

菱本) もう小宮さんも…。

鈴愛) 私だって結婚する!

 お見合いが来てる!

裕子) それもうなくなったって!

 さっきおばさんが電話で話した時。

鈴愛) え?

裕子) 信用金庫の人は

 別の人が見つかったって!

 鈴愛は漫画描くんだしねって。

 おばさんが。

鈴愛) 耳か…。

 私の左耳が聞こえないから、

 結婚話なくなったのか?

 結局そういう事か!?

裕子) 誰もそんな事言ってない!

鈴愛) ユーコに何が分かる!?

 私はこの夏で28だ!

 でも結婚もしてない。恋人もいない。

 漫画もどん詰まり! 

 結婚もして、子どももいて、

 お金があるユーコに何が分かる! 

 私は…私には何にもない!

藤堂) 鈴愛ちゃん、落ち着いて。

(子どもをあやすように、

 鈴愛を抱き締めるボクテ)

鈴愛) (泣)

藤堂) ちょっと落ち着こう。ね? ね?

鈴愛) (泣)

秋風) もう、いいだろう。

 何にもない楡野に、一つ提案だ。

 漫画を描け。このネームは、くそだ。

 この前のやつも、くそだ。

 そこでどうだ。

 いつものお前のやり方だ。

 ネームなしで、

 いきなり描いてみたらどうだ?

 初めて、漫画を描いた時のように。

 

なにがあっても、すべて、

あの時のときめきから

はじまっていることを、

忘れるものか。

 

鈴愛) 先生。

 私、描きます。

 

**********
 

北川悦吏子半端ないって! 容赦ないな、

ホント…。オリジナルの朝ドラでは特に、

脚本家自身のトラウマが色濃く反映され

てしまう怖さを感じてしまうのだけれど…。

「純と愛」「まれ」と、同じ匂いがするよw

キャスティングの良さで助かってるけど、

脚本家の口は、羽より軽い…のが災い。

けれども、ヒロインがちゃんと演じている

おかげで、ひどいキャラの割には不快感

は少ないんだよね~。永野芽衣、いい!

 

もうね、とにかくもう痛すぎた。つらい…。

鈴愛の心情がリアルすぎて刺さりすぎる。

 

先生、
前に私に言ったじゃないですか?
痛みから逃げるなって。
そこに真実があるって。だから私、
とことん自分を追い込んでみようって。
自分の傷口に塩塗ってみたんです。
律の…結婚してる律の生活を見たら、
どんな気持ちになるかって。
どんなに傷つくかって。

 

一軒家のベランダで、洗濯物を取り込む

新妻。律と呼び捨てにする女。和子おば

さんを義母と呼ぶ女。突然の訪問に、家

に上がってお待ち下さいと言える余裕…。

律は結婚した。より子という、この女性と。

律は、結婚した。リアルに。本当だった…。

 

かつての秋風の言葉をなぞるかのように、

漫画のために、律の妻に会いに行ったと

言う鈴愛。目が死んどる。目が笑ってない。

そんな壊れた鈴愛を見守るみんなの心の

痛みも伝わってきて、追い詰められた鈴愛

があまりにも痛々しくて、泣いてしまった。

 

ユーコに何が分かる!?
私はこの夏で28だ!
でも結婚もしてない。恋人もいない。
漫画もどん詰まり! 
結婚もして、子どももいて、
お金があるユーコに何が分かる! 
私は…私には何にもない!

 

そだね~。うんうん。まずは落ち着こうか。

鈴愛は変わらなくても、周りは変わる。い

つまでも子どもではいられない。年を取る。

傷ついて泣いて、泣いて大人になっていく

…はずなんだけど。なるのか!? 鈴愛。

 

リアルな痛みはもう十分だから、そろそろ

鈴愛にも、ドラマ的にも癒しが欲しい。鞭

ばっかりじゃね。飴もそろそろ出してくれ!

 


「半分、青い」関連ブログはこちらから↓
「半分、青い」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「半分、青い」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

taaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.