「カーネーション」(再放送)第47回~第8週「果報者」 | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪

「カーネーション」 
第47回~第8週 「果報者」

 

 

※無断転載対策のため、不本意ですが、

しばらく、注意喚起させていただきます。

 

こちらの記事は、「日々のダダ漏れ」 の

記事です。ご覧になっているブログ名が

「日々のダダ漏れ」、以外のブログ名は、

記事を無断転載しているブログです!!

↓ オリジナルのブログはこちらです♪

「日々のダダ漏れ」

 

 

奈津) あ…何?

糸子) ちょっとな、膝を休めてんやし。

奈津) 膝?

糸子) ちょっと休めたら、

 すぐ歩けるようになるよって。

 

**********

 

<小原家・表>

(近所の戸を叩いてまわる奈津)

奈津) ちょっと、ちょっとすんません!

 すんません! 誰かいませんか?

 

**********

 

(糸子を背負う奈津)

糸子) 悪いな。何や、重たないか?

奈津) 重たいわ!

 どんだけ肥えてんよ!

糸子) 最近お代わりしてへんさかい

 痩せたはずやけどな。

奈津) この貸しは倍にして

 返してもらうよってな。

奈津) しゃべり過ぎたら息切れんで。

糸子) うるさいわ!

 

**********

 

<吉田屋>

(食事をしたり酒を飲んでいる一同)

ハル) なんぼ何でも遅すぎるで。

 花嫁来んまに終わってしまうで。

千代) 呼んできましょか。

ハル) いや、花嫁の親まで

 おらんようになったらまずい。

 静子らに走らせ。

千代) はい。

ハル) かっ! ほんまにあのアホが。

 

**********

 

<吉田屋・玄関>

玉枝) 糸ちゃんが何ちゅうても、

 引っ張って連れてくるんやで。

勘助) ああ。

八重子) 大丈夫なんか勘助ちゃん。

勘助) 任しといて。

 ああ~! 行ってくら~!

玉枝・八重子) 糸ちゃん! 

 奈っちゃん!

奈津) はあ~! この…豚!

 

**********

 

<部屋>

ハル) ほんまにあんた、何考えてんや!

 向こうの、親族さんまで、みんな

 ずっと待たす事になんねやで!

千代) お母さん…。

静子) よう分かってるよって。

ハル) 分かってへんな! このアホが。

 なんぼ言うても分かってへんねん。

千代) すんません、お願いします。

(糸子をにらんでいる奈津)

糸子) 何や、みんな、怖いなあ。

八重子) 糸ちゃん!

糸子) え?

八重子) 糸ちゃん、あんた、

 花嫁衣裳持ってきたんか?

糸子) おばあちゃん持ってきてるやろ?

八重子) おばあちゃんが「糸子が持っ

 てくる事になってる」言うちゃあったで。

糸子) あ…そやった。

 取ってくる。取ってくる!

 あ、イタッ…痛い! イタタタ…。

玉枝) どないしよ。どないしよ。

八重子) 勘助ちゃんに

 取りに行かそうか? 

玉枝) そうしよ。どこに置いちゃんよ?

糸子) あのな、店入って、左手に、

 確かおばあちゃんの風呂敷包み

 置いちゃあったと思うわ。

奈津) もう~アホか!

 ええわもう! 待っとき。

(部屋を出る奈津)

 

**********

 

(包みを手に戻ってくる奈津)

奈津) うちのや。

 うちは着られへんかったけどな。

糸子) いや、そやけど。

 

**********

 

<座敷>

勝) よろしくお願いします。

千代) こちらこそ

 よろしゅうお願い致します。

 

**********

 

<部屋>

(鏡の前に座っている白無垢姿の糸子)

(糸子を見つめている奈津)

玉枝) 歩けるか?

糸子) せ~の!

 あ~痛っ! イタタ…。

玉枝) ゆっくりな。

糸子) あ~。

八重子) 気ぃ付けや。

玉枝) ゆっくりな。

奈津) 「馬子にも衣裳」。

糸子) え?

奈津) 豚にも晴れ着。

糸子) ちょっと…。

玉枝) まあまあ。

 

**********

 

<座敷>

勘助) 皆さ~ん、ご注目!

男性) 何や?

勘助) 何や、いきなり芸をやれ

 ちゅうて言われましたんでやります!

善作) 何じゃそら、お前、

 誰にそんな事言われたんや?

勘助) ここの若女将です。

 はい、皆さんご注目!

 よいや! よいや!

(傘の上に鞠を乗せようとする勘助)

保男) 下手くそ~!

栄作) わしがやるわ。どけ!

 ♪さて、さて、さては南京玉すだれ

 

**********

 

(廊下に立ち、襖に耳を近づける奈津)

奈津) もう一個思いついた。

糸子) あ?

奈津) 猿にも化粧。

(襖を少し、中の様子を伺う奈津)

奈津) 行くで。

(座敷に入る糸子)

(糸子に気付き、微笑む勝)

(勝の横に座る糸子)

栄作) 花嫁や!

勘助) はあ、ほんまや!

貞子) 来た来た、花嫁や!

 やっと来た!

清三郎) なんときれいな花嫁や!

(拍手)

栄作) ほな、花嫁も着いたこっ

 ちゃさかい、ここらでもう一回、

 乾杯しようけ!

善作) アホ抜かせ。その前に

 わしの、「高砂」が先じゃい!

栄作) ほな、勝さん、糸ちゃん、

 おめでとうさん! 乾杯!

一同) 乾杯!

善作) ♪高砂や~

勘助) 糸や~ん、糸や~ん!

善作) この浦船に~

(勘助が善作のところに倒れ込む)

善作) 何を…! わしが…

 あほんだら、お前!

(勝を見る糸子)

糸子) すんません。遅なってしもうて。

勝) 仕事やったんけ?

(頷く糸子)

 

案外、うちの着物がちゃう事には、

誰も気付いてへんようでした。

 

(泣いている清三郎と貞子)

 

いや、ほんまは気ぃ付い

ちゃあったかもしれません。

そやけどその事にも、

うちが遅れてしもた事にも、

誰も何も言わんと、ただただ、

今日の日ぃを喜んでくれるだけでした。

 

(「おめでとう」の声をかける正一夫婦)

(笑顔で見ている木之元・木岡夫婦)

(玉枝と八重子に向かい、

「おおきに」と軽く頭を下げる糸子)

(入口に立ち、糸子を見ている奈津)

(糸子と目が合い、そっぽを向く奈津)

(笑顔の勇や静子たち)

(微笑むハル)

(泣き笑いの千代)

(善作を見る糸子)

(照れて糸子から目をそらす善作)

 

うちは、果報者です。

 

(糸子の頬に涙)

 

**********

 

<翌朝・小原家>

(二階の部屋で目覚める糸子)

糸子) おばあちゃん。

 うち、今日、10時までに、納品行か

 なあかんよって、朝ごはん…。

(居間で寝ている勝)

 

あ、そうや。

今日からこの人、

いちゃあったんや。

 

**********

 

(朝ごはんを食べる糸子と勝)

ハル) 勝さん。

勝) はい。

ハル) いわし嫌いけ?

勝) いや、好きです。

ハル) ほうけ。ほな、これ食べり。

勝) おおきに、いただきます。

ハル) ごはん入れよう。

 なあ、今日の、引っ越しの手伝い

 の人、ぎょうさん来んけ?

勝) 大した荷物やないさかい、

 弟と友達ら何人かで運び込んで

 くれるだけです。

ハル) ほうけ。ほな、あんたも、

 ちゃんと手伝いや。

糸子) ああ…うち、今日、納品

 あるよって、先それ行ってから。

ハル) 納品みたいな、

 明日でもええやろ。

糸子) そんな訳にいけへんて。

ハル) え?

糸子) 期日っちゅうんは、何があって

 もキッチリ守らなあかんもんなんや。

ハル) ようそんな偉そうな事、言えるな。

 祝言にあんだけ遅なったん、誰や。

勝) 納品、どこ?

糸子) え?

勝) わし行っちゃるわ。

糸子) え?

勝) あんた足痛いんやろ?

 

**********

 

<店>

勝) ほな、行ってきます。

糸子) 頼んます。

ハル) 行ってらっしゃい! 気ぃ付けて。

 若い男が家にいてるっちゅうんは、

 ええもんやな。

 

確かにうちもそう思いました。

 

**********

 

<井戸端>

女性) おはようさん。

糸子) おはようさん。

 

そやけど

 

女性) お先やで。

 

**********

 

(店でミシンを使う糸子)

 

お父ちゃんでも勘助でもない

男の人が、家の中を

うろうろしてるちゅうんが、

何や、うちにはまだまだ、

けったいな感じです。

 

**********

 

<夜・二階の部屋>

ハル) あれ?

勝) あ…。

ハル) 何でこっち敷くんや。

 糸子。あんたの隣に敷け

 って言うたやろ。

糸子) せやかて、

 お互い気ぃ遣てよう寝んよって。

ハル) 何が気ぃ遣うや。

 あんたらは夫婦なんやで。

糸子) へいへい。

ハル) 糸子!

 

**********

 

そいでも川本さん…いや、

勝さんちゅうのは、奇特な人で、

うちがそんなんでもお構いなしで、

とにかくいつでも上機嫌。

 

どこにいてても、

何やってても上機嫌。

 

(勝の笑い声)

ハル) どないしたんや?

勝) それが、

 足の爪切っちゃあったら…。(笑)

ハル) 足の爪がどないしたんよ?

勝) それが…。(笑)

 

けどまあ、そうゆう人やさかい、

うちもおばあちゃんも

気ぃ遣わんで済むんは、

ありがたい事でした。

 

糸子) 足の爪一個で、

 ようあんだけ笑えんな。

 

**********
 

いや~ここまで自分の結婚に興味がない、

思い入れがないヒロインはいなかったかも。

すごいよ糸子。そしてそれ以上にすごいよ、

勝さん! あの糸子でいいなんて…すごい。

糸子は果報者だ。ありがたや、ありがたや。

 

 

「カーネーション」関連ブログはこちら↓

「カーネーション」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

taaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス