「わろてんか」第109回~しゃべらん漫才初日大成功~の巻 | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「わろてんか」 第109
第19週 「最高のコンビ」
しゃべらん漫才初日大成功~の巻

 

 

てん) 藤吉はん、ついにしゃべらん

 漫才お披露目の日です。

隼也) お父ちゃん、リリコちゃんと

 四郎さんをしっかり見守っといてや。

てん) ああどないしよ。

 何や緊張してきたわ。

隼也) きっとうまい事いくわ。

てん) そやな、うん。大丈夫や。

 

いよいよ、

新生ミス・リリコ アンド シロー、

しゃべらん漫才の初日で、

ございま~す!

 

**********

 

隼也) こちらですね、ミス・リリコ アンド

 シローと、キース・アサリ師匠の似顔

 絵饅頭になってます。僕が描きました。

楓) ご覧になりませんか?

 「月刊キタムラ」創刊号です。

風太) いらっしゃいませ。

 おうおう、えらい景気ええやないか。

隼也) 似顔絵饅頭にぜんざいに弁当。

 どうです? 専務。

亀井) いや~いろいろ工夫しましたな。

隼也) おおきに。

亀井) けど、仕入れた饅頭や弁当、

 全部売り切らなあきまへんで。

隼也) はい。

風太) これか! 藤岡製薬の化粧水て。

凛) へえ、

 リリコさんにも使うてもろてます。

風太) おう。

トキ) うちにも誰か一つ

 買うてくれへんかなぁ。

風太) りん、

 これは、おトキちゃんにも効く?

りん) もちろん。

風太) あ、そう。ほな一つもらおか。

りん) へえ、おおきに。

隼也) まいど。

 

**********

 

<楽屋>

四郎) どないしよ。また緊張してきた。

リリコ) アッハハ。

 あんたは緊張してた方がオモロイわ。

 アコーディオンだけは不思議と

 しっかり弾けるしなぁ。

てん) あ!

万丈目) 差し入れやで。

 夫婦ぜんざい、食べてや。

てん) 夫婦ぜんざい?

万丈目) へえ。

歌子) ホンマ、わてら夫婦の愛情が

 入ってるさかいおいしいで。とにかく、

 漫才の相方は夫婦も同然や。

万丈目) 笑い取ったら、2人のおかげ。

歌子) ウケへんかったら亭主のせい。

万丈目) 何でやねんな。

歌子) それが夫婦円満の秘訣や。

万丈目・歌子) アハハハハ…。

(ぜんざいを食べる2人)

リリコ) おいしい!

四郎) ホンマや。落ち着くわ。

てん) おおきにな。

 

**********

 

山下) では、この企画の監督は、

 中山先生にお願いする事でよろ

 しいでしょうか。

栞) もちろん。

山下) 分かりました。それから、

 来年の喜劇映画の主演女優を、

 そろそろ決めんとあきませんが。

栞) その事なら実はもう、

 決めてあるんだ。

山下) えっ。どなたですか?

 

**********

 

<楽屋>

てん) ええ時間に出してもろて

 おおきに。

風太) そやからこそ、しっかり頼むで。

リリコ・四郎) へえ!

アサリ) ほな、お手並み拝見や。

キース) もうなくすもんもないし、

 気楽なもんやろ。

(頷くリリコと四郎)

リリコ) ほな、行ってまいります。

てん) お気張りやす。

 

**********

 

<高座>

リリコ) どうも~皆様ご機嫌よう。

 銀幕の大女優リリコ改め、

 漫才師のミス・リリコです。

 こちら私の伴奏者兼引き立て役…。

四郎) シロ! シロ、シロ…。

リリコ) 「シロシロ」て子犬か!

 緊張して頭ん中が真っ白になって

 ますけど、こちらシローさんです。

 どうぞお見知りおきを。

四郎) あ…あう、あうあう、あう…。

リリコ) 「あうあう」て犬かいな!

 すいませんねぇ。そやけど

 アコーディオンはうまいんですよ。

 こんな顔ですけど。

四郎) あう~!

(アコーディオンの音)

四郎) あう~!

 

**********

 

てん) ウケてるわ。

風太) ああ。ええ滑り出しや。

 

**********

 

リリコ) ちゃんと楽譜が読めるん

 ですよ。こんな顔ですけど。

 今の曲は何やの? 

 えっ、ベートーベン? アホか!

四郎) アイタッ。

(笑い声)

四郎) この、このこの、この…。

リリコ) 「このここのこ」てどこの子や。

 迷子でもおるんか! あんたが今

 高座で迷子になってんねん!

(笑い声)

 

**********

 

トキ) ようわらてはるわ。

歌子) よかったなぁ。

楓) ホンマに。

 

**********

 

リリコ) こんな伸びるし。

四郎) アタタタタタタ。

リリコ) 私の美しい顔も見て下さい。

 えらいケンあるでしょ。骨ばって

 筋張って。わろてても怒ってるみた

 いや言われますの。それもそのは

 ずや。今まさに、わろてる顔で怒っ

 てますの、分かります?

四郎) いや、そ…そ…そ…。あ~っ。

リリコ) では一曲、流行の歌を。

 はよ弾け!

四郎) ああっ…。

(アコーディオンの伴奏)

リリコ) ♪砂漠に陽が落ちて

 夜となるころ 

 こ…もう終わってもうたやん!

四郎) やや…おお…。

リリコ) 何? 

 やっぱりうまいて言いたいの?

四郎) ああ…。

リリコ) いえいえ、そんな事…。

 ありますわ。

(笑い声)

リリコ) 私がうれしそうな顔してる?

 そらそうですよ。

 最近増えてるんですよ。

 

**********

 

万丈目) 新しい売れっ子

 コンビの誕生やな!

 

**********

 

四郎) ふ…ふ…ふえ。

リリコ) 笛はピーヒャラや。

 増えたいうてもしわとちゃいますよ。

 漫才を見に来たお客さんからのお

 手紙や。

四郎) しわ、しわ、しわ…。

リリコ) しわの話終わってんねん。

(笑い声)

 

**********

 

亀井) えらいウケてるみたいやな。

隼也) よかったわ。

 

**********

 

リリコ) リリコさん、優しい。

 リリコさんすてき。極めつけが、

 リリコさんと結婚したい。

四郎) それだけはやめた方が

 よろしいで!

(笑い声)

リリコ) 何でそこだけ

 ちゃんと言えんねん。

 ちょ、あんたええ加減にしいや!

 今まで一つも満足に言われへん

 かったのにどういう事やねん!

 まさかあんた、わざとセリフ

 忘れたふりしてる? 怪しいなぁ。

 そもそもあんたはな…。

四郎) ♪(アコーディオン)

リリコ) ええ加減にしいや!

 ホンマあんたはな…。

四郎) ♪(アコーディオン)

リリコ) ちょっと!

四郎) ♪(アコーディオン)

リリコ) もう!

四郎) ♪(アコーディオン)

(♪「チャルダッシュ」の演奏)

(拍手と歓声)

リリコ) いや~シローさん、やっぱり

 アコーディオン日本一や。

四郎) いやいや、そんな事…

 あります。

リリコ) それ私のセリフや!

四郎) どうも…。

リリコ・四郎) ありがとうございました。

リリコ) ちゃんと言えてるやん!

四郎) ♪(アコーディオン)

 

**********

 

<楽屋>

てん) ようやらはった!

万丈目) すごいわ!

リリコ) な! な! わろてた?

 みんなわろてた?

 もう分からん! 分からんねん!

(へたり込む四郎)

楓) お疲れさん!

歌子) お疲れさん! 

トキ) リリコさん、四郎さん、

 すごかった!

楓) みんなわろてた!

歌子) オモロかったで。

キース) (せき払い)

 はあ~このあとやりにくいわ。

アサリ) 悔しいけど、オモロイわ。

キース) ほな、行ってくるわ。

風太) 行ってこい。負けんな。

てん) お気張りやす。

風太) いや、しゃべらん漫才、オモロ

 かった。今日から、ミス・リリコ アンド 

 シローは、うちの看板漫才師や。

てん) 風太…。

風太) ホンマに、よう頑張った。

 ほな、よろしゅうお願いします。

てん) よろしゅうお願いします。

(座り直し、てんたちに頭を下げる2人)

四郎) こちらこそ。

亀井) 社長、よろしおましたな。

てん) 亀さん、万丈目はん。

亀井) よちよち歩きやった、ミス・リリコ

  アンド シローをようここまで。

万丈目) ホンマに。立派なもんや!

てん) へえ。ええ勉強になりました。

 みんなも、ホンマにおおきにな!

歌子) へえ!

楓) へえ!

歌子) よかったな!

 ホンマオモロかった。

 

**********

 

隼也) 今日の売店の売り上げ、

 ふだんの3倍になりました!

風太) うわ~っ、これはすごい!

 ようやった、おい~!

 お前売店だけに置いとくの

 もったいないなぁ。

隼也) ほな次の仕事は?

風太) おお、明日っから、売店に

 加えて呼び込みともぎりや!

隼也) え?

風太) あと2年は下働きしてもらう

 からな。これくらいで調子乗んな!

隼也) え~…。

 

**********

 

てん) 今日は一緒に祝うておくれやす。

(仏壇にビールを供えるてん)

(鈴の音)

てん) ミス・リリコ アンド シローの

 お披露目、大成功でした。リリコさん、

 藤吉はんが望んではったとおり、

 すてきな芸人さんにならはりましたえ。

(鈴を振り、部屋を見回すてん)

 

**********

 

(寝ているてんのもとに現れる藤吉)

藤吉) ようやったな。

 これでもう、世間も認める、

 北村笑店の女社長や。

 立派な興行師や。

 隼也の事、北村の事、頼むな。

 

こうしててんは、興行師として、

着実な一歩を、

踏み出したのでした。

 

**********

「わろてんか」を楽しくご覧になってる皆様
は、この先は華麗にスルーでお願いします。

 

リリコと四郎のしゃべらん漫才初日…のはず

が、あれあれ? 見た事ある、聞いた事ある

よ? しゃべくり漫才初日とおんなじや~ん。

四郎がアウアウを意識的にやっているだけ

で、ネタ的には同じじゃないか~。万丈目が

てんに、ようここまで育てたみたいなことを

言っていたけれど、何もしてないよね? 楓

の台本も、一体どこを直したって感じだし。

リリコのポテンシャルに頼っただけの話なん

じゃないの?それに四郎が笑われてなんぼ

の自覚をしただけで、誰も育ててないよね。

 

藤吉も夢なんだか幽霊なんだか、どっちで

もいいからさっさと成仏すればいいものを。

ヒロインの夫だったのに、せっかく登場して

も(視聴者に)歓迎されないなんて、ホント

可哀想だと思う。思うけど…成仏してくれ!

 

たった一度の高座で看板漫才師になるわ、

グッズは3倍売れるし(シャアか!)、てん

は世間に認められるというお手軽展開…。

すごいわ~すごすぎるわ~(褒めてない)

 

ところで、夫婦ぜんざいって、一人前のぜ

んざいを2つのお椀に分けて出すのだそ

うで…。分け合って食べてもいいけど、2

椀が一人前が基本。夫婦ぜんさいって言

葉は知っていても、それは知らなかった。

ホント面白い事考えるよね~大阪人はw



「わろてんか」関連ブログはこちらから↓
「わろてんか」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「わろてんか」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス