「わろてんか」第106回~しゃべくり漫才やのうてしゃべらん漫才の巻 | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「わろてんか」 第106
第19週 「最高のコンビ」
しゃべくり漫才やのうてしゃべらん漫才の巻

 

 

てんたちの企画が盛り上がる一方、

肝心のミス・リリコ アンド シローは、

八方塞がり。

 

トキ) おてん様、ブロマイド、この中

 やったらどれがええ思います?

てん) あっ、ああ…。

トキ) どないしはりました?

てん) いや、雑誌やブロマイドの前に、

 この2人の漫才、どないかせんと

 アカンなぁ思て。

楓) やっぱり、

 うちの台本がアカンのやろか。

歌子) うちの亭主が書いた台本より

 よっぽどオモロイで。

てん) もう、歌子はん!

トキ) よう言わはるわ。

てん) なあ!

キース) 寒っ!

歌子) 大看板のご来店や。

 師匠、おいでやす~。

アサリ) いつもの頼むわ。

歌子) へえ。

キース) 何や、みんなそろって

 しかめっ面して。

アサリ) おっ、リリコとシローか。

 あらアカンで。

てん) アカンて、どこがです?

(指で丸をつくるアサリ)

キース) おい。

てん) 歌子はん、師匠らのお勘定、

 うちにつけといて。

歌子) へえ。

アサリ) おおきに。

 あの台本オモロイで。

楓) ホンマですか?

キース) けどな、オモロイから、

 逆に難しいんや。

てん) 逆に難しい?

トキ) どういう事です?

アサリ) オモロイ本をちゃんとやろうと

 するから、力が入り過ぎるんや。

キース) 失敗せんように必死やさかい、

 それが伝わって、見てる方も緊張し

 てまう。

てん) 確かに、

 うちも見てる時力入ってるわ。

キース) ハハハ。やる方も見る方も、肩に

 力が入ってたら、笑えるはずないやろ。

楓) ほな、つまらん台本

 書けっちゅう事ですか?

アサリ) アホ! 本はオモロイ方が

 ええに決まってる。

キース) 要は、あいつらが緊張せんと、

 あいつららしゅう漫才できるやり方を、

 見つけたったらええんや。

てん) 緊張せんと、漫才できるやり方…。

 

**********

 

リリコ) あなたのお顔はね、丸みを帯び

 てますから、優し~く見えますよ。

 こんな伸びるし。

四郎) 痛いっ。引っ張りな。

リリコ) 私の美しい顔も見て下さい。

四郎) 自分で言いますか。せやけど、

 えらい、骨張って、筋張って、お気の毒。

(二人の漫才を見ているてんと楓)

楓) やっぱり、緊張してますね。

 あの2人。

てん) しゃべくりは

 上手うなってんのやけどなぁ。

楓) 緊張せんと漫才やれる方法って、

 何ですやろ。

 

**********

 

風太) 次の仕事はこれや。

隼也) えっ!

風太) 売店の売り子や。

隼也) 専務、そろそろ番組作りとか

 興業の事を…。

風太) まだ早いわ! 大事なお客さんと

 じかに接する仕事や。おい、雑巾がけ

 からしたらえらい出世やないか。

隼也) はい。

風太) ま、頼んだで。おお、勘定の計算

 が一銭でも合わんかったら、合うまで

 居残りや。そのかわり、売り上げが上

 がったら、褒美をやる。頑張りや。

隼也) はい。

(売店の品物を見る隼也)

隼也) こんぶ、煎餅、みかんに、饅頭。

 

**********

 

隼也) いらっしゃいませ。

 饅頭いかがですか? おいしいですよ。

 お客さんどうですか? いらっしゃいませ。

 饅頭いかがですか。いらっしゃいませ。

 いらっしゃいませ。おいしいですよ。

亀井) そんな声のかけ方じゃ、

 誰も買うてくれまへんで。

隼也) 亀さん、おはようございます。

亀井) 売れてまへんなぁ。

隼也) こんな饅頭どこにでも売ってるし。

亀井) 「冷やしあめ、ゴ~ロゴロ」や。

隼也) ゴロ…え?

亀井) 当たり前の品物をどう買うてもら

 うか、それには工夫が必要でっせ。

 ボンのお母ちゃんみたいにな。

隼也) お母ちゃん?

亀井) そうです。真夏の暑い日に、氷の

 上に、冷やしあめの瓶転がして…。

(冷やしあめを売るてんの回想)

亀井) 見た目に冷た~い冷やしあめは、

 そらもうバカ売れでした。さ~て、ボン

 はこの饅頭、どうやって売るつもりで

 っか?

 

**********

 

リリコ) そういうたらあんた、

 ドイツに行きたい言うてたやん。

 何でドイツなん?

四郎) ドイツいうたら

 バッハにベートーベン、

 ブラームスにワーグナー。

 音楽家にとったら夢の国や。

リリコ) 夢の国。

四郎) ぎょうさん楽団があって、

 才能さえあったら誰でも成功できんで。

リリコ) ドイツ語しゃべれるんか?

四郎) (咳き込み) しゃべれんでも、

 音楽で分かり合える。きっと。

リリコ) ほらもう、これで拭き。

四郎) ごめん。

リリコ) そやけど、何やええな。

 うちもついてこかな。

四郎) え?

リリコ) アホ! 本気にしぃな。

 ますます頑張らなアカンな。

 成功してお金ためて、

 あんたは夢、かなえたらええ。

歌子) 今日はようしゃべってんなぁ、

 あんたら。

リリコ) 相方やさかいな。

 

**********

 

隼也) お母ちゃん。

てん) ん?

隼也) 見て。

(似顔絵をてんに見せる隼也)

隼也) 誰や思う?

てん) キース師匠。

隼也) こっちはアサリ師匠や。

てん) よう似てるわぁ。

隼也) 売店の売り上げ伸ばす

 ええ方法ないかな思て。

てん) へえ~。

 で、これ、何に使うの?

隼也) ないしょや。

てん) え!? 何やの。

隼也) お母ちゃんの方は?

てん) ん?

隼也) 大丈夫か?

てん) え?

隼也) リリコちゃんらの漫才。

てん) まあ、一筋縄ではいかんわ。

 そやけど、そやからこそやりがい

 がある。

隼也) 何かあったら相談乗ったるで。

てん) アハハッ。それはうちが言う事や。

 もう…。あんたも気張りや。

隼也) へい。

 

**********

 

(閉店後の風鳥亭で漫才の

 練習をしているリリコと四郎)

 

**********

 

四郎) いただきます。

(おにぎりを食べる四郎)

四郎) うまい。

リリコ) うちが作ったから変な形やろ。

四郎) ううん、そんな事ないよ。

(咳き込む四郎)

リリコ) ちょっと…。

四郎) 痛い痛い。たたきな。

リリコ) それ!

四郎) これや!

(笑い声)

 

**********

 

トキ) ひゃ~。

 う~ん、おいしいわ。

楓) どれもほっぺた落ちそうやわ。

てん) さすが歌子はん。

 こんなお弁当やったら、

 お客さん大喜びしはるわ。

歌子) おおきに!

 それからな、このぜんざいも

 売ってもらおか。

てん) ぜんざい?

トキ) へえ。これから寒うなると、

 あったかいぜんざい売れるんや

 ないか思いまして。歌子はんに

 お願いしたんです。

てん) 洋風弁当に、ぜんざいか。

 何や楽しゅうなってくるな。

万丈目) う~ん、どれもおなごはん

 が好きそうなもんばっかりやな。

 ぜんざいおいしそうやな。

歌子) アカ~ン!

万丈目) 何で?

歌子) 仕事せんと

 何のんびりしてんねや。

万丈目) わては編集長やさかい。

歌子) 何が編集長や。

 モンシロチョウみたいな顔して。

万丈目) 何やモンシロチョウて。

歌子) あんたモンシロチョウ知らんの?

万丈目) し…知ってるわ!

歌子) ほなあんたモンシロチョウの

 何知ってんねや。

万丈目) え?

歌子) どこの生まれや。兄弟何人おる?

 好きな食べもんは。

万丈目) 何や知ってるとか、その…。

歌子) アホ! 好きな食べもんぐらい

 知ってるやろ。モンシロチョウの好き

 なもんは蜜や蜜。花の蜜。ホンマ

 それでよう編集長が務まりまんなぁ。

万丈目) そ…そないな言い方。

歌子) あ~もう編集長でもモンシロ

 チョウでもいいからはよ仕事行き!

万丈目) あ?

歌子) ちゃっちゃと行かんと…。

 おえぇぇ~! 行くんか!

 行かへんのか! 走って行くんやで!

万丈目) はい!

てん) ホンマ歌子はんら面白いなぁ。

歌子) ろくでもない亭主でっさかい。

楓) 歌子さんにかかったら、

 万丈目さん口答えできへんさかい。

トキ) いつもこてんぱんに言われて

 何やかわいそやけどなぁ。

楓) それが面白いんや。

トキ) 確かに。

歌子) 我ながらおいしいわ。アハハハ!

(リリコと四郎の漫才を思い出すてん)

てん) こないだの漫才大会の時…。

トキ) え?

てん) 四郎さんがセリフ忘れて、

 思わずアウアウ言うてたらリリコ

 さんがセリフみなしゃべって。

楓) はい?

てん) 今の歌子はんと万丈目はんの

 ケンカと同じや。

トキ) つまりそれは…。

てん) 四郎さんがしどろもどろになって、

 リリコさんがしゃべりまくる。その方が

 お客さん、面白いんとちゃうやろか。

歌子) あるかもしれん。

てん) それを2人の漫才にしたら!

楓) なるほど!

てん) うん! おトキ!

トキ) 呼んできます。

歌子) ドキドキしてきた。

楓) ホンマやな!

 

**********

 

トキ) お連れしました! どうぞ!

てん) リリコさん、四郎さん。

 うちらから提案があるんです。

リリコ) 何やの? やぶから棒に。

てん) 四郎さん、高座でしゃべるの、

 やめまへんか?

四郎) え?

てん) 四郎さんがあえてしゃべる事ない。

 しゃべくり漫才やのうて、

 しゃべらん漫才、やるんです!

四郎) しゃべらん?

リリコ) 漫才?


**********

「わろてんか」を楽しくご覧になってる皆様
は、この先は華麗にスルーでお願いします。

 

しゃべくり漫才やのうてしゃべらん漫才を

やろうと提案するてん。無事ひらめく事が

できて、ホントよかった。あれだけお膳立

てしてもらって答えを出せなかったら逆に

びっくりするし。とりあえずヒロインらしく

扱ってもらえてよかったよかった。今回は

ちゃんと映像がある、冷やしあめのエピ

ソードだったのもよかった。今日はかなり

ドラマっぽく見えてきた気がするよ~(酷)

 

ところで「べっぴんさん」「わろてんか」と

あまりにも面白くなさすぎる大阪制作の朝

ドラに嫌気がさしていた今日この頃の私に

朗報が~~! 次の次の朝ドラ「まんぷく」

のヒロインの夫役に長谷川博己が決定!

 

長谷川博己がNHK朝ドラ「まんぷく」主人公の夫役

 

奥さん、奥さん、安藤サクラと長谷川博己

が夫婦になるってよ~!! しかも脚本は、

「HERO」「海猿」「ガリレオ」シリーズ、

NHK大河ドラマ「龍馬伝」など人気作を手

掛ける福田靖。これで面白くなかったとし

たら、責任は演出陣の問題だとしか…w

ようやく、朝ドラにも光が見えてきたよ~。

すっかりやる気をなくしかけていたけど、

また、元気になれる朝がくるといいな~。

未来を信じて、あと2か月、頑張ろう~!


「わろてんか」関連ブログはこちらから↓
「わろてんか」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「わろてんか」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス