日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「わろてんか」 第105
第19週 「最高のコンビ」
月刊キタムラと丁稚奉公と社長の極意

 

 

てんたちが、再び動き始めました。

 

風太) 「月刊キタムラ」て、

 雑誌作んのか。

楓) へえ。

 編集は楓さんに担当してもらいます。

 創刊号は、「ミス・リリコ アンド シロー

 大特集」っちゅう記事組んで、2人の

 人となりや生い立ち、漫才への想い

 を語ってもらいます。

てん) 毎月、うちの芸人さんを順番に、

 面白おかしゅう紹介していくんや。

風太) オモロそやな。

 けどな、こんなやっすい値段で

 やったら赤字やないか。ん!

隼也) 失礼します。

 社長、専務、お客さんです。

風太) おう、りん!

てん) りん! わざわざおおきに。

りん) いいえ。姉さんのお役に

 立てるんやったら喜んで。

 よろしゅうお願いします。

風太) ん? 何や?

りん) 笑いはクスリ、

 クスリは藤岡製薬です。

風太) ん?

てん) 「月刊キタムラ」に

 広告出してもらうんや。

楓) その広告料で 

 印刷代賄おう思てます。

隼也) なるほど。ええアイデアや。

りん) 実は藤岡製薬も、お薬だけやの

 うて、新しい商品出す予定なんです。

風太) ん? 化粧水! ん?

りん) へえ。リリコさんみたいな人に、

 うちの化粧品使うてもろたら、広告費

 なんて安いもんです。

風太) ほうか。

 それなら、反対する理由ないな。

隼也) 専務、僕もその企画に…。

風太) ええから掃除せえ、お前は!

隼也) もう終わりました。

風太) おおそうか。

 ほなな、うちの芸人300人、顔と名前、

 3日以内にみな覚えろ、これ。何をへ

 らへらしてんねや、お前。返事は!

隼也) はい!

風太) よっしゃ。

 

**********

 

あの手この手で、

ミス・リリコ アンド シローを

売り出す事になりましたが、

肝心の漫才の方はというと…。

 

万丈目) ごりょんさん。そんな

 お地蔵さんみたいに毎日じっと。

 どないしはったんですか?

てん) 考えてますのや。

 この2人が面白いと思た理由を。

 この台本、面白いですよね?

万丈目) オモロおまっせ。

 わての本には負けるけど。

てん) ほな、何で…。

万丈目) まあ、新しいコンビ作るっ

 ちゅうんは、並大抵の事やないか

 らねぇ。

 

**********

 

隼也) え~と、あっちのコンビは…。

 足軽大臣のゆうじさんと、大吾さん。

 え~と、こっちは講談の、北極先生。

キース) おう、ボン!

隼也) うわ~おっちゃんら!

キース) おはようさん。

隼也) おはようございます。

風太) 誰がおっちゃんや! おっさん

 ばっかりやないか、こんなもん!

 師匠、すんまへん。

 キース師匠、アサリ師匠や。

隼也) ああ…アサリ師匠、はい。

風太) おうおう、

 こいつ甘やかすんやないで。

 お茶持ってこい。

隼也) あっ…。

キース) ほな、俺、コーヒーな。

隼也) はい。

風太) キース師匠は砂糖3杯、ミルク

 たっぷり。アサリ師匠はこぶ茶。

隼也) はい。

アサリ) あっ、梅干し入れてな。

隼也) はい。

風太) 全員の好みを覚えて手早く出せ。

隼也) はい。

 

**********

 

隼也) 失礼します。

北極) おう。熱っ。お前熱いやないか。

 わしが猫舌いうの知らんのかいな。

隼也) すんません。

北極) もう、困ったな。ごりょんさんはな、

 芸人の好みみんな心得てたんや。

隼也) はい。

北極) おうおう…これ。

隼也) おおきに。

北極) アホ、お前。小遣いちゃうがな。

 わしがいつもここでな、金出したら、

 飴ちゃん買うてこいいうこっちゃ。

隼也) はい。

北極) 飴ちゃん買うてきて。

芸人) あっ、にいちゃん、

 うどんの出前頼むわ。

隼也) はい。

芸人) 俺は、親子丼な。

隼也) はい。

芸人) ライスカレーや。

隼也) はい。うどん、ライスカレー。

芸人) わしもな、きつねうどん、頼むわ。

隼也) 分かりました。

芸人) おいなりさんも頼む。

隼也) 分かりました。

 

**********

 

てん) はい。

隼也) ああ、おおきに。

てん) 疲れたか?

隼也) うん。今どき丁稚修業からやな

 んて時代遅れや。そう思てたんやけ

 どな。芸人さんのお茶の好み聞いた

 りしてたら、その人の事がちょっとず

 つ気になってな。

てん) うちは今でも、芸人さんの

 顔と名前全部分かるえ。

隼也) その話師匠らから聞いたわ。

てん) 時々顔出して、話して、愚痴やら

 何やら聞いてるうちに、仲ようなるんや。

 うちの家訓、始末、才覚、算用、それか

 らもう一つ。

隼也) 人財や。

てん) 人は財なり。将来、あんたが声か

 けた時に、あんたのために高座に出て

 くれる。そういう損得を超えたつながり

 こそが、ホンマの人財や。

隼也) 分かった。

 もうちょっと頑張ってみるわ。

 お母ちゃんも、頑張りや。

てん) へ?

隼也) リリコちゃんらの漫才、うまい事

 いってへんのやろ? けど、お母ちゃん

 がこれや思た2人やさかい、大丈夫や。

 頂きます。

てん) どうぞ。

隼也) うまそうやな。うまっ!

てん) そやろ。

 

**********

 

(写真撮影をしているリリコ)

トキ) さすが映画スタアさんやわ。

てん) なあ! すてきや。

 四郎さん、出番え。

四郎) え?

歌子) あんた硬うなりすぎや!

 ほらもうちゃっちゃと。

 ちゃっちゃと行き、もう。

 

**********

 

カメラマン) 笑顔で見つめ合うて下さい。

てん) 四郎さん、お顔、怖いえ。

トキ) 笑顔です、笑顔。笑って!

歌子) 笑うんや! 笑わんかい!

一同) 怖い!

歌子) ふざけてんのかそれ。

 ふざけてんのか?

てん) もうちょっとこう、

 優しく、かわいらしく。

 

**********

 

リリコ) うちは親がのうて、

 ちっちゃい頃から旅芸人してました。

楓) 先代社長とは、その頃から?

リリコ) 藤吉は一緒に旅して面倒見て

 くれた家族や。うちの家族は芸の仲間。

 お客さんの笑い声が、子守歌みたいな

 もんやったなぁ。

楓) 娘義太夫から映画女優に転身し…。

 

**********

 

てん) 万丈目はん、「月間キタムラ」

 の編集長、受けてもろておおきに。

万丈目) いやいやまあまあ。わて、

 文芸部長やし。協力せんかったら、

 歌子にどやされますさかい。

てん) ホンマ、歌子はんには

 うちも頭上がりません。

 

**********

 

楓) 今度、漫才に挑戦しよういう

 気持ちになったんは?

リリコ) 映画の仕事も面白かったけど、

 お客さんの顔が見えへん。高座はお

 客さんの拍手や笑顔を身近に感じら

 れる。そやから、一人でもようけ、お

 客さんに楽しんでもらうために、うち

 は命かけるつもりです。

 

**********

 

万丈目) ええ記事できそやね。

てん) へえ。

 

**********

 

山下) 間もなく完成の、阪神間の2か所

 も予約は好調で、来年度の売り上げは、

 今年の3割増しの予定です。

栞) うん。

山下) この、不動産部門の利益の大半

 を、トーキー映画につぎ込んでます。

栞) 自らの利益を度外視して、大衆の

 夢と幸せのために働く。それこそが、

 我が社の本業だ。そのために今は、

 思い切った投資をする時期なんだ。

山下) 分かりました、けど、北村笑店と

 の提携事業はどないでしょう。「社長 

 の寄席道楽や」そんなふうに言う連中

 もおりますんで。

 

**********

 

リリコ) なあ、

 あんた何でしゃべれへんの?

四郎) またつっかえたらいややから。

リリコ) 漫才とちゃうねんで。

 誰がそんな事で怒るかいな。

四郎) 僕、女の人と話すの

 苦手やさかい。

リリコ) うちはそこら辺のおなごとは

 違う。あんたの相方や。何か文句

 あるんやったら言うてみ。

四郎) 文句なんか。ただ…社長や

 みんなが頑張ってる姿見ると、

 何や、怖いな思て。

リリコ) 怖いて?

四郎) このままうまい事いかへんで、

 みんなをがっかりさせてしまうんが

 怖いんや。ドイツ留学するためや思

 たら、どんな苦しい事でも我慢する

 けど。そもそも、そんな考えやったら、

 アカンのちゃうかな、思て。

 君は、怖ないんか?

リリコ) 怖いわ。けど、相方のあんた

 も怖いんやったら、ちょうどええ。

四郎) ちょうどええ?

リリコ) 2人して死ぬ気で頑張るだけや。

 

**********

 

(楽屋裏で漫才の練習をするリリコと四郎)

 

**********

 

歌子) 働きすぎとちゃいますか?

栞) え?

歌子) あんまり飲まん方がよろしいわ。

(洋酒を飲む伊能に水を出す歌子)

(ドアが開く音)

歌子) いらっしゃ~い。

てん) こんばんは。

歌子) あらまあ、

 ごりょんさんもお一人で?

栞) ああ、おてんさん。

てん) こんばんは。

栞) こんばんは。さあ。

 

**********

 

栞) 隼也君、頑張ってるみたいだね。

てん) へえ、あの子なりに

 やってるみたいです。

栞) ミス・リリコ アンド シローは?

てん) へえ…。四郎さんもだいぶしゃべ

 くりは上手うなってきましたんやけど…。

 何や、まだ最初の頃の方が、面白かっ

 たいうか、勢いがあったいうか。

栞) その勢いの正体は何だろう?

てん) へ?

栞) おてんさんが、面白いと感じた

 その勢いの理由を、突き詰めるんだ。

 そうすれば、必ず問題は解決する。

 これも、社長の極意かな。

てん) へえ。理由か。

歌子) お待っとおさん。

 特上のビフテキでっせ。

 社長さんお二人には、元気に

 働いてもらわんならんから。

てん) おおきに、歌子はん。社長は

 へこたれたらあきまへんさかいな。

栞) ああ。頂きます。

てん) 頂きます。

 

果たして、てんは、

ミス・リリコ アンド シローの、

成功のカギを、見つける事が

できるのでしょうか?


**********

「わろてんか」を楽しくご覧になってる皆様
は、この先は華麗にスルーでお願いします。

 

面白い面白くないは置いといて…お仕事

をしている感じが出てくると、ドラマらしく

見えてくるね、やっぱり。ただ、わろてんか

お得意の、セリフでなかった事をあった事

にするのがね、ホント残念。てんが芸人さ

ん達の好みを覚えるための努力とか、奮

闘する様子を少しでも見せてくれていたら、

隼也の丁稚奉公もより活きてきたのにね。

 

とりあえず、女社長として、リリコと四郎を

売り出す手柄はてんのものになるのだろ

うけれど…助言につぐ助言に頷くだけの

ヒロインでいいのか問題は残るような…。

相変わらず、リリコのほうがよっぽどヒロ

インらしいという、残念な朝ドラは続く…w

 

何だか最近は、栞様の中の人も、妖怪ど

う演じてやろうかしゃんになりつつあるよ

うな気がするこの頃。おそらく脚本も演出

も役者に丸投げ状態の現場だろうし。そ

ろそろNHKも本気で朝ドラスタッフを育

てていかないと、かなりヤバイかもね~。



「わろてんか」関連ブログはこちらから↓
「わろてんか」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「わろてんか」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

taaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。