「わろてんか」第103回~芸人に本気で怒るんもな、興行師の仕事や | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「わろてんか」 第103
第18週 「女興行師てん」
芸人に本気で怒るんもな、興行師の仕事や

 

 

てん) ひゃ~!

藤吉) 何や、「ひゃ~!」て。ん?

てん) あっあっあっあっあっ…。

 夢や。夢や夢や夢や。夢や夢や。

藤吉) 何や。

てん) ちゃうちゃうちゃうちゃう…。

藤吉) ほれ。

てん) あ~やめて!

藤吉) こっちや。

てん) ひゃ~!

藤吉) びっくりしすぎや。そんな事より、

 てん、この4年間、北村笑店の社長、

 よう頑張ったな。

てん) 伊能さんや風太が、おったから

 です。うち一人じゃ何にもできひん。

藤吉) そんな事はない。

(向き合って座る二人)

藤吉) 北村笑店、俺がいてた頃より、

 おっきなってるやないか。てんがしっ

 かり、かじ取りしてくれたからやな。

 300人の芸人らも、お前の笑顔見た

 いから、頑張ってくれてる。

 それはな、お前の力や。

 せやから、ミス・リリコ アンド シロー

 も、諦めたらアカン。

てん) へ?

藤吉) キースとアサリかてそやったやろ。

 ケンカして仲ようなって、くっついたり

 離れたりしながら、ええ相方になって

 くんや。

てん) そうですな。

 でも、どないしたら…。

藤吉) 芸人に本気で怒るんもな、

 興行師の仕事や。

てん) え?

藤吉) 怒ったれ。

 

**********

 

(目を覚ますてん)

てん) 夢?

(仏壇の藤吉の写真を見るてん)

 

**********

 

四郎) ホンマは、

 やめたい訳やないんです。

 僕の夢は、ベルリンに留学して、音楽

 の勉強して、自分の楽団を持つ事です。

 この仕事を受けたんも、留学の資金た

 めるためで。その中途半端な気持ちが、

 リリコさんに伝わったんや思います。

 あの人は映画女優として成功しただけ

 やない。楽譜も読まれへんのに音楽の

 才能も抜群で、偉そうに音楽家言うて

 も、僕なんかではまるでかないません。

 せやのに…。

 

**********

 

てん) 2人も、

 ちゃんと向き合いなはれ!

 四郎さん、あんた、リリコさんの

 才能は抜群や言わはったな。

四郎) いやいや、そ…それ…。

てん) リリコさんも、四郎さんがいい

 ひんようになって後悔するぐらいなら、

 はなから素直になりなはれ。

 あんたら似たもん同士や。ホンマは

 お互いの事認め合うてるのに、意地

 張って、ケンカして。2人も自信のう

 て、フラフラさまよい続けてるんや。

 うちかて、女興行師になる自信なん

 かあらへん。せやけどうちは、腹くく

 りました。あんさんらの才能をどこま

 でも信じて、一流の芸人になるまで

 きっちり育てます。よろしいな。

トキ) 遅うなりました~。

てん) おおきに、ご苦労さん。

トキ) お二人の衣装、京都まで行って、

 あちこち探しました。

リリコ) え?

歌子) お疲れさん。今甘~いぜんざい

 ぬくめるよって、みんなで食べよ。

トキ) おおきに。

隼也) 腹が減っては戦はできんしな。

楓) 台本、書き直しました。

 アカンかったら、何べんでも直します。

てん) あんたらは、

 やるのんか、やらへんのか。

リリコ) さっさとよこし。

四郎) ぼ…僕が読む。

 

**********

 

風太) 今日から万歳は、

 浪漫の「漫」に才能の「才」で漫才や。

 ええ当て字やろ。しゃべくりの才能

 一つで日本中を笑わしたるっちゅう

 芸人の浪漫や。

一同) へえ!

風太) 今日まで一所懸命練習して

 きたもんを、みな出し切ってくれ。

一同) へえ!

芸人) よっしゃ!

芸人) やったるで!

一同) おはようございます!

キース) おはようさん。

アサリ) みんな気張っていこな。

一同) へえ!

リリコ) あんたら場所とり過ぎやで!

 今日で漫才のてっぺんかわるかも

 しれんのになぁ。

キース) ハハハハ。

 オモロイ事言うやないか。

アサリ) 望むところや。

リリコ) 見下ろすな。

風太) よっしゃ! 

 みんな負けんなよ!

一同) へえ!

 

**********

 

隼也) お久しぶりです。

栞) おお、お帰り。

 いよいよ、デビューだな。

隼也) リリコちゃんも四郎さんも

 緊張してて。

栞) 今日はもう一人

 デビューする人がいるだろ。

隼也) え?

てん) 竹内様、いつもご贔屓に

 ありがとうございます。

客) 今日は楽しましてもらいますわ。

てん) ええ。

隼也) はい。

てん) 足元お気を付けて下さい。

客) 今日はおめでとうございます。

てん) ありがとうございます。

客) 今日は楽しましてもらいます。

てん) へえ、楽しんでっておくれやす。

 おおきに、ありがとうございます。

 

**********

 

キース) いや~!

一同) お疲れさまです。

アサリ) くじ運悪かったな。

 あっためといたったで。

キース) 頑張りや。

(立ち上がるリリコと四郎)

リリコ) おおきに。

てん) さあ、ミス・リリコ アンド 

 シローの初舞台え。

 お気張りやす。

 

**********

 

リリコ) どうも~

 お初にお目にかかります~。

 いうても私、どっかで見た事ありま

 すやろ。銀幕の大女優、リリコ改め、

 漫才師のミス・リリコです。こちらは

 私伴奏者兼、引き立て役…。

四郎) シロー!

 シロ…シロ…シロ…。

リリコ) 「シロ」「シロ」てって子犬か!

 緊張して頭ん中が真っ白になって

 ますけど、こちらシローさんです。

 どうぞお見知りおきを。

(笑い声)

楓) よかった。

 ネタや思てくれたみたいや。

リリコ) (小声で)ほら次あんたや。

 「シローです。アコーディオンは

 うまいんですよ」。はよ。

四郎) あっ、あっ、あう、あう…。

リリコ) 「あうあう」て犬かいな!

 すいませんねぇ。そやけど、

 アコーディオンはうまいんですよ。

 こんな顔ですけど。

四郎) あぁ~!

(アコーディオンの音)

リリコ) この人楽譜がちゃんと読め

 るんですよ。こんな顔ですけど。

 今の曲は何やの? 

風太) 何やあれ。

リリコ) えっ、ベートーベン? アホか!

四郎) この…この、この、この…。

リリコ) 「このここのこ」てどこの子や。

 迷子でもおるんか。あんたが今

 高座で迷子になってんねん。

 ホンマしょうもない。あら失礼。

 私べっぴんやのに口が悪いのが

 玉に瑕。でも、喉はよろしいんで

 すのよ。えっ、ちょっと歌えって?

 いやぁ、うち下手やも~ん。

隼也) 変わった漫才や。

四郎) あの、なかの…なかの…

 なかなかの…なかの…

 なかなかの…なかの…。

リリコ) 東京の駅員か、

 「なかのなかの」て。

 「なかなか評判の声ですよ」

 そう言いたいんやろ?

 オホホホ! いえいえ、そんな事…

 ありますわ。

(笑い声)

リリコ) あなたのお顔はね、丸みを帯び

 てますから、優し~く見えますよ。こん

 な伸びるし。私の美しい顔も見て下さい。

 えらいケンあるでしょ。

万丈目) すごい…

 「あうあう」言うてるだけやのに。

風太) うん。

リリコ) それもそのはずや。今まさに、

 わろてる顔で怒ってますの、 

 分かります?

四郎) やっ、そ…そ…ああっ。

リリコ) では一曲流行の歌を。

 (小声で) はよ弾け。

四郎) あうっ。

リリコ) はよ。

(アコーディオンを弾く四郎)

リリコ) ♪砂漠に陽が落ちて 夜となる

 ころ 恋人よ なつかしい 歌を歌おうよ

 

**********

 

アサリ) おおきに! おおきに!

 ありがとうございます!

 ありがとうございます!

 ありがとうございます!

 ハハハハ!

 

**********

 

リリコ) 最悪や。お手上げや。

栞) 結果は残念だったが、

 僕は面白かったよ。

隼也) ホンマや。オモロかったで。

リリコ) え?

万丈目) 何やよう分からんけど、

 オモロイで。

風太) まあ初めてにしては上出来や。

 よし、じゃ行こうか。お疲れさん。

てん) ようやった。面白かったで。

リリコ) 今回は負けたけど、次は勝つで。

てん) そうや、その意気や!

トキ) 次はきっと勝てます。

楓) もっと面白い本書くわ。

栞) さあ女興行師として次はどんな

 一手を打つか、期待してるよ。

てん) へえ。見といておくれやす。!

 

女興行師、てんの挑戦は、

始まったばかりで、ございます~!


**********

「わろてんか」を楽しくご覧になってる皆様
は、この先は華麗にスルーでお願いします。

 

夢オチとはいえ、藤吉が幽霊になって、てん

に助言する~の図。それにしても、驚きすぎ

というか怖がりすぎでしょ。あれじゃ藤吉が

可哀想じゃないか。ホント変な演出だよね。

 

芸人に本気で怒るんもな、興行師の仕事や

 

確かに、藤吉にもそんな場面があったかも。

でもでも…さあ、てんが怒ってみせるのかっ

て場面であの程度じゃねえ。迫力なさすぎ。

せっかく期待したのに。女興行師てんらしく

本気で怒ってほしかったよ。あれじゃあいつ

も通りのてんにしか、見えないんだけど…。

 

ただ、漫才大会でデビューしたリリコはよか

った。わろてんかの劇中で披露された芸で、

初めて面白いと思ったかも? リリコの中の

これからの可能性を見たような気がしたよ。

てか…前から思っていたけど、広瀬アリス

がヒロインのほうが、女興行師らしく見えた

かもね~。彼女は現在23歳。やっぱりせめ

て20代半ばぐらいの女優さんじゃないと…。

 

それにしても…ございます~なナレーション

を変える気はないのね。苦行は続くよ…w


「わろてんか」関連ブログはこちらから↓
「わろてんか」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「わろてんか」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス