「わろてんか」第80回~2年後キースは東京に、そして関東大震災 | 日々のダダ漏れ

日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「わろてんか」 第80
第15週 「泣いたらあかん」

2年後キースは東京に、そして関東大震災

 

 

藤吉とてんが、

島根から連れて来た、

安来節乙女組。

 

旋風を巻き起こし、大流行となった、

安来節乙女組の活躍もあって、

北村笑店は、大阪演芸界トップ

の座を、不動のものにしました。

 

そうして、

日本中に笑いを広めるために、

いよいよ、東京へ進出しようと

考えておりました。

 

**********

 

大正12年(1923年)8月末

 

てん) また東京ですか? ホンマ

 行ったり来たりせわしないわ。

藤吉) 浅草の師匠らに、ようやっと

 会うてもらえる事になってな。

てん) はあ…。

隼也) なあなあ、東京は大阪より

 進んでるさかいな。お父ちゃん、

 なめられたらアカンで。

てん) これ、隼也。

藤吉) あんな、東京で一番高い建物は、

 浅草の十二階いう塔で、高さは、220尺。

 そやけど通天閣は、250尺。大阪の方

 が、30尺も高いんや。

隼也) そんなん百も承知や!

藤吉) おおそうか。

てん) へえへえ。汽車に乗り遅れまっせ。

藤吉) へえへえ。

 ホンマ最近、生意気になってきよったな。

隼也) よう聞こえてるで。

藤吉) 聞こえるように言うたんや。

てん) もう…。

藤吉) はよ帰って来るさかい、

 それまでに、あの口、縫い付けといてや。

てん) へえ。おはようお帰りやす。

藤吉) ああ。

 

その年、立秋をとうに過ぎたにしては、

蒸し暑い日が続いておりました。

 

**********

 

風太) イチ。

イチ) はい。

風太) これと、これや。

トキ) なあ風太。

風太) おう。

トキ) 昨日はどないしたん?

風太) どないしたて…。

トキ) ボウリング場に連れてってくれる

 言うてたのになぁ。

 まさか忘れたやなんて…。

風太) いや、あの…昨日、玉造で、

 人手が足らんようになったて、あの、

 急に呼び出されたんや。

トキ) せっかく久しぶりのお休み

 もらったのに。あんたがわざわざ

 行かんでもええやないの。

風太) 俺は、あの…総支配人やで。

 何かあったら年中無休で駆けつけな

 アカンのや。

てん) また一緒にお休み取れるよう

 するさかい。ほら、謝り。

風太) ああ、まあ…。

トキ) もう結構です。行くんやったら

 お茶子ら連れて行ってきます。

風太) 何や謝ろうとしてんのに…

 お~行ってこい行ってこい!

てん) あんたらホンマ煮えきらんなぁ。

アサリ) もう辛抱できん!

万丈目) アサリ、待てって。

アサリ) ごりょんさん! 大番頭さん!

 もうあんな相方やってられんわ!

 クビや、クビ!

風太) またか!

てん) またなん?

風太) お前相方のクビ切んの

 これでもう5人目やぞ。

万丈目) 今度の相方、

 オモロイやっちゃ思うで。

 お前の辛抱が足らんのちゃうか?

アサリ) 簡単に言うな! 

 そらお宅は、夫婦で組んで、ふだん

 からどつかれ慣れてるやろけどな。

万丈目) 何やそのトゲのある言い方。

風太) おうおうおう、

 相手にすな、相手にすな。

 ウタコ・キチゾーは引っ張りだこや

 さかい、やっかみやこんなん。な!

 おおそや。東京の寄席にも出した

 いて、社長が言うてたで。

アサリ) 東京!?

万丈目) わては東京なんか

 興味ない言うたんやけどな。

 まあ、大将がどうしてもって。

風太) まあ2、3日したら社長も帰って

 くる。話はまたそん時や。な!

てん) キースさんがいてくれはったらなぁ。

アサリ) もうあんな奴とっくに忘れたわ!

 アメリカ行って2年もたつのに、

 手紙一つよこさん薄情もんや!

万丈目) そんなん言うて、アメリカの話

 出たら、いっつも耳こ~んなしてるがな。

アサリ) してへんわ!

てん) ホンマはキースさんと

 組みたいんとちゃいますの?

アサリ) わいは…つまらん…つまらん奴ら

 とばっかり組まされて、怒っとるだけや。

 

**********

 

カメラマン) リリコさん、笑顔でお願いします。

 ニッコリと。では、撮ります。

(警察官と記念撮影するリリコと栞)

 

**********

 

リリコ) あ~疲れた。ああいう偉い

 さんの相手はもうこりごりやわ。

栞) まあ、そう言わずに、

 これからもよろしく頼むよ。

リリコ) 交通安全運動に区画整理事業。

 あっちこっちいっぱい寄付して、

 勲章でも欲しいんか。

栞) まあ…チャリティーだ。

リリコ) チャリティー? 何やそれ。

栞) 会社は順調で利益も出てる。

 だったらその利益を社会に還元するの

 は当然の務めだ。まあ、ロックフェラー

 には遠く及ばないが。

リリコ) え? ん? え…つまり、

 「損して得取れ」いうやつか?

栞) (笑)

リリコ) 何やの?

栞) ああ、すまん。君の事を笑ったわけ

 じゃないんだ。確かに、君の言うとおり

 だと思ってね。何の後ろ盾もなく会社を

 経営していくためには、無償の寄付で

 も何でもして世間に認められなければ

 ならない。損して得を取らなくてもいい

 言えば、嘘になる。

リリコ) それはそれでええんちゃう?

 ちゃんと寄付するだけ偉いわ。

 立派なチャリティーさんや。

栞) ありがとう。

 

**********

 

歌子) 何してんの!

 はよ次の寄席行くで。

万丈目) ちょっと待ってや。今、東京で

 一旗揚げる、ええネタ思いついたんや。

歌子) え?

(万丈目が書いた原稿を見る歌子)

万丈目) どや?

歌子) あんたよう考えたな。

万丈目) そやろ!

歌子) けど。

万丈目) けど?

歌子) うちらの万歳は、ダメ亭主のキチ

 ゾーが、かわいい恋女房のウタコにど

 つかれてどつかれてどつかれまくるか

 らウケてるんや。

万丈目) けど東京やったら…。

歌子) 変わらへん。うちをどつこうな

 んて大それた事考えたら、アカンで。

万丈目) はい。

風太) おーい! おうおうおう!

 何グズグズしてんねや! 

 出番遅れんぞ!

万丈目) へえ、すんまへん!

歌子) すんまへん、大番頭さん。

 ほな、行こか。フフッ。

万丈目) はい。ほな、お先失礼します。

風太) ああ行ってこい行ってこい。

(万丈目が書いた原稿を見る風太)

風太) オモロイやないか。

 

**********

 

<東京・浅草>

藤吉) 近いうち、東京でも寄席を始めよ

 思てまして。その時には是非、師匠に

 来て頂きたい思い、ご挨拶に、寄せて

 もらいました。

師匠) はあ~今東京には100軒以上の

 寄席があって、大阪の席亭さんが今更

 おいでになっても、なかなか芸人が集

 まらんでしょうな。

藤吉) そこをなんとか。

 師匠が出てくれはったら、ほかの人も、

 来てくれはると。お願いします。

師匠) 弱りましたなぁ。

男性) おはようございます!

藤吉) あの、師…。キース!?

キース) と…藤吉!?

 ムフフ。和製チャップリンの、

 舶来家キースでやんす!

藤吉) お前…。

 

**********

 

藤吉) 日本に帰ってきて、

 東京におったとはな。

 そやけど、今、どこに住んでるんや?

キース) ああ、浅草の小料理屋に

 住み込ましてもうてんねん。

 女将さんがええ人でな。

 俺の、東京のお母ちゃんや。

藤吉) そうか。そらよかった。けど、

 帰ってるんやったら、何で知らせて

 くれへんかったんや。

キース) アメリカ帰りの和製チャップリン

 として、こっちで一旗揚げてから、知ら

 せよう思てたんや。そや。

藤吉) ん?

キース) あいつ、どないしてる?

藤吉) ああ、アサリか?

 まあ、この2年で、相方4人かわったわ。

キース) はあ!? 何してんねん、あいつ。

藤吉) 俺はキースとアサリが組んだら、

 日本一、いや、世界一の芸人になれる

 と思てるけどな。まあ、その気になった

 ら、戻ってきたらええわ。

キース) 今は、帰られへん。お前が東京に、

 寄席出したら、俺が出たらなアカンやろ?

藤吉) そやな。あっ、それより、

 さっきの芸、新しい芸か?

キース) え?

藤吉) こう何か動いとったやん。

キース) アメリカ流やで。

 

**********

 

てん) なあおトキ。

トキ) へえ。

てん) 何や今日はようネズミが

 ネズミ捕りにかかってたなぁ。

トキ) ホンマですわ。

 まあ、この暑さで、ネズミもへばって

 るんとちゃいますやろか。

 ひゃ、地震?

てん) 地震やわ。

(犬の鳴き声)

 

1923年、大正12年9月1日。

大阪でもいくつもの異変が見られた中、

東京、神奈川を中心とした、

関東地方で、マグニチュード7.9の、

大地震が起こりました。

地震の揺れや、その後の火災によって、

10万人余りが、犠牲になりました。

 

東京で一番高い建物だった、

浅草十二階は、8階で折れ、

寄席も多くが焼け落ちました。

 

**********

 

翌日

 

亀井) えらいこっちゃ! 

 えらいこっちゃ! 関東で大地震や!

てん) え!?

(号外を見る一同)

亀井) 東京は壊滅らしいで!

てん) え?

風太) てん…藤吉はまだ、東京か? 

 てん!

てん) 分からん。

トキ) で…電話。誰か東京に電話して!

亀井) ああ…わしが。

藤吉) おい、みんな!

てん) 藤吉はん!

トキ) ご無事やったんですね!

てん) よかった…。

藤吉) ゆうべ名古屋に泊まって、さっき

 こっち着いて、地震の事聞いた。

風太) よかった…。

藤吉) いや、それより、大変や!

 東京に、キースがおるんや。

てん) え?

藤吉) 浅草の寄席で、

 キースに会うたんや。

**********

「わろてんか」を楽しくご覧になってる皆様
は、この先は華麗にスルーでお願いします。

 

なんだかピンとこないまま、風鳥亭はどんど

ん大きくなっていて、関西の演芸界トップの

座を不動のものとしているそうな。へえ~。

 

東京進出を目論む藤吉は、浅草でアメリカ

から帰ってきていたキースと再会。そこで

関東大震災が起きるものの、藤吉はうまい

こと大阪に戻ってくるという、都合のいい話

が得意なドラマらしいといえばらしい展開。

 

まあ、いろいろとネタの種まきの月曜日な

のだろうけれど。正月明けに関東大震災

の話を持ってくるという脚本のセンスがね、

ものすご~く嫌い。正月明けはせめてもう

少し明るい話とか、楽しい話にしてほしい。

もちろん、震災の話があってもいいのだけ

れど、脚本のセンスが致命的に悪いので、

いい話に繋がるとはどうしても思えなくて。

 

あと3ヵ月もドラマは続くのね…(ため息)



「わろてんか」関連ブログはこちらから↓
「わろてんか」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「わろてんか」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

taaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス