日々のダダ漏れ

日々想ったこと、感じたこと。日々、見たもの、聞いたもの、食べたものetc
日々のいろんな気持ちや体験を、ありあまる好奇心の赴くままに、自由に、
ゆる~く、感じたままに、好き勝手に書いていこうかと思っています♪


テーマ:

「ひよっこ」 第135
第23週 「乙女たちに花束を」
おのおの、抜がりなぐ・・・世津子救出大作戦!

 

 

みね子) どうしたらいいんだろ…。

(ドアが開く音)

秀俊) おう。

みね子) あれ? ヒデさん!

   どうしたんですか?

秀俊) あぁ、包丁研ぎたくなってさ。

みね子) あっ、そうなんですね。

秀俊) どうしたの? 

  どっか、出かけてたの?

みね子) あ…はい。あの…。

   川本世津子さんの、うぢの前まで

   行ってみたんですけどね…。

秀俊) えっ?

みね子) あの…ちょっと、

   相談に乗ってもらえますか?

秀俊) うん。いいよ。

みね子) あの! 実はですね!

秀俊) うん。

みね子) ちょっと、座ってもらえますか?

秀俊) はい。

 

**********

 

みね子) あの…川本世津子さんが今、

   大変なこどになってんの、

   知ってます? ヒデさん。

秀俊) あっ、うん。

  元治先輩から教えてもらった。

みね子) えっ? 元治さん?

秀俊) うん。あの人、そういうの書いて

  ある雑誌とか好きだから。

みね子) あぁ…。

秀俊) あ…で?

みね子) あっ、はい。

   何か、心配になって、電話してみた

   んですよ。でも、出なくて、電話。

秀俊) うん。

みね子) あっ、そっか、きっと、いっぱい

   電話かがってくっから出ないんだな

   と思って…。だがら、ちょっと行って

   みたんです。

秀俊) うん。

みね子) そしたら、人が、いっぱいいで、

   何かカメラ持ってる人とがも。何だが

   みんな見張ってるみだいな感じで。

秀俊) へぇ…。

  で、あの人は家にはいるの?

みね子) はい。いるみだいです。

   私仲間のフリして聞いてみたんで

   すよ。「いんのがなぁ、本当に川本

   世津子。ねぇ?」って。そしたら、

   横にいだちょび髭のカメラマンが、

   こう爪楊枝くわえだまま、

   「あぁ、いるいる。おいら窓から

   確認したからさぁ」とが言って!

秀俊) そうなんだ?

みね子) そうなんですよ! 

   はぁ…。えっ?

秀俊) いやいや…で?

みね子) あっ、だがら、私、何とかして、

   世津子さん、連れ出せないがなと

   思って。だって、あんなとごにいだ

   らおがしくなっちゃいますよ!

秀俊) なるほど。

みね子) はい。

秀俊) どうやって?

みね子) え…。

   だがら、それを相談してんです

秀俊) あっ、そうか…ごめん。

みね子) いえ。

   どうしたらいいですかね?

秀俊) う~ん…。

みね子) う~ん…。

 

みね子とヒデが考えている

時間を利用して、私、増田明美が、

川本世津子さんの生い立ちと、

今騒がれているスキャンダルに

ついて、ご説明しましょう。

 

川本世津子さんは、昭和6年、

埼玉県の大山田という村の、

農家の長女として生まれました。

ですが、5歳の時、両親が病気で

相次いで亡くなってしまい、

東京で牛乳店を営む、

叔父夫婦に引き取られました。

6歳になった世津子は、

苦しい家計を支えるため、

学校もろくに行かず、

家の仕事を手伝います。

 

世津子の仕事の一つが、映画の

撮影所での牛乳販売でした。

監督やスタッフ、

俳優たちと仲良くなり、

みんなに可愛がられました。

 

そんなある日、監督が世津子に、

「映画に出てみない?」

と声をかけます。

そして、初出演。

更に、初主演の映画が大ヒット。

そこからは、あれよあれよと

スター街道まっしぐら。

 

しかし、世津子が必死になって稼いだ

お金は、全部保護者である叔父夫婦

のもとへ。それが夫婦を狂わせてしま

ったんですね。叔父夫婦は贅沢三昧。

更にはギャンブルまで。

ついには借金までつくってしまい、

その度に世津子に泣きついてきました。

 

(世津子の夢)

叔母) せっちゃん、

  開けてちょうだい。私よ。

叔父) 世津子、大丈夫か?

(ドアを開ける世津子)

叔母) あ~せっちゃん!

叔父) 世津子!

叔母) もう心配したわよ。

世津子) 芳江叔母さん、

   急にどうしたの?

叔母) 実はね、こんな時に

  言うのもあれなんだけど。

  私たちも、あの…困っててね。

世津子) 帰って下さい。

叔母) えっ?

世津子) もう、お金のことで、

   私を頼らないで下さい。

   約束したはずです!

   帰って下さい! お願いします!

叔母) 何言ってんだよ!

  あんただけが頼りなんだよ!

叔父) そうだよ、世津子!

世津子) もう帰って!

 

(目を覚ます世津子)

 

怒った叔父夫婦は週刊誌にあらぬ

噂を売り込み、世津子は事務所を

自らやめることになりました。

そして今に至る…。

 

みね子、ヒデ、どうですか?

 

え~!? まだノーアイデア?

結構長かっ…。

 

秀俊) あっ!

みね子) わっ!

 

わっ!

 

秀俊) 随分前に見た洋画でさ、

  こういうのがあったんだ。

みね子) はい。

秀俊) まぁ、これは悪いやつらの話なん

  だけど。敵に囲まれて、絶体絶命って

  時にさ…。

みね子) はい。

秀俊) あっ、その日はものすごい暑い日

  でさ、そこに突然、アイスクリーム屋の

  屋台がやって来るんだよ。何か、こう、

  かわいい…。ぼよよ~んとした音楽な

  んか流しながらね。

みね子) ぼよよ~ん?

秀俊) そこはいいんだよ。

みね子) あ…。

秀俊) 続けるね。

みね子) はい。

秀俊) で、「本日は、アイスクリーム無料

  サービスだよ」って言うんだよ。

みね子) えっ? それで?

秀俊) みんな、「おっ、ただか?」みたい

  になってそっちに行っちゃって、で、

  その隙に、脱出!

みね子) お~!

秀俊) でも、アイスクリーム屋の屋台が

  ないからな…。今日も暑いから、アイ

  スとか、かき氷とか言えば、わっと来

  ると思うんだけど。

みね子) そっか…。かき氷…。

ヤスハル) ♪若さゆえ~苦しみ

  若さゆえ~

みね子・秀俊) かき氷!

ヤスハル) 何だよ?

秀俊) 飛んで火に入る…。

みね子) 夏のヤスハル。

ヤスハル) 何だよそれ!

みね子) お願いします!

秀俊) お願いします!

ヤスハル) 分かんないけど…やだ!

 

**********

 

みね子) というわげで、記者の人たちを

   何とかしなきゃいけないんです。

ヤスハル) なるほど…。

  あっ、俺が到着したら、音楽を流すか

  ら。バカでかい音で、バカな音楽を。

みね子) バカな音楽?

ヤスハル) あぁ、一度つくらされたことが

  あるんだ。和菓子の移動販売をや

  ろうと思って。

みね子) へぇ。

秀俊) とにかく、ドアを開けたら、

  一気に2人で走って逃げろ。

  俺は、気が付いて追ってくる

  やつらを止めるから。

みね子) 大丈夫ですか? ヒデさん。

秀俊) 大丈夫。

  こう見えて、結構肩幅あるから。

みね子) 肩幅?

秀俊) 何でもない。

 

何だが、

大作戦になってしまいましたが、

みね子、

世津子さんを、救出してみせます。

 

みね子) では…。

   おのおの、抜がりなぐ。

秀俊) はっ!

ヤスハル) はっ!

(にっこり頷くみね子)

 

**********

 

(ハンチングをかぶり、

 記者に変装した秀俊)

記者) 川本さん、いるんでしょ?

  応えて下さいよ。

 

**********

 

(玄関の中に、うつろな目の世津子)

 

**********

 

(廊下の陰に、制服を着たみね子)

(みね子に合図をする秀俊)

みね子) すみません。

   ちょっと、すみません。

   出前です。すみません。

記者) 何だよ、お前。

みね子) すみません。

(ノック) 

みね子) すみませ~ん。

   出前、お待たせしました。

(ノック)

みね子) 川本さん、出前です。

   おいしいオムライス、

   持ってきましたよ~。川本さん!

 

**********

 

世津子) みね子ちゃん?

 

**********

 

みね子) 川本さん、

   いらっしゃいますか?

   出前で~す。

   川本さん、出前です。

(ノック)

みね子) 開げて下さい。開げて下さい。

   お願いします。川本さん。

(ノック)

(鍵を開ける音)

記者たち) あっ! 川本さん!

(中に入るみね子)

記者) 川本さん、一言!

秀俊) ダメでしたね。

記者) 邪魔なんだよ、あんた。

秀俊) すみません。

 

**********

 

世津子) みね子ちゃん!

   どうしたの?

みね子) こご、出ましょう。

   私んとごに行ぎましょう! ねっ?

   こんなとごにこんな状態で、

   一人でいちゃダメです!

(世津子の肩をつかむみね子)

みね子) ねっ、行ぎましょう!

世津子) どうして…?

みね子) 世津子さんには、幸せで

   いでもらわないと困るんです。

   じゃないと、お父ちゃんに起き

   てしまった悲しい出来事が、

   なしになんない。

   私は、なしにしたいんです。

   だがら…。行ぎましょう! ねっ!

 

**********

 

(記者たちと愚痴を言い合っている秀俊)

 

**********

 

(大きなスーツケースを運んでくる世津子)

みね子) ちょっと! 

   何考えてるんですか!

   そんなのダメです!

世津子) あっ、あっ、ごめんなさい!

   あっ、どうしよう!

ヤスハルの声) ♪あんこづくりは~

世津子) えっ? 何これ…。

ヤスハルの声) ♪あんこづくりは~

 

**********

 

(一斉に表を見る記者たち)

記者) 氷じゃねえかよ。

ヤスハルの声) ♪勘頼み~

 

**********

 

(部屋の中から様子を伺うみね子)

ヤスハルの声) さぁさぁさぁ、皆さん。

    今日は暑いからね。かき氷が

    なんと無料大サービスだよ。

(世津子の手をつかむみね子)

みね子) 行ぐよ!

(涙がこみ上げる世津子)

世津子) うん!

みね子) うん!

(世津子の手をぎゅっと握り、

 ドアを開けるみね子)

(飛び出す2人)

(全力で記者たちを止める秀俊)

記者) 川本さん!


**********

すっかり朝ドラヒロインらしく成長したみね

子。世津子のマンションまで行って、仲間

のフリまでして情報を手に入れるとは~。

とにかくヤバい。あんなところにいちゃダメ

だ。助け出さなくちゃ~と、ヒデに相談を持

ちかけ、飛んで火に入るヤスハルも巻き込

んで、救出大作戦に乗り出すみね子丸~。

 

みね子) では…。
   おのおの、抜がりなぐ。
秀俊) はっ!
ヤスハル) はっ!

 

真田丸ならぬみね子丸は、カメラ目線でに

っこりと大サービス。まぁ…NHKですから!

 

世津子救出大作戦のポイントは、バカな音

楽と肩幅。役に立つような、立たないような

微妙な魔法と防具?…と、朝ドラヒロインと

いう万能な力を手に入れた勇者・みね子!

 

ツッコミどころ満載の作戦ではあるけれど、

そこはほら、ドラマだし…。ヒロインが活躍

するシーンだし、目をつぶらないまでも、薄

目を開けて見る感じで。それでいいのだw

 

世津子さんには、幸せでいで
もらわないと困るんです。
じゃないと、お父ちゃんに起き
てしまった悲しい出来事が、
なしになんない。
私は、なしにしたいんです。
だがら…。行ぎましょう! ねっ!

 

それでなしにできるとは思えないけれど…

みね子的に「なし」にできるなら、それでい

いのだろうと思う。みね子にはみね子の、

理屈があっていい。それぞれに、許せる基

準があっていい。関係者が不幸であるより

は、幸せでいてくれた方が気持ち楽だし。

 

まるで、とらわれのお姫様を救い出す王子

様のような…まるで主人公のようなみね子。

…って、主人公だし、ヒロインだったねw

うん。ようやくヒロインらしくなってきた!

今までとは別人のように、輝きだしたよ~。

いがったぁ。残り1か月、盛り上がっていか

なくちゃ。では…おのおの、抜かりなく~!


「ひよっこ」関連ブログはこちらから↓
「ひよっこ」関連ブログリスト
「朝ドラ」関連ブログリスト

●「ひよっこ」HP

 

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけると、嬉しいです♪
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

 

連続テレビ小説 ひよっこ Part2 (NHKドラマ・ガイド) 連続テレビ小説 ひよっこ Part2 (NHKドラマ・ガイド)

 

Amazon

 

NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下 NHK連続テレビ小説 ひよっこ 下

 

Amazon

 

連続テレビ小説 ひよっこ ファンブック 連続テレビ小説 ひよっこ ファンブック

1,296円

Amazon

 

連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray] 連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]

12,312円

Amazon

 

連続テレビ小説「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック2 連続テレビ小説「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック2

3,240円

Amazon

AD
いいね!した人  |  コメント(4)

taaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。