この連休 あっちこっちで運動会!

 ※お借りしました

そーいえば 私の運動会の写真がない…

両親の写真は実家で見つけては

選んでそれぞれのアルバムを

作ってますが あらら 私の写真がないガーン

 

思い返してみると

そーいえば 小学校6年間で 運動会に

親が来たのは 多分3回ぐらいでは

なかろうかあせる

ついでに

 参観日は一度も来たことは

ないのだ!?

だからと言って 寂しいなどと思った事は

これまた 一度もないのだ

母は 家で「お好み焼き屋」をやって

いたので 店を閉めてまで行く必要がないと

当時言ってました

寂しいと思う感情さえ 持たない子に

育ててくれて ありがとう つてかくるくる

 

さらに さらに 誕生日も

プレゼントなんぞなく ケーキチョコカップケーキ

あったか 覚えてません

Xmasプレゼント なに それっ?

しかし Xmasケーキとなぜか

雛ケーキだけは 親戚から

タカキベーカリーのケーキをもらっていました

これが ちょー嬉しかった爆  笑

※生活が貧困だったわけでは ありません

お年玉も 一度ももらった事は

ありませんびっくり

お年玉は 親戚や父の会社の部下から

頂くものだと思ってました

そして 中学の時には お年玉が差額制に

なったのを覚えてます

我が家から 出した お年玉と 

頂いたお年玉 の差額が自分の頂ける金額笑い泣き

いかにも マイナスを請求された事は

ありませんが 当時は もぅ

「めんどくしゃーい」と 叫び

高校に入ってからは

誰からも 頂かず アルバイト三昧でした

自分の欲しいものは 自分で稼ぐ

そんな こんな親に育てて頂きましたが

全く このお年玉差額制以外は

気にもしなかったが

つい最近 従妹から こんな言葉を聞いた

「由美には 寂しい思いをさせてばかり

だった」と 母が言ってた事を聞き

そーなん おかーちゃん気にしてたの?

胸が熱くなって 涙がでてきませーんグラサン

そぅ 思わせないよう 大きな大きな

ピンクハートで 育ててくれた 感謝の気持ち

の方が大きいお願い

 

嫁に行くとき

べらぼーに高い 着物着物 着物

たしか 7ケタの数字が…

箪笥も 未だに 引き出しを閉めると

上下の引き出しが空く

桐ダンスを 母がすべて 買ってくれた

母は両親を早くに 亡くし 12歳上のお姉さんと兄達に

育ててもらったらしい

母には そんな背景がある

だから 娘だけには精一杯の事をしてやりたいと

思う気持ちだったのでしょう…

 

なんとなく 母の独自の教育に納得である

 

 

だからと いって我が子も こんな感じで

育ててはいませんが

いまじゃ 私の誕生日に

息子からケーキを プレゼントしてもらってますラブラブ

しかし 「お年玉」は 一度もあげたことありませんグラサン

でも 差額制もありませんでしたグラサン

まぁもぅ 二人とも おっさんだから 関係ないよね

 

こぅ 思い返すと 本当に

愉快な親に育てられたな

っと 笑う今日この頃です照れ

 

 

 

 

あたいたち どんな箱もにゃいすき

フォローしてね…