幸せの赤い靴☆★☆★☆★☆ | PIGMYANオフィシャルブログ「わくわくピグミャンランド」Powered by Ameba
2013-11-14 00:00:00

幸せの赤い靴☆★☆★☆★☆

テーマ:ピグミャンの思い出

やぁピグミャンだよニコハート



急に冬の寒さになってきた最近ぴかっ!



北海道ではもう雪が降っているみたいだね北海道雪だるま



夜中は特にブルブルブルブル寒くて・・・夜景



寝る時はバナナの皮布団を877枚必要だねバナナ



街はハロウィンが終わってすぐにクリスマスの準備ハロウィンクリスマスツリー



冬くんが駆け足でやって来て冬



年末に向けてなんだか全てがあわただしくなるダッシュ!shokopon



こんな季節になると必ず思い出す冬



そう・・・クローバー



あの時の出来事を・・・






―幸せの赤い靴・・・とっても綺麗だな―






パパに買ってもらったソフトクリームをペロペロしながらソフトクリム



マヌケな顔でショーウィンドーを眺めているのはガラス



小学5年生のピグミャンニコ通学帽(女の子)



日曜日にパパと二人でお買い物に行ったショッピングモールでカート



パパがママとブラザーへのお土産を見に行ってる間に紙袋



ピグミャンは素敵なブランドの靴屋さんを発見ワンピ**



ショーウィンドーに飾られた赤い靴は・・・靴



まるでシンデレラのガラスの靴みたいな輝きキラキラ



カッコ幸せの赤い靴カッコ



とピグミャンが勝手に命名してはみたものの・・・



値段は・・・0が見たこと無いくらいい~っぱい・・・!!



ピグミャンの豚の貯金箱の中は多分87円くらいがっかり貯金



全然手が届きませんダウン



こんなお店で靴を買う人はお姫様くらいじゃないかなぁお姫様キラキラ



「その靴下さい」



と言ってショーケースを指差したのは・・・ぴかっ!



うわぁ・・・長い髪・・・シャンプーの匂い・・・素敵な女性(ひと)だな・・・髪シャンプーキラキラ



この人だったら絶対幸せの赤い靴似合うよ~靴



大人になったらあんな素敵な女性になりたいなぁキャッ☆アップ



そんな風に思っているとなんと・・・!!



会計を終えたその女性がピグミャンの所に歩いてきて言いましたクローバー



女性「ソフトクリーム美味しそうね」



ピグミャン『☆うん・・・そこに売ってるよおんぷ


  美味しいからお姉さんも一緒に食べようよべぇ~』☆



言ってからすぐにピグミャンは後悔しましたぴかっ!



こんな素敵な女性がマヌケにソフトクリームなんかペロペロするわけない泣汗



そうしたら・・・その女性はクローバー



「教えてくれてありがとう、ちょっと待ってて」



と言ってソフトクリームを買いに行ったのですソフトクリム



そしてピグミャンと一緒にベンチに腰掛けてベンチ



「ホントだ、おいしいねはあと」と言いましたぴかっ!




―この世界にお姫様っているんだ―




・・・とピグミャンは思いましたにこっ



家には生意気な弟しかいないからなぁshokopon



こんな完璧なお姉さんがいたらいいのに・・・髪



そしたら毎日お姉さんとオシャレな服を買いに行ってワンピ**キラキラ



エステ行って、髪も綺麗にして、午後はスイーツの食べ放題・・・apollo*エステキラキラ



映画のような生活がピグミャンを待ってい・・・



パパ「お~い、パパもソフトクリーム買ったぞぉ~ソフトクリム!!」



果てしない想像している途中でパパが戻ってきてしまいましたダウン



しかもなんとパパは鼻の下にクリームが付いていましたえー



はぁ・・・コレが現実・・・shokopon



ピグミャン『☆誰ですかねぇ・・・あの人は知らない人でして・・・』☆



お姉さん「うふっ・・・親子ってすぐ分かるわよ苦笑


  だってあなたも鼻の下にクリームついてるもの」



ピグミャン『☆そんなバナナ~っ泣汗』☆



お姉さん「アハハハハハ!!あぁ~おかしい・・・」



へぇ・・・こんな綺麗な女性でもこんな顔して笑うんだにっこり



人間同士って感じがしてなんだか嬉しいなはあと



ピグミャン『☆ねぇ・・・ピグミャンも大人になったら


  お姉さんみたいに幸せの赤い靴が似合う女の人になりたいな靴』☆



お姉さん「私は・・・そんなに・・・」



パパ「こらピグミャン、お姉さん困らせないのチェック


  すみません、娘の相手してもらっちゃって・・・」



お姉さん「いいえ、こちらこそ楽しかったにっこり


  やさしいお嬢さん、ありがとうはあと」



お姉さんにバイバイをして帰路につきました夕暮れ




お家に帰ってからパパ、ママ、ピグミャン、ブラザーで晩ご飯を食べながらご飯



昼間の出来事をお話をしましたクローバー



ピグミャン『☆今日ね・・・モグモグ(食べながらしゃべってる)・・・


  パパと素敵なお姉さんのいるお店に行ったの』☆



ママ「えっ・・・あなた・・・いったいどこに・・・!?」



パパ「いやっ・・・あの・・・違うんだ・・・」



ピグミャン『☆綺麗な人だったなぁ・・・


  パパは鼻の下に・・・モグモグ(しゃべるの面倒になってる)・・・だったよ』☆



ママ「まぁ、あなたったら鼻の下伸ばしてたの怒」



パパ「ママ・・・違うんだ~っ汗」



その日ピグミャンは素敵なお姉さんのことを考えながらおんぷ



ニヤニヤしながら寝ましたにこっZZZ






1ヵ月後aya




ピグミャンは学校の帰りにクリスマスグッズを見にぴかっ!



駅まで歩いていました夕暮れ



慌ただしい街並みは1週間後に控えたクリスマス一色冬



寒い寒い~ってつぶやきながら歩いていると



少し先を歩いている女の人から懐かしいシャンプーの香り・・・シャンプー



まさか・・・ぴかっ!



足に履いてるのは・・・幸せの赤い靴・・・間違いない靴



あの時のお姉さんだ~っキャッ☆アップ



ピグミャン『☆おぉ~・・・ぃ』☆



ちょっと待てよ・・・隣に男の人がいるぞん~



ここで声をかけるのは野暮ってモンだ苦笑



それにしてもやっぱり素敵な女性は素敵な恋愛をしてるんだなぁおんぷ



まるで恋愛映画の1ページのよう・・・はあと



遠くからでも絵になるなぁにっこり



駅に着くとお姉さんと男の人は立ち止まりました影影



あれ・・・なんか様子が変だぞ・・・あっっ汗



お姉さん怒ってる・・・?



男の人は謝るような仕草・・・?



そして男の人は腕時計をチラっと見て、改札をくぐって行ってしまいました改札



お姉さんは履いていた幸せの赤い靴を脱いで靴



思い切り地面に投げつけました!!



嘘だ・・・あのお姉さんにこんなことがあるわけないよ・・・あっっ汗



そしてその場で一人たたずむお姉さん・・・影



遠くから背中を眺めているだけでも分かりましたクローバー




―泣いている―




お姉さんはクルっと振り向くとピグミャンに気がつきましたぴかっ!



どうしてだろう・・・ピグミャンも涙が止まらない・・・汗



うぇぇん・・・うぇぇん・・・泣



お姉さん「こないだソフトクリーム美味しかったねソフトクリム」



ピグミャンが見上げると・・・そこには・・・ぴかっ!



前と同じ笑顔のお姉さんがいました髪はあと



でも足元を見ると・・・靴を脱いで裸足で歩いたせいで靴



綺麗な足がボロボロに汚れてる・・・あし



ピグミャン『☆ピグミャンね・・・


  誰にも言わない・・・絶対に言わない・・・』☆



自分でも何を言ってるのか分からなくなってきました泣



すると・・・



お姉さんはそんなピグミャンの頭をクシャクシャってなでて・・・手



言いましたぴかっ!



お姉さん「喜んだり・・・怒ったり・・・哀しんだり・・・楽しんだり・・・


  女の人生はとても忙しいものなの


  でもね・・・やさしいあなたならきっと


  幸せの赤い靴なんてなくても幸せになれるよ」



そしてお姉さんは裸足のままあし



クリスマスの街並みにさっそうと消えていきました夕暮れ



そこにはしばらくシャンプーの香りが残っていましたシャンプー



やっぱり・・・お姉さんは最後まで素敵な女性だったなぁ・・・髪キラキラ






そんなことをふと思い出したピグミャンクローバー



そう・・・幸せの赤い靴がなくてもピグミャンは幸せかお



だってピグミャンの歩く道には道2



生徒のみんなが「愛情」を込めて仕掛けてくれた・・・ぴかっ!



黄色いバナナの皮が落ちているからにっこりくるくる小バナナの皮


PIGMYANオフィシャルブログ「わくわくピグミャンランド」Powered by Ameba-1


PIGMYAN(ピグミャン)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース