European sour beer ヨーロピアンサワーの会02&裏話 | European Beer Pub Pigalle
2014-04-30 15:14:09

European sour beer ヨーロピアンサワーの会02&裏話

テーマ:ビール
ヨーロピアンサワーの会、続き。





•3Fonteinenten•Boom•Timmermans•Oud Beersel •Lindemans•De Troch De Cam•Hanssens/Horal's Oude Geuze Mega Blend
{6F8BEC69-6178-4D75-B556-E3034562DB6A:01}
ヴィンテージは2009年です。







ものすごい澱です!!!!
{5A60637C-07DD-42A5-9125-3BDD8D837B4B:01}









日本人がベルギーで造るOWA/欧和の梅ランビックも飲みました。
{A9310C07-8DC3-4365-BE86-84E6A1B5ED81:01}
なんと欧和のランビックは現在半分がスウェーデンに送られるそうです。
北欧でもすごく注目されています。
同じ日本人として誇らしく思います。














そして今回の一番レアはこちら!
•3Fonteinen/OUDE GUEZE いまや幻になりつつあるArmand&Tommy!
{AFBCF872-9470-4616-841C-8432A5FF6AB5:01}

(通常の3Fonteinen/OUDE GUEZEとも飲み比べました!)




3Fonteinenのオーナーであるアルマンさんとアメリカ、The Lost AbbeyのPort Brewing のTomme Arthur氏がたった一度だけ醸造した特別なビールです。









ただし、このビールには裏話があります☺︎





実は"Armand&Tommy"バージョンがいかに貴重なものか僕らは全く知らなかったんですね(笑)







これはある人から貰ったものなんですが、

『3Fonteinenー。

ありがたいけど日本でも手に入るし。』とか思っていた僕らが無知でした、すんませーん。




しかも2本貰ったうち、一本は年末の宅配ピザの会で有り難みも噛み締めずガブ飲みしました、すんませーーーん。








で、あるインポーターの方がピガールに来たときに

『えー!!これアルマンさんのじゃないですか!凄い!』と言われ、

それから3フォンの醸造所にいった時にも

『それってもう醸造所にもないよ、すごい貴重!』と言われて初めて知ったくらい、無知でした(笑)




という訳で今回の飲み比べをやるにあたり貰った人に

『ところでトミーって一体だれ??』とメッセージをして更にこのビールの貴重さを知ることになりました。








本当にまだまだ知らないことだらけです。

日々、勉強。



貴重だと、知れば知るほど手元に残したくなるのが人の常です。

が、僕らはとにかくいつも"いま"飲みたいんですね(笑)






何が言いたいかといいますと、

良いお酒を、飲みたいときに飲みたい!

興味がある人たちとシェアしたい!




だって"今"がいつだって一番重要なんです。






というわけで、ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました☺︎☺︎☺︎


僕らにとっても本当に良い勉強になりました。




次回は5/11(日)『北欧ビール飲み比べ』です!



Pigalle Tokyo


三軒茶屋ヨーロピアンビアパブピガールさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス