Kindle版の「大作曲家の作品アナリーゼ①~水の戯れ(ラヴェル)~」の電子書籍ですが、結局はAmazonで販売させて頂くことになりました。

 

書籍のページはこちらです。

 

 

 

 

Kindle版の制作に多少手間取りましたが、今までのPDF本同様にパソコンでもタブレットでもご覧になれます。

 

 

ご存じの方も多いと思うのですが、PDFの場合はフリー版のAdobe Acrobat Readerが必要で、Kindleの方はKindle for PCが必要になります。

 

 

もし読んで下さる方はこちらのページから「無料サンプルを送信」をクリックすると読むことが出来ます。Kindleが初めてならKindle for PCのインストールを求められると思いますが、今までのAcrobat Readerのようなものです。

 

 

あまりKindleと縁がなかったので、Kindleはタブレットなどの端末を持っていないといけないと思っていたのですが、普通にパソコンでも見られるということを今回初めて知りました(Kindleはタブレットがないと読めないと思ってました)。

 

 

パソコンで見られるなら今まで通りPDF販売でもKindleでも同じなのですが、やはりAmazonの方がたくさんの人に知って貰えそうですし、作る側の手間としてはKindle版の方が多少手間がありますが、大して変わらないのでこれからはAmazonでKindleを想定して作っていく予定です。

 

 

今までのDLsiteさんのPDF販売では試し読みのページを私が自由に設定出来たのですが、Kindleの場合はAmazon側で設定されてしまうので、私としては電子書籍は半分くらい読んでもらっても良いかと思うものの、この辺りは残念ながらどうにもなりません。

 

 

やはり本屋で本を買うときは中身を精査するわけですが、家でゆっくり読みたいから買うのに対して、Kindleを自宅でパソコンでじっくり読めるなら購入と変わらないので、Amazon側としても試し読みのページは難しい部分のようです。

 

 

別途このブログで試し読みページを作っても良いと思っていますので、こちらはKindle版ではなく旧DLsiteさんで販売されていたA4版の旧データですが中身を確認なさりたい方はご覧下さい。

Kindle版はB5サイズでこちらの試し読み版はA4サイズなので文字サイズが違いますが、内容は全く同じです。

 

 

今回色々勉強させて頂いたおかげである程度やり方がわかりましたので、今までの本も人気があるものだけKindle版を作りたいと思っていますし、このアナリーゼシリーズももうちょっと続けたいと思っています。

 

 

レッスンの生徒さんに今後出して欲しいアナリーゼ本のリクエストなどを聞きながら選曲をしているのですが、作曲の方には作曲のヒントになるように、演奏家の方には演奏解釈の手助けに、ピアノなどの指導者の方にはレッスンでの指導教材の一助になるようにと考えているので、有名且つ取り上げられる機会の多い作品を中心にぼちぼち書かせて頂きます。

 

 

とりあえずモーツァルトのK545を書き始めましたので、数ヶ月以内にKindle版をリリースさせて頂く予定です。

 

 

 

 

 

上の画像は今回のラヴェルの水の戯れの抜粋ですが、デザインがシンプルなのでもう少し凝ったお洒落なデザインにするということも今回のKindle版の制作で課題となりました。

 

 

私はイラストレーター系のソフトに弱く、デザインがどうしても昔の音楽の理論書みたいにお洒落な挿し絵や幾何学的な模様などで見栄えを良くする方向に力が入っていませんが、今後は例え僅かでも見栄えを良くする方向に努力していきたいと思っています。

 

 

時間のあるときにネットに上がっている論文を良く読みますが、私の本は文字と譜例や画像しかなく、ほとんど論文みたいなデザインで、リットーミュージックさんから出ているような2000円くらいの本だと色々とお洒落なレイアウトや挿し絵になっているので、あそこまでは行かなくてももう少し何かあっても良いではと思っています。

 

 

どちらかというと内容で勝負だと個人的には思っており、作曲の専門的な本にデザイン性が必要なのか?と言えば内容には直接関係ないとも思うのですが、無理のない範囲で多少見栄えを良くしていくのが今後の課題です。

 

 

最後までお読み頂き有り難う御座いました。

 



作曲・DTMの個人レッスンの生徒を募集しています。 
 

このブログの書き主の自宅&skypeでマンツーマンレッスンをしています。 (専門学校での講師経験があります) 詳しくはこちらをどうぞ。    
電子書籍ですが作曲・DTM関連の書籍も書いています。  

 

大作曲家のアナリーゼ(1)~水の戯れ(ラヴェル)

ポピュラー理論を活用したラヴェルの水の戯れの楽曲分析(アナリーゼ)本です。 
 

 汎用アレンジ~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(様々な楽器のアレンジの基礎を専門学校レベルで学べる本です)
 

 作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(作曲の基礎理論を専門学校レベルで学べる本です)

パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

(初心者向けの作曲導入本です)



DTMマスタリングのやり方

(マスタリングのやり方を基礎から解説した本です)

    
DTMミキシングのやり方
(ミキシングのやり方を基礎から解説した本です)

 

 

AD

ラヴェルの水の戯れを楽曲分析(アナリーゼ)した本のKindle販売が開始されました。

 

Kindle版はkindleレイアウトの勉強をしてから再版する予定ですので、一時停止してDLsiteでPDF版の電子書籍を販売しています。

 

ご購入はこちらです。

 

 

 

Kindle版は初ですが、宜しくお願いします。Amazon専売となるため、DListe様でのPDF販売は中止しました。

 

 

パブリックドメインの水の戯れの楽譜すべてにコードネームとディグリーを付けて、ポピュラーの見地から水の戯れで使われているラヴェルの和声法について解説しています。

 

 

自分の作曲でのラヴェル和声の応用法やジャズでのアドリブでの活用の仕方なども書いてありますので、作曲においてラヴェル和声に興味のある方や演奏家の方でも楽曲分析にご興味をお持ちの方にお勧めです。

 

 

 

 

 

こんな感じですべてにコードネームとディグリーを書き込んであります。こういったアナリーゼ本はかなり珍しいと思いますし、自分で作曲家へのヒントや主題についての考察などコード(和声)分析以外のアナリーゼも行われています。

 

 



作曲・DTMの個人レッスンの生徒を募集しています。 
 

このブログの書き主の自宅&skypeでマンツーマンレッスンをしています。 (専門学校での講師経験があります) 詳しくはこちらをどうぞ。    
電子書籍ですが作曲・DTM関連の書籍も書いています。  

 

大作曲家のアナリーゼ(1)~水の戯れ(ラヴェル)Kindle版

ポピュラー理論を活用したラヴェルの水の戯れの楽曲分析(アナリーゼ)本です。 
 

 汎用アレンジ~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(様々な楽器のアレンジの基礎を専門学校レベルで学べる本です)
 

 作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(作曲の基礎理論を専門学校レベルで学べる本です)

パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

(初心者向けの作曲導入本です)



DTMマスタリングのやり方(マスタリングのやり方を基礎から解説した本です)

    
DTMミキシングのやり方
(ミキシングのやり方を基礎から解説した本です)

AD

ラヴェルの水の戯れの楽曲分析(アナリーゼ)本を書かせて頂きました。

 

このブログで行っているようにポピュラー理論を土台に楽譜にコードネームとディグリーを付けて一曲通してアナリーゼしています。
ポピュラーの知識でアナリーゼし、コードスケールなどを駆使して応用出来るように書かれていますので、ラヴェルの和声や作曲技法にご興味をお持ちの方や演奏家の方でラヴェルの水の戯れについて作曲的な視点から理解を持ちたい方へお勧めです。

 

ご購入はこちらです。

 

また単なる楽曲分析分ではなく、作曲家に役に立つアドバイスなどがたくさん盛り込まれていますので、自分の作曲にラヴェル風の和声を取り入れてみたいという方にもお勧めです。そのやり方やアドリブ(即興演奏)への応用方法なども書かせて頂きました。

 

 

大作曲家の作品アナリーゼ(1)~水の戯れ(ラヴェル) 

楽譜はIMSLP/Petrucci Music Libraryの著作権フリーの楽譜を利用しております。
(出版社情報 Paris: E. Demets, 1902年. Plate E. 12. D. )。
パブリックドメイン。

 

 

ブログで散発的に、断片的に書くよりもちゃんと1曲通して形に残した方が良いかもしれないというのと、レッスンでこういった大作曲家の作品を取り上げることも多いので、書かせて頂いた次第です。

 

 

こういった内容の本が社会に対してニーズがあるのかどうかわかりませんが、少なからずより深く勉強したいという方はいらっしゃると思いますので、また別の作曲家の別の作品を取り上げて書かせて頂こうかなと思っています。

 

 

ご興味がおありでしたら体験版をお読み頂ければ幸いです。

 

 



作曲・DTMの個人レッスンの生徒を募集しています。 
 

このブログの書き主の自宅&skypeでマンツーマンレッスンをしています。 (専門学校での講師経験があります) 詳しくはこちらをどうぞ。    
電子書籍ですが作曲・DTM関連の書籍も書いています。  

 

大作曲家の作品アナリーゼ①~水の戯れ(ラヴェル)

ラヴェルの水の戯れの楽曲分析本です。

 

 汎用アレンジ~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(様々な楽器のアレンジの基礎を専門学校レベルで学べる本です)
 

 作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

(作曲の基礎理論を専門学校レベルで学べる本です)

パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本

(初心者向けの作曲導入本です)



DTMマスタリングのやり方(マスタリングのやり方を基礎から解説した本です)

    
DTMミキシングのやり方
(ミキシングのやり方を基礎から解説した本です)

AD
「作曲基礎理論~」の誤字脱字(11月分)の改訂が出ています。

先月以前に関してメールを頂いた方には
既に個人的に今回の分をお送りしております。

また既にDLsite様に最新版がアップロードされておりますので、
再ダウンロードして頂くことが出来ます。



画像などの差し替えもありますので
現在お読みくださいっている方は出来れば
最新版を再ダウンロード頂ければ幸いです。


DLsite様のリンク


DLsite様でご購入下さった方で
登録ユーザーの方はダウンロード期限が無制限ですので、
こちらで修正版をダウンロード頂けます。



ゲストユーザーの方はダウンロード期限が一週間ですので、
既にダウンロード期間が過ぎている場合は
「モバイル用分割データ」の「32あとがき.pdf」をメールに添付して

あとがき内に記載されているメールアドレスに送って頂ければ
ダウンロードリンクをメールでお送りいたします。

「作曲基礎理論~」の誤字脱字(10月分)の改訂が出ています。

先月以前にメールを頂いた方には
既に個人的に今回の分をお送りしております。


また既にDLsite様に最新版がアップロードされておりますので、
再ダウンロードして頂くことが出来ます。



画像などの差し替えもありますので
現在お読みくださいっている方は出来れば
最新版を再ダウンロード頂ければ幸いです。


http://www.dlsite.com/
DLsite様のリンク


DLsite様でご購入下さった方で
登録ユーザーの方はダウンロード期限が無制限ですので、
こちらで修正版をダウンロード頂けます。



ゲストユーザーの方はダウンロード期限が一週間ですので、
既にダウンロード期間が過ぎている場合は
「モバイル用分割データ」の「32あとがき.pdf」をメールに添付して

あとがき内に記載されているメールアドレスに送って頂ければ
ダウンロードリンクをメールでお送りいたします。

「作曲基礎理論~」の誤字脱字(9月分)の改訂が出ています。

先月以前に関してメールを頂いた方には
既に個人的に今回の分をお送りしております。

また既にDLsite様に最新版がアップロードされておりますので、
再ダウンロードして頂くことが出来ます。



画像などの差し替えもありますので
現在お読みくださいっている方は出来れば
最新版を再ダウンロード頂ければ幸いです。


http://www.dlsite.com/
DLsite様のリンク


DLsite様でご購入下さった方で
登録ユーザーの方はダウンロード期限が無制限ですので、
こちらで修正版をダウンロード頂けます。



ゲストユーザーの方はダウンロード期限が一週間ですので、
既にダウンロード期間が過ぎている場合は
「モバイル用分割データ」の「32あとがき.pdf」をメールに添付して

あとがき内に記載されているメールアドレスに送って頂ければ
ダウンロードリンクをメールでお送りいたします。

「作曲基礎理論~」の誤字脱字(8月分)の改訂が出ています。

先月(7月)分に関してメールを頂いた方には
既に個人的に今回の分をお送りしております。

また既にDLsite様に最新版がアップロードされておりますので、
再ダウンロードして頂くことが出来ます。



画像などの差し替えもありますので
現在お読みくださいっている方は出来れば
最新版を再ダウンロード頂ければ幸いです。


http://www.dlsite.com/
DLsite様のリンク


DLsite様でご購入下さった方で
登録ユーザーの方はダウンロード期限が無制限ですので、
こちらで修正版をダウンロード頂けます。



ゲストユーザーの方はダウンロード期限が一週間ですので、
既にダウンロード期間が過ぎている場合は
「モバイル用分割データ」の「32あとがき.pdf」をメールに添付して

あとがき内に記載されているメールアドレスに送って頂ければ
ダウンロードリンクをメールでお送りいたします。


「作曲基礎理論~」の誤字脱字(7月分)の改訂が出ています。


既にDLsite様にアップロードされておりますので、
再ダウンロードして頂くことが出来ます。


画像などの差し替えもありますので
現在お読みくださいっている方は出来れば
最新版を再ダウンロード頂ければ幸いです。


http://www.dlsite.com/
DLsite様のリンク

DLsite様でご購入下さった方で
登録ユーザーの方はダウンロード期限が無制限ですので、
こちらで修正版をダウンロード頂けます。



ゲストユーザーの方はダウンロード期限が一週間ですので、
既にダウンロード期間が過ぎている場合は
「モバイル用分割データ」の「32あとがき.pdf」をメールに添付して

あとがき内に記載されているメールアドレスに送って頂ければ
ダウンロードリンクをメールでお送りいたします。




4冊目の作曲関係の本を書きました。



作曲基礎理論~専門学校のカリキュラムに基づいて~

販売ページはこちら


いわゆる作曲に必要な基礎理論の学習を目的として
書かれています。


専門学校に勤めていたときのカリキュラムを参考にして書かれているので、
この本を全部理解すれば、
作曲の基本理論はほぼすべてマスター出来ます。
(実際はもっと多くの内容が書いてあります)


分量的にはA4サイズで514ページと、
マーク・レヴィンのジャズセオリーとほぼ同じ長さになり、
ちょっと長いですが、
DTM機材のことから始まり、
音程、コード、コード進行、コードスケールという基本的な内容から
副属7、SDM、裏コード、ナポリの和音、sus4コード、UST、スラッシュコード、転調などの
いわゆる作曲のテクニック、
そして高度なものとしては旋法(モード)の作曲や
十二音技法や移調の限られた旋法、多調、クラスター、神秘和音など
長調・短調を脱した高度な作曲法
まで色々述べられています。


特に全般に渡ってコードとコードスケールをセットで考えることで、
ハーモニーの明確な関係を合理的に把握できるようになるのが売りです。

長調と短調を脱した無調性の曲や
メロッディクマイナーやハーモニックマイナーに関しても
かなり深く掘り下げているので、
より高度な曲を書きたいという方にもお勧めです。


ポップス、ロック、ジャズ、フュージョン、民族音楽、シンセサイザーミュージックなどの
各ジャンルの作曲解説本ではなく、
それらの土台となる基礎音楽理論の習得に終始しており、
各Chapterごとに問題や練習課題を行いながら
基本音楽理論をしっかりと学んでいくというスタイルです。


アーティスト系(バンドスタイル)の作曲をなさっている方や
BGM系の劇伴音楽の作曲家を目指してらっしゃる方、
つまりプロ志望の方向けの本格的な内容で、
なるべく平易に簡単に書いたつもりではありますが、
真剣に作曲を学ぶ気持ちがないとちょっと難しいかもしれません。
(簡単な作曲本をご希望の方はこちらがお勧めです。)


体験版で全体の1/3くらい読めますので、
ご興味がおありの方は目次や中身を確認なさって下さい。


作曲をするためにしっかりと音楽理論を学びたいという方の
お役に立てれば幸いです。







パソコンで始める日本一簡単なDTM作曲本の誤字脱字修正修正を行いました。

買って下さった方へはしょうもないミスが多くて申し訳ないです。


http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ091020.html
DLsite様販売ページ。


登録ユーザー様は無期限で再ダウンロードができるようになっているとのことですので、
お手数ですが、購入ページにて本体ファイルを再ダウンロードして頂くことが可能です。


ゲストユーザー様はお買い上げから7日間の再ダウンロードとのことですが、
既定の日数を過ぎている場合は、
本文最後のメールアドレスにご連絡下されば
サーバー経由にて修正されたファイルをお送り致します。


その際に購入ユーザー様確認のために
電子書籍の巻末の「あとがき」の部分を全文メール本文にコピーしてお送り下さい。


あとがき
本書を最後まで読んで頂き有難う御座いました。云々~の部分です。



あとがきの文章がメールにない場合は、
本体データをお渡し出来ませんのでご了承下さいませ。


残りの書籍も随時改訂の上、
再アップロードしていきますので宜しくお願い致します。