オンナを活かす!ホンネで生きる! 自由奔放のススメ

オンナを活かす!ホンネで生きる! 自由奔放のススメ

せっかく女性に生まれたのに、女を受け取り拒否していませんか?
自分の中のオンナを解放すると、あらゆることのバランスが取れて、ホンネにアクセスしやすくなります。オンナを楽しめる人が増えるよう、撮影会やお話会でプッシュしていきますよ。

〈提供中のサービスについて〉


丸あなたらしい瞬間、姿を撮影します
リンクあなたの良さをじっくり引き出す☆マンツーマン撮影


丸まるで読む「情熱大陸」?!とウワサの…
リンク共感を生み、ファンが増えるインタビューライティング


丸曼荼羅と宇宙画のネットショップ
リンクことほぎ~曼荼羅と宇宙画~


 わからない事、ご質問などがございましたら
 メールpeace.of.mind1116@gmail.com
 までご連絡下さい。

みなさん、お久しぶりですー。

お元気ですかー??

 

 

私は、いつも通りに暮らしています。

多少のアップダウンはあれども

内面的にもほぼ静かな状態。

 

 

 

 

最近では、今まで以上に内側の世界を漂うようになりました。

外界との接触を最小限にしているというか。

もちろん外に買い物に行ったりはしています。

パートもしていますし。

 

 

必要以外は極力やらないようにしている、というだけですね。

 

 

たぶん、誰でもいいわけじゃなくなったんだと思う。

どこでもいいわけじゃない。

 

 

この人!!

ココ!!

っていうのがないと動かないってだけで。

 

 

やはり私は少数派なのだなー。

友達も多けりゃいいってもんじゃなく、

この人だーと思う人と(できれば)長く付き合っていきたい。

だけども囲い込むつもりもなくて、合わなくなったら離れたらいい。

そこは流動的でいい、というかそうなるだろう。

 

 

いつまでも友達でいようね♫

なんていうのは、重くて仕方ないし

身動きが取れない気がして非常に窮屈。

 

 

誰にも何かを制限することなど不可能なんだもの。

 

 

 

 

今年に入って、某ウイルス騒動で自粛だなんだと

不自由な状態が続いて、私がわかったこと。

 

 

不自由、制限というのは人が作り出しているものだ

ということ。

 

 

もっと言えば、

自分自身が作り出している

んですよねぇー。

 

 

枠、囲い、制限、不自由…

それらは全て、幻想なのかもしれない。

そしてそれに自ら囚われていってる。

 

 

1ヶ月くらい前だったでしょうか??

ある芸能人の不倫が話題になってました。

名前忘れましたけど(興味ないから)、男性でした。

 

 

お昼ご飯の時に、テレビをつけたら

それに関してやっていて。

ある女性のコメンテーターが喋ってた。(芸能人です)

相手側の女性に関してとても辛辣な、私からすると冷たいコメントをしていました。

 

 

たぶん、不倫された側の奥さんの立場にたって

コメントをしていたんだと思うんですが

ここで私はすごく不思議に感じたんです。

 

 

不倫ということは、相手がいることで成り立つので

不倫「された側」の女性と、「した側」の女性は同数いるはず。

なのになぜ、多くの人は「された側」の立場に立つのだろう??

「した側」になる可能性は考えないのだろうか??

そこを考えたら、そこまで辛辣なこと言えないよね??と。

 

 

私は、自分が経験して、色々と感じて考えて…

そして私なりの結論として

 

 

「結婚」「夫婦」なんてただの箱、呼び名である。

 

 

というのを導き出したのね。

 

 

 

結婚したから幸せなわけでもないし

夫婦だから安心なわけでもない。

「結婚」したこと、「夫婦」であることに

安心してしまい、そこに胡座をかいてしまうと

その重みで壊れることだってある。

 

 

つまりは、「関係性」についたただの「呼び名」なだけ。

 

 

そこに縋り付きすぎなのかもしれない、今の日本人は。

そこに多大なる権威があると思いすぎなんだろう、今の日本人は。

 

 

そうなると、「不倫」っていうのもただの「呼び名」。

ただの呼び名に意味を持たせすぎ。

「母親」「妻」「嫁」「成功者」「ビジネスマン」…などなど。

ぜーんぶ、呼び名。ただの呼び名。

そこに絡め取られる必要なんてない。

 

 

母親だから、母親なのに

妻だから、妻なのに

嫁だから、嫁なのに

成功者だから、成功者なのに

ビジネスマンだから、ビジネスマンなのに

 

 

そうやって自らを狭い殻の中に閉じ込めなくてもいい。

呼び名にそこまで大きな意義を与えなくてもいい。

 

 

 

そんな外側のことに囚われるんじゃなく

自分がどうしたいのか?

が大事なんじゃないかなぁ??

 

 

自分の内側を見つめてみて

どうしたいのか?どう思っているのか?

聞いてみて、その都度対処する。

それで良いのではないかなぁ??

 

 

まぁ、私はぶっ飛んでるのかもしれないけど

一つ言えるのは、ぶっ飛んでるかもしれないこの考えに至ってから

私はすごく楽に生きられるようになった、ということ照れ

 

 

なんか、このことはね

ブログに書かなきゃ!!ってすごく思った。

ってことは、どこかにこれを必要としている人がいるってことだよね。

届くといいなぁーラブラブ

 

 

ブログを書かなくなって久しいです。


そのうちにコロナ自粛も解除され
学校も普通に始まり、パートも再開して
一見、いつもの毎日が戻ってきたような感じになりました。


でも、違うけどねてへぺろ


自分の中での時間の流れが
ゆったりでもあり、早くもあります。
(どっちだよ!って感じですがあせる


意識してゆったり過ごしたり
ゆっくり物事を進めたり。


逆に好きなことや集中してやることは
時間があっという間に過ぎていきます。


こんなことも始めてみましたよ(^^)













そうです。
デジタルで曼荼羅を書いてます。


タブレットをゲットしたので
試しにペンを買って描いてみたんです。


そうしたら!
もう面白くって!!
1時間くらいで描いたもの
2時間かかったものなどありますが
めっちゃ集中です。


全集中・常中です。


曼荼羅だけでは飽き足らず
こんなタイルっぽいのも描いてみたり。







可愛くないですかー??ラブ
自分で描いておいてなんですが
もうめっちゃ好きラブラブ



↑こちらは、昨日描きたてホヤホヤの曼荼羅さん。
これは、1時間かかってないです。
だんだんコツが掴めてきたのと、操作に慣れてきた影響かな?!


今は、創作し、生み出すのが楽しくて心地良くて。
どんどん描いてます。
もちろん手描きのも間に挟んでやってますよニコ


湧き出てくるものがあるうちは
生み出すことに集中したいと思ってます。


では、またー。

おはようございます。

 

 

今日は、待ちに待った「分散登校日」照れ

私も娘さんも大喜びでこの日を迎えました。

 

 

うんうん。

やっぱり友達と会いたいもんねー。

 

 

でもね、11時半までなんだよねーガーン

「えーーっ??」って娘さんも言ってたけど

うん、お母さんも思うのよ、「えーーっ??」って(笑)

 

 

そんなこんなで、1人でゆっくりする時間が持てたので

少し頭を使う記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ブログでもちょこちょこ書いてきているのですが

やっぱり、自分が抱く違和感は無視したらダメよ。

たとえ、めーーっちゃ小さなものだとしても。

しょーもない、と自分で思うものだとしても。

湧いてきた違和感をささっと流してしまってはダメ。

 

 

風の時代(今年の12月22日からだったかな?)を

生きていくには、きっと必要なことなんだと思う。

今、そこに適応するための禊的なものが個々に起こってきているのだと思う。

 

 

私に起きているのが、タイトルにもあるように

針の穴ほど小さな違和感でも無視してはいけない

ってことで。

そこを丁寧に丁寧にすくい取ってあげること。

それが今私が私にしてあげることなんだなぁと。

 

 

このコロナで自粛の時期は、「違和感」を覚えるシチュエーションが

多かったと思います。

え??私はそう思わないけどな。

何でみんなこれをやっているんだろう??

ちゃんと自分で考えてやっているのかな??

そんな風に感じること、多くなかったですか??

 

 

 

 

私が一番最初に「あれ??」と感じたのは

あの有名な「マスク2枚配布問題」(笑)

 

 

まずは、めっちゃ怒ってる人多いやん!って思ったし

拒絶のエネルギーもすごいなぁと思ったし。

でも、違和感を覚えたのはそこではないの。

 

 

SNSをしている人なら見かけたことあるかもしれない。

マスク2枚配布をおもしろおかしく揶揄するつもりだったんだと思いますが

誰かが作った「サザエさんの家庭には足りなさすぎる」と言って

載せたこちらのパロディー画像。

 

 

 

 

面白がっている人、多かったですけど

私は、全く面白くなかったです。

 

 

と言うか、悲しくなってしまった。

 

 

これは皮肉というより、「バカにしている」と感じました。

私は、ですよ。

 

でね、こちらの画像を載せて面白がっていた

とある有名なスピリチュアル系の方がいらっしゃいました。

 

 

私は、それまではその方のことを結構好きでしたので

ブログなんかもよく読んでいました。

でも、その投稿を見て一気に幻滅。

なんか今まで書いていた、色んな投稿や記事さえも

嘘くさく感じてしまったし、素敵だとは思えなくなりました。

 

 

何でしょう??

書いていることに「捻れ」みたいなものを感じてしまった。

素晴らしいこと書いてるけど、あぁ、本質はそうなのか…と。

 

 

「平和」を主張するために「戦争」や「争い」を

批判したり否定する必要はないんです。

ただただ、平和を望んでいるってことや

平和の良さを伝えていればいいわけで。

 

 

何かを否定して、成り立つ理論や主張って

結局は「自己承認欲求」なのではないかな…と。

 

 

別に自己承認欲求が悪いわけじゃないです。

そこをわかっていてやっているかどうか?が大事なんですよね。

 

 

で、色んな方が載せているものだから

シェアしたりリツイートしたりする人も多かった。

皮肉ったり、面白がったりしている人が大半だったけど…。

次に私が感じたのは

この人たちは、本当に面白いと感じてシェアしているのか?

影響力のある人が書いているんだから、面白がってもいい

皮肉っても良いんだ!と思ってやっているんじゃないだろうか?

ってことでした。

 

 

日本人は良くも悪くも

みんなでやれば怖くない

的な意識を持っていると思います。

 

 

あの有名な人も、自分が素敵だと思っている人も皮肉っている、

面白がっている。そう思うのは普通のことなのだ。

じゃあ、私が皮肉っても面白がってもおかしくないし

ここなら負の感情をぶちまけても大丈夫なんだ!

と思ってやった人、そこそこいるんじゃないかな?

って感じたんですね。

 

 

たくさんの人が面白がっているから

面白く思えない私がおかしいのか?冷めているのか?

って思ったりもしました。

 

 

でもね…

やっぱり面白くないものは面白くないし。

不快に感じるものは感じてしまう、仕方ない。

そういうのが私は嫌いなんだもの。

そこは、自分の感覚や思いを拾ってあげよう…

結論はそうなりました。

 

 

笑いのツボとか、感じ方、感覚、価値観…

そういうものが合うかどうか??って

今まで以上に大事になってくるんだろうなー。

そう感じた出来事でした。

 

 

明日から39の都道府県で「緊急事態宣言」が解除となりますね。
 
 
おそらく滋賀でも来月からは、学校が通常スタートするのでは?と思ってます。
とりあえず、来週から分散登校が始まります。
 
 
学校の通常運転…やったーやったーラブラブ
学校が始まるのは、とっても嬉しいけど←自分のペースで物事を進められるから
会社とかそういうのは、もう元には戻って欲しくないなぁーと思う。
 
 
 
 
経済活動は始める必要があると思う。
だけど、どれもこれもコロナ以前の状況には戻して欲しくない。
 
 
この強制的な自粛生活で気付いた人も多いんじゃないだろうか?
 
 
いかに私たちが余計なものを持ち過ぎていたのかを。
いかに私たちがものに振り回されていたのかを。
いかに私たちが自分たちの事しか考えてこなかったのかを。
(他人のことを考えろというより環境とかに配慮してこなかったってこと)
 
 
このところの私の生活は、とても静かでした。
子供に振り回される(自分のペースを守りきれない)ことは
あったりするけれど、「あ、もう迎えに行かなきゃ!」とか
「帰りに買い物して、急いでご飯作らないと!」とか
時間に追い立てられるシーンは格段に減りました。
 
 
頭の中が騒々しくない。
 
 
朝起きて、足揉みして、トレーニングをして
ご飯食べて、ぼんやりして、子供が課題をしている間は
雑誌を読んだりぼんやりしたり、妄想したり(笑)
課題が終われば、買い物に行く時は行って。
お昼ご飯食べて、その後は自由時間で絵を描いたり
 
 
繕い物したり
 
 
 
新しいことをひらめいたら、やってみたり。
 
 
写真を撮ってみたり。
 
 
もともと、外にガンガン出て行くタイプではなかったけど
今回のことで、私は内的世界を満たして行くことが好きなのだなぁ
よーくわかりました。
 
 
外に出てばかりだと、分散しちゃうんですよね、自分のエネルギーが。
ここぞ!という時にお出かけはしたい。
 
 
少し涼しくなってきたら、家庭菜園の様子を見たり(庭にあります)
雑草を抜いたり、花がらを摘んだり。
1〜2時間は経ってます(笑)
 
 
なんてことない毎日なんだけど、とても自分の中が穏やか豊か
 
 
外で草抜きしてると、
あれ??去年まではこんな鳴き声の鳥がいたっけな??
鳴き声のバリエーションが増えた気がするなぁ。
なんて思うことが多いです。
 
 
世界中の空気が綺麗になったとか言われるし
日本も例外ではなく、かなり環境が良くなったのかも。
人間以外の生き物たちにとって。
 
 
そうだとするなら、コロナ以前に状況を戻してしまうのは
とても勿体無いことだし、愚かなことだとも思うのです。
 
 
今回のことから、何も学んでいないの??と。
 
 
 
 

 
個人としても、一生懸命回し車をカラカラしている様な生活には戻りたくなく。
(以前は、そうだとも思っていなかった。動き回るのが当たり前で
そこに違和感さえも持っていなかった。)
今回、のんびりしてもいい機会を与えられて、
私は果てしなくのんびりした時間を過ごすのが好きなんだと
私の周りの時間の流れは、非常にゆったりしたものなんだと
痛感しました。
 
 
頑張ってたんだなぁー…。
 
 
内的世界をどんどん満たして、自分の生み出すものたちに
果てしない愛情を向ける…ってことをこれからはしていきたい。
言い尽くされた言葉かもしれないけど、全ては「愛」から始まるんだよね。
 
 
そんな感じーニコニコ

前々から感じてはいたのだけど、

このコロナシーズン(?)になってから

さらに強く感じていること。

 

 

それは、

「排除」という考えでは上手く回らない

ってこと。

 

 

 

 

何かを失くしてしまおう

ということは、それの存在自体を否定しているということで。

 

 

それを取り入れるというか、受け入れることを拒否しているってことで。

 

 

異質なもの、自分とは関係ないものとして

自分と分離させてしまっている。

 

 

それではいつまで経っても馴染まない。

 

 

(これ、去年の写真だからね)

 

 

コロナウイルスを失くそう、排除しよう

としても意味がない…と私は思っていて。

 

 

失くすために、例えば除菌をしまくるとか

消毒しまくるとか…そういうのって

結局、その排除しようとしているものを

ますます増長させているのじゃないかなーと思うのです。

 

 

それは必要な菌さんたちも一緒に殺してしまってるから。

何かを排除しようとするあまりに、必要なものまで

奪い去ってしまっていないか??

 

 

これって、自分に置き換えてみても当てはまることだったり。

 

 

自分のこういうところが嫌だ

ここは欠点だ

ここを直したい

って思うところを改善しようとするあまりに

「自分らしさ」を失ってしまったり

「人間味」がなくなってしまったり

「親しみやすさ」がなくなってしまったり。

 

 

感染拡大を防ぐために県を跨いで移動することを自粛させる。

→県外の人たちを排除、排斥といったムードになる

→県外ナンバーの車に罵声や破壊行動など

これで何が残りました??

 

 

嫌な気持ち、ピリピリしたムードだけが残ったんじゃないかな??

まるで県をまたいで移動することが犯罪かの様に扱われる。

 

 

あまりにも強い排除、拒絶は何も生み出さない。

 

 

私個人の考えですけど、今回の感染症をある程度収める方法は

集団免疫と特別視し過ぎないことかなー?と思ってます。

 

 

WHOが言ってるから

テレビで言ってるから

偉い人が言ってるから

といって鵜呑みにするのではなく

自分で考える力、キャッチする力も問われていると思う。

 

 

排除ではなく、受け入れる意識を持つと

自分も楽になれるし、上手く回り出すんじゃないのかなぁ??