2012-04-21 10:49:10

レンズのお話3・・明るいレンズって何?

テーマ:撮ってみようよ!
レンズの絞りは一気に光を通す量をコントロールする機構で
大きく穴が開いた状態が一番光を通しやすくなります。

$汗っかきカメラマン東奔西走



この状態を「レンズの明るさ」と言っています。
つまり絞り開放の時のFの値が「レンズの明るさ」です。

それがレンズの型式にある「F(エフ)」という
数値が記載になります。

$汗っかきカメラマン東奔西走


このレンズなら「AF Nikkor 85mm F1.8D」とういう型式で
このF1.8の部分が「開放絞りでF1.8の明るさ」と示しています。

Fの値はレンズの設計によって変わり
同じ焦点距離のレンズでもFの値が違う・・という事がたくさんあります。

例えば同じ焦点距離50mmでも開放絞りFは
1.4の物や1.8の物、F2の物もあります。



Fの数字が小さいほど穴の直径が大きくなるので
一気に取り込める光の量が多くなります。

なので開放の時のFの値が小さいレンズを
「明るいレンズ」と言い
反対に開放F値の数字が大きなレンズを
「暗いレンズ」と言います。






どこを基準に明るい暗いを決めるという線引きはありませんが
Fが「2.8」より小さければ明るいレンズと呼べると思います。
(ただし50mmは「1.4」程度でないと明るいとは言えないようですが。)


50mmレンズの話が出たところで
実際の例を見てみると
同じ焦点距離50mmのレンズで
開放絞りがF1.4とF1.8の物の比較。


$汗っかきカメラマン東奔西走


左がF1.4、右がF1.8の50mmレンズです。

AFオートフォーカス用、MFマニュアルフォーカス用の違いや
設計時代が違うといった差はありますが
一番大きな違いは、上から見ると一目瞭然で

$汗っかきカメラマン東奔西走


レンズの大きさが全く違いますね。

明るいレンズは前玉と言って
一番外側のレンズの口径が大きくなります。






またズームレンズなどで焦点距離により
Fが変わるものもあります。

$汗っかきカメラマン東奔西走


上記の写真のレンズでは
広角17mmの時はFが2.8の明るいレンズですが、
望遠側の70mmの時はFが4.5まで暗くなるレンズを指しています。

70mmで使う時はF2.8にはならないので、
望遠になるほど暗い環境には不向きになります。





ズームレンズでも広角側も望遠側も
Fが変動しないと言うレンズもあります。
絞りリングの有無で表示した画像のレンズがその例で
$汗っかきカメラマン東奔西走


こちらは右側が 28-70mmm F2.8
左側が24-70mmF2.8です。
24mmや28mmの広角で使っても
70mmの望遠で使っても開放絞り時の明るさは「F2.8」のままです。

開放F値が変わらないズームレンズは
大型で重量もあり、レンズ自体も高価です。
またズーム倍率も3倍くらいまでで
あまり広くなりません。

しかし望遠側でも明るさを維持するので
暗い場所での撮影にはやはり強く
後で説明する「ボケ効果」が充分に期待できます。


17-70mmの様にF値が「2.8-4.5」というように
使う焦点距離によって変動するレンズは
ズームレンズの中でもコンパクトに設計できて
ズーム倍率も大きくすることができます。
18-200mmなんて10倍を超えるようなレンズもあります。


絞りが望遠側で暗くなってしまうので
●手ぶれが出やすい
●ボケ効果が少なくなる
と言ったデメリットがあります。


・・が

なんてったって製造コストを抑える事が得意で安価です。
それにマクロ機能と言って小さな物を大きく撮れる様に、
近寄って撮る事ができる機能を付けたりもできたりで
使い勝手の良いレンズになりやすいです。


明るさVSコストパフォーマンス・・・と言った所でしょうかね。



私の場合ですが
スナップ撮影や旅行に持って行くときは
Fが変わるズームレンズのみを持って行きます。
10-20mm/3.5-4.5と18-135mm/3.5-5.6の2本。

作品撮りとかじっくり撮る場合に
14-24mm/2.8と24-70mm/2.8、70-200mm/2.8に
50mm/1.4

50mm/1.4とかは赤ちゃんの優しい肌の
ふわふわ感を撮るのにはドンピシャです~。



あ!・・・言っとかなくちゃですが
開放FがF2.8のレンズをF8で使った時と
開放FがF5.6のレンズをF8で使った時の「描写の差」ですが
これはレンズによってまちまちです。

高いレンズでも「なんで?」と思うほどダメなのもありますし
安いレンズでも「おお~!」と思うほど凄いのもあります。

またカメラメーカー純正レンズと
レンズメーカー製レンズの差というのも
レンズその物の「クセ」とか性格の違いみたいなもので
一括りにして良いとか悪いとか言えません。

メーカー純正レンズのほうが
光学的な検査規格が厳しかったりはあるみたいですが・・。

タムロンの90mmマクロとか
トキナーの12-24mmとか
コシナの50mmF2マクロとか
絶品レンズはゴロゴロあります。

ネットで口コミ情報とか吟味してみてくださいね~。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

photo-tomさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。