【津市】ピコニコラルーム・フラワーエッセンスとインナーチャイルドヒーリング

【津市】ピコニコラルーム・フラワーエッセンスとインナーチャイルドヒーリング

私らしく生きる為のセルフケア。日々の気づきや心の仕組みについて綴っています。

ピコモリ&ピコニコラは
フェアリードアという不思議で可愛い妖精の扉の制作販売、出張建付け調整、修理、注文製作をしています

木工雑貨とヒーリング*
ピコモリ&ピコニコラ

◯建具の建てつけ調整、修理、お客様の生活のニーズに合わせた家具等、注文製作承ります。
営業時間
平日10:00~17:00

○ピコニコラルームは
自宅でひっそり営んでいるとっても小さな心と体の休憩場です{http://emoji.ameba.jp/img/user/ja/jane-marple/12564.gif}

ピコニコラルームお問い合わせ
http://ws.formzu.net/fgen/S11425026/

経歴
2014年10月ヒーリングルーム・ピコニコラを開業。
アロマ資格講座、フラワーエッセンス、直傳靈氣療法士。
メディテーションソルト制作販売。ペンデュラムをはじめとするヒーリンググッズの販売。
2016年より、ピコモリ&ピコニコラとしてフェアリードアの制作販売をはじめました。

長年、繊細な自分の性質を知ることなく過ごし、自分自身の体調不良に直面した過去から、
本格的にヒーリングを学び、心身の浄化やケアの方法、自然療法やヒーリングを通じて知ったこと、自分が自分として心地よく生きるアイディアを提供しています。

また、このブログでは、自分自身の体験談や日々の気づきを配信しています。
ココロと身体と魂の健康について、気の向くまま綴っています。

◆◇◆

“キラキラ光る目で世界中を見つめてください。

なぜなら最高の秘密は常に最も思いもよらないところに隠されているからです。

魔法を信じない人は決してその秘密を見つけられないでしょう。”




テーマ:
そして今日はいつもお世話に真理子さんのサロンへ。

リフレでほぐしてもらいました。




足裏の反射区は面白いなぁ。
あちこち押してみよう♬



帰宅後、すごく眠くなり、
身体が休息を欲してることを感じました。



足裏を刺激して、温かくして寝ようと思います。

たまのメンテナンスはとても大事ですねぇ。
私は痛みや苦痛に対する体感が薄いので
とても助かります。


真理子さんいつも、ありがとう〜〜☆。.*・゚




(実はもう一つ、最近やり始めたメンテナンスがあるんだけど、それはまた後日、ゆっくり書きたいと思っています(^ ^))



チラッ( ღ'ᴗ'ღ )











テーマ:
昨日は、久しぶりにカフェに行きました。

津にある、ツァラトゥストラはかく語りき。
ニーチェさん香る、なんだか素敵なカフェ。



以前から気になっていて
行ってみたかったのです。


しるさんとお茶したいねーなんて、
以前から話していて
やっと実現しました。


さぁ、どんなお店かしらと
若干迷子になりつつ着きましたが



見つけました。駐車場もありました。
看板も面白い。



こんな写真を撮りたくなる
そんな看板とお店。

この日は
久しぶりに赤い服だったのです。

写真ではほとんど見えないけれど。





こんな赤はエネルギーが要るので
なかなか着れない。

最近のお気に入り。
mercibeaucoup, のニット。




現地集合で、待ち合わせていたのですが
なんと、しるさんも赤い服でした。
((´∀`*))



二人とも真っ赤。
派手な二人。


お店の店主らしき方が
『どこかのかえりですか?』と。
『いえいえ、目的地がココです。』と、私たち。


店内中央にはレコードプレーヤーがあり、
ずーっとナイスな音楽が響いていました。


本もたくさんあり、
落ち着いてゆっくりお喋りできました。



母が亡くなってから忙しかったし、
落ち着いた今は、ホッとしたのか疲れが出てきていて、出かける気力もあまりなくて
引きこもっているのですが、
少しずつボチボチ出かけてます。楽しかった。



文学とか音楽とか
良いですね。



コーヒー美味しかったし、
器が素敵でした。




















テーマ:

自己啓発や、スピリチュアル

自分を癒す事、本当の自分、、、

 

などなど、ハマっちゃうと

自分を癒すんでもなく

成長させるんでもなく

自分をいじめるような

まるで修行のような方向に

行ってしまっている。


そんな方を見かける時もあるし

自分でも、そんな時があります。



 

良くなろうとすることは

素敵な事だけど

 

よくない自分を排除する必要はない。

私は思うんですよ。



私もついつい、

良くない自分を排除しようとしてしまう傾向にありますが、、、



“良くない自分”っていうのだって

自分が勝手にそう決めてるだけで、

そんなものも幻想だったりしますね。


 

パートナーシップ、お金、

人間関係、コミュニケーション

人の悩みは大昔から変わらないらしいけど



〇〇のブロックのない自分を

目指さなくても

良いような気がするんですよ。



 

子どもの頃から、

こんな事ではいけない!と、常に焦るような気持ちと一心同体った私は 

 

すぐに

自分いじめに走ってしまうというか、

自分を苦しめている原因探しというか、

問題探しというか、自分探しというか、

そういうことに躍起になりがちでした。

 


つい自分を監視して

正しい自分になろうとしてしまうんでしょうね。




それが苦しいので、

少しずつ学び、気づき、

解放していく作業をぼちぼちやっているのですが、


それでもついつい、

自分を監視してしまう。

正しいことを目指すという方向に

いつのまにか、陥っていたことも

何度もありました。






最近は


苦しい感情が出てきた時には


“そのままただ眺める”

ということを意識しています。



 

苦しむということも

悲しむということも

痛みも


感じたくはないと思うような体感だって

自然に起こること。




起こることは

起こるままにするのがいいですね。






 

私は、喜怒哀楽が苦手で

特に怒りや悲しみを感じにくい性質です。

 

これは、

私が、悲しみや怒りといった、

自分の痛みを表現することを

許されない雰囲気の家庭で育った事が

関係しているんだと思います。


 

泣いたり、怒ったり、笑ったり

自分の感情そのままでいることを

母から良く思われず、

いつも母の機嫌に沿うようにしていたため、

自分の気持ちは我慢することが癖になり

私は自分の気持ちが分からないことに

ずっと苦しんできました。



 

特に、怒りや悲しみといった

ネガティブで、強い感情に対しては

それを出すまいと、無意識になんとかしようとするんだと思います。

 


なにか感情が動いたその時、

自分の気持ちや感情に対して、

その場に対応しようと

常に、オロオロしている自分が居るのを

感じます。


 

その自分は

常に平常心でいることを求められて、

常に頑張ってきた自分なんだろうと思います。

 

 

その自分は

つねに自分を見張って

自分を保とうとしていたんだろうな。

 

 

常に自分を見張る自分は

理想の自分じゃない自分を見つけては

自分をけなしたり、いじめたりする事があります。



自分なんてダメだとか

バカだとか。こんな事ではいけないとか。

 なんとかして排除したいのだと思います。

 それは、

“ 弱い自分や、相手を困らせる自分を

見せないため ”であり、

そんな自分を感じたくないのでしょうね。



 

自分を見張る自分というのは、

ある意味、嘘つきな自分なんだと

思います。

 

 

そんな自分を

昔はやっつけようとしたいたんだけど

今はその人格ごとそのままです。



 

だって、頑張ってたんだもの。




許してあげようという気持ちに

至りました。

 

 

まぁまぁ、一緒にお茶でも飲もうよ。

そんな気持ち。

 

 

そうだよね、

慌てるよね

 

あー、苦しいんだね。

悲しいよね。

混乱してるね

とかなんとか

 

ただ眺めて、

そのままの私で居ます。

 

 

すると、あれこれ考えるよりも

ふっと肩の力が抜けて

良い調子です。

 

 

 

ブロックの外れた

何者かに、なる必要もなくなって

ホッとします。


 

自分が安心して

くつろぎ、自由な気持ちで居られるのは

幸せです。

 

 

自分と仲良くなるというのは

とてもゆっくりで

時間のかかることですが

 

ほんの些細なこんな気持ちの変化を

大切にしていきたいなぁと思うんです。

 

 

 


今日は天使みたいな雲がたくさんでした。


 

 





◆◇◆

*ピコニコラでは
心の傷の回復に役立つ
自然療法やヒーリングの提供を
させて頂いております。
夫の木工房ピコモリさんと一緒に、
フェアリードアという
妖精の扉の制作販売を
しています。*


【問い合わせ】

ピコニコラルームは
現在お休みを頂いております。
再開までもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m


テーマ:


ふいに、どこからか、

映像や言葉が
頭の中に見えてくるコトがあります。


 
思いつくのと似てるけど
思いつくのとは少し違う感じです。

 
 
8月だったかな、春だったかな
去年だったかな、
台所で、お茶碗を洗っている時に
不意に見た景色がありました。


その時見たビジョンが
本当に綺麗だったんです。


 
 
それはですね


星空のように点々と
キラキラ煌めく私たちの姿。

 
 
私たちは星空を
美しい〜!と、見上げるけど


 
神さまからしてみると
私たちの魂は
あの星空と同じくキラキラと煌めいていて
 
そして、
愛おしいそうです。


 
本当に本当に美しくて
掛け替えなく
愛おしい光の点々でした。



◆◇◆

*ピコニコラでは
心の傷からの回復に役立つ
自然療法やヒーリングの提供を
させて頂いております。
夫の木工房ピコモリさんと一緒に、
フェアリードアという
妖精の扉の制作販売を
しています。*


【問い合わせ】

ピコニコラルームは
現在お休みを頂いております。
再開までもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m


 
 
 

テーマ:

子どもの頃から小難しいことを考えるのが好きで

なぜ、人は生きるのだろう?


なんてことを、考えていました。




こんな歳になっても

生きる。ということの、意味は未だに

分からないし



もしかしたら、

そうハッキリしたものでは

ないのかも知れない。

 



けど日々の中で 




風の吹く時

 


生きてて良かったと思える瞬間を

見つけ

味わっていたいなぁと思います。


 

 

私はいつも幸せの中にいるという事を

忘れないでいたいなぁと思います。

 


私の体が喜ぶことや

自分と誰かが笑顔になることを

選んでいようと思います。

 

 

 

家族のいる幸せを

感じていようと思います。

 


それはきっと

すごく些細で

すぐに忘れてしまうような

分からないようなことだから

 


耳を澄まして

心を澄ませて

見つめていたいなぁと思います。

 

 

 

生きていればいいことばかりじゃないので

そんな気持ちになれないような

出来事にだって遭遇するけれど、

 

そんな時は

感じる気持ちのまま

いられたらいいなぁ。

 

 

気分なんてそんなに

長続きするものじゃないから

 

悲しい時に

悲しいって

感じられたらいいなぁ。

 

辛い時には

辛い気持ちを

感じてみたい。

 


私は時々

辛さを感じなくなるほど

混乱するけれど


そんな自分も許せるといいなぁ。

 



庭のワイヤープランツが
家の中に侵入してきました。
(*^m^*) 

この子もウチに入りたいのかしら。


◆◇◆

*ピコニコラでは
心の傷からの回復や
自分を整える自然療法やヒーリングの提供を
させて頂いております。
夫の木工房ピコモリさんと一緒に、
フェアリードアという
妖精の扉の制作販売を
しています。*


【問い合わせ】

ピコニコラルームは
現在お休みを頂いております。
再開までもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m



 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス