子個サル1番の魅力は? | pico2015futsalのブログ

pico2015futsalのブログ

ブログの説明を入力します。

やはり明るいニュースは嬉しくなるな(*^^*)


もはや凄すぎて漫画のようだ( ̄▽ ̄;)

…いや漫画でもこのニ刀流は無理だな。。。



そういえばかつてサッカー界にもニ刀流が…


とりあえず大谷翔平選手には

怪我にだけは気をつけて頑張ってほしいですね。

SNSでニ刀流なんかメジャーでは通じないとか

批判されていた方々なんだか

急にいなくなりましたね(苦笑)



日本政府も納得いく結果さえだせば

批判も少しは減るのではないでしょうかね?





さて。

先週末も盛り上がった子個サルですが

ハイライト動画を作成しました♪




本当にU-9(小学3年生以下)チャレンジ参加組が

毎週のように高学年相手に頑張ってくれていて

↑U-9メンバーによるディフェンシブチャレンジ


おもわずこんなハイライト作ってしまいましたが

(↑5/9(日)U-12子個サル ハイライト動画)


今年度すでにU-12クラスにおいても

MVPを獲得したのは3人目\(゚Д゚;)/

本当に素晴らしいチャレンジです!




もちろんそれはすべて

『失敗を恐れずチャレンジできる雰囲気』

先輩である卒団生物達が代々これまで

築きあげてきてくれたものm(_ _)m


2016年キラリスポーツパークOPENと共に

スタートさせたのが
【子供向け個人参加型フットサル】

〔個人参加〕だからこそ学べることもある。





現在(いま)では全国各地で似たイベントも

増えてきたのはとても嬉しいこと。

しかし
「なかなかうまくいかなくて…」
「子供が全然集まらなくて…」

たくさんの施設の相談等のってきましたが

ほとんどのケースが

『子供達には無理でした…』
・仲間に暴言を吐くケース
・元々の知り合いで結局同じチームでグルになるケース
・親達のほうが興奮して声を出してるケース



かつてこんな動画も作りましたが


やはり
《技術力の前に人間力》なのです。

親としてではなく指導者としてではなく

1人の大人として子供達に伝えるべきことは?




改めて…

お子様にスポーツをやらせている理由は?



今週末もU-12クラスの子個サル開催予定♪

さぁ最高の雰囲気のなか

子供達はどんなチャレンジしてくれるかな?

《楽しい時間は自分達で創る》