人に愛される人に | pico2015futsalのブログ

pico2015futsalのブログ

ブログの説明を入力します。

埼玉県出身の自分にとって

同郷同級生、、そして誇りでした。

河合竜二(埼玉県西武台高校出身)元選手

当時はまだ無名の中澤佑二選手よりも有名だった

河合竜二選手は僕ら同世代からしたら

本当に巧かった。。
 
※2人共に40歳過ぎまで現役だった事は何より誇り(T^T)


っていうより西武台高校メチャクチャ強かった(°∀°;)

あまり負けた記憶が少なかった自分の高校は

直接対決した時は0-2とスコアは惜敗ながら

内容は9:1以上にボッコボコ(苦笑)

試合中に「早く終われ」「もう勘弁してくれ」

と情けないくらいに猛攻に耐えた記憶しか…

※その後西武台高校はインターハイ全国2位に。。

そんな河合竜二選手はすでに引退され

現在はコンサドーレ札幌のフロントとして

セカンドキャリアをスタートさせたのですが

まさかの引退試合を自主興行
(↑自主開催引退試合って?)



本来引退試合って退職金のようなもの。

でも誰もが開催していただけるものではない。

(↑元浦和レッズ福田正博選手の場合?)


河合竜二元選手はクラブスタッフとして

お金がかかるためチームに迷惑はかけないように

さらにチームの未来を考え対戦相手は下部組織。

もしかしたらこのパターンは今後スポーツ界に

大きな影響をもたらすかも!?



…もちろん子供達はただ

「プロサッカー選手になりたい」

と、ぼんやりとした夢ではなく

「プロサッカー選手になる

そのために現在(いま)何をすべきか

いつ(when)までに何を(what)をするのか

24時間をデザインしていってほしいな(*^.^*)

そして願わくはたくさんのサポーターに

愛される選手を目指してください。

プロサッカー選手であっても1人の人間。

《技術力の前に人間力》

人に愛される人に。





さて。

お待たせしましたm(_ _)m

昨日6/2(日)のブログでチラリとだけ先駆けて

掲載させていただいた子供向け個人参加型フットサル
6/2(日)U-12子個サルの様子です♪


もちろん子個サルが始まる前には
「準備」それぞれの考動(×行動)が。

1分…たった60秒…しかしやれることは多々ある。



コミュニケーションアップ【手足頭キャッチ】
①ボール保持者が3人の名前を呼ぶ
②1人目の名前の人(の足)にボールを落とさず投げる
③2人目の名前の人(頭)にボールを落とさず蹴る
④3人目の名前の人がキャッチできたら成功

しっかり自己紹介のうえ誰がどこにいるか把握し

また次の人のことを考えてあげられるかが大切。

もちろん正確にコントロールする技術も重要。
     

お互いに配置を考動してみたり

誰がまだあんまりまわってきてないとか

コミュニケーションを大切にしながら

試合前いっしょに「はしゃぐ」大切な時間♪



では子個サルの様子です。

自由に楽しく蹴らせているからこその

超絶プレーぜひご覧ください(*^.^*)


まずは皆がこだわる先制点
…子個サルならではの6年生に厳しいジャッジ(笑)


コウタ(2年)自ら得たPKを…
素晴らしいコース\(^^)/

さい先の良い子個サルスタート!!



(笑)


全員から『チャレンジ』溢れているのが

伝わりますか?何より楽しそうですよね?(*^.^*)

これが1番です♪



子個サルではファールを受けた本人がそのまま

PKやFKを蹴らせています。

もちろん直接狙うのかトリックプレーにするのかは

自分の判断を大切にさせてはいますが

よく自分は言葉でプレッシャーを与えます(  ̄▽ ̄)
はる(4年)惜しい(゜ロ゜;)スゲェコース

大舞台のイメージは普段から大切ですよね。

するとすぐその直後…

いやハンパないって(  ̄▽ ̄)笑

よし。これでU-23日本代表のイメージばっちり(笑)



まだまだ子供達のチャレンジは続きます!
みのり(6年)のプレス回避から

カイト(4年)のピンポイントパスに

はる(4年)オーバーヘッドパス!!(゜ロ゜;)

しかしこれすら止めちゃうリョウワ(6年)

どこから飛んできた?(°∀°)笑




今回は蒸し暑く「判断」が奪われやすい気候

そして6人制でスペースを創りにくい状況下

各チームはやはり『プレス(寄せ)』を選択。

だからこそ状況判断と瞬間判断が楽しめます♪


パスコースがなさそうにみえましたが

ゆうや(6年)まさかのAKKAパス(゜ロ゜;)
                                               ※空中エラシコパス
いや〜凄い攻防。。。



ソウスケ(5年)冷静にPanna(股抜き)パス!

かんた(6年)も応え再びPannaから最後はリョウ(6年)

みんな良い遊び心\(^^)/



さらに緑チームは人数が少ない黒チーム相手に

良い意味で容赦なく前からプレス!!

ぶんた(4年)ポストプレーから

こうた(3年)見事な展開!!

最後は再びリョウ(6年)が冷静にニアへ\(^^)/

世代を超えまさに
《人もパスもつながる》

もちろん逆サイド「ファー」に走り込んでいた

かんた(6年)もキラリでは

アシストと評価してます♪



前からのプレスに対し試行錯誤。大切なトライ!

スペインでは小学生の頃はGKからのリスタート
必ずサイドバックに渡すという暗黙のルールが。
もちろんほぼその場で奪われ失点するとか。
しかしその【トライ&ミス】こそが
あるW杯においてGKからのパス成功率が 
スペイン代表82%を越え話題になりました。
(日本代表は42%でW杯出場国最下位)



え?気が付きました?

リョウ(6年)しっかり相手目線で先読みしてます。

またかんた(6年)➡️ぶんた(4年)の

アウトサイドダイレクトの兄弟共演プレーに

「おぉ〜!」とはるちゃん(°∀°)はい。可愛い



Panna(股抜き)パス2連発!!

最後はぶんた横取り(  ̄▽ ̄)b

貪欲さ、、大切です。



「(やっと)はいった〜」

と、言っていますがいつもほぼパワープレー返し

きっちり決めるコウキ(6年)


…もちろん全員で積極的に攻め決められたのだから
ピンクチームOKラインだね(*^.^*)



はる(4年)素晴らしいルーレットから

しっかりフィニッシュまで!!

これまた素晴らしいゴール\(^^)/

…コートの片隅で「ジンガ」最高だよコウキ(笑)



せっかくなので1周目からみんな大好き
白熱!!【2分1点勝ち残りゲーム】

みのり(6年)素晴らしいコンディクションから

最後は弟はる(4年)もオシャレに応える!

これ大切(  ̄▽ ̄)b




2周目。

ちょっと頭を使いすぎて疲れてきたからこそ

頭を使うコミュニケーションアップ。

暑くても疲れても「判断」奪われずに!

カイト(4年)良い運びからはる(4年)のフリック

最後はかんた(6年)。味方の動き観てるからこそ!



ゆうや(6年)からあおい(3年)ダイレクト\(^^)/

ダイレクトプレーは状況判断できてるからこそ!

だからもしも外してしまったとしても

空振りしてしまったとしてもOKライン


ゆうき(6年)いつの間にか最前線に(゜ロ゜;)

何気に今回動画見直したら…

1対1でのディフェンスすべて勝ってる(°∀°;)



まき(6年)豪快なシュート!!

しっかりゴール前にこの最後の時間帯でも

3人走り込んでいたのも素晴らしい\(^^)/



ちなみに今回のMVPは昨日のブログでも

先駆けて掲載させていただきましたが
リョウ(6年)
(↑子個サルでよく見かける光景)

自然と6年生が中心になってはいますが

最上級生だからではなく彼ら彼女らは

これまで当たり前のようにコミュニケーションを

こうして大切にしてきてくれています。



リョウはいつもできていることではありますが

試合の合間たった20秒すら無駄にすることなく

負けても負けても提案を続け皆の意見を聞き

そしてピッチ内では誰よりも自ら体現していました。


最後には自らのゴールで決着!

まさに【トライ&ミス】みんなの模範に。

リョウおめでとう\(^^)/

…写真撮り忘れてごめんね(苦笑)




最後のじゃんけん大会までしっかり盛り上がり
※緑チームがリベンジ(笑)


MVPリョウを最後まで写真にうつさないように

かんたが抵抗しますが(笑)


みんなお疲れさま\(^^)/

6月のキラリキッズスクールも頑張ろう!!






1ヶ月無料体験希望の方はご予約お早めにm(_ _)m