こんにちは

さゆまるです  コアラ


クラシックギターと
アコースティックギターの違い

今回は、
アコースティックギターをご紹介しますね!!


一般的に、弾き語りに使われているのが
アコースティックギター(フォークギター)です


主に、コード(左手で同時に何ヶ所かおさえて、右手でジャカジャカしてるやつ)を弾いています


アコギは、コードを覚えてしまうと
クラシックに比べると比較的簡単に
楽しく弾けるまで上達します


右手はピックをもってジャカジャカしたり
指で弾いたりします(アルペジオといいます)


ソロギターと言って
クラシックギターみたいに
メロディと伴奏を1人で弾くジャンルもあります



そして、クラシックギターとアコースティックギターの大きな違いは「弦」です

クラシックギターは「ナイロン」
アコースティックギターは「鉄」です


ナイロンの方が 暖かく まろやかで

鉄の方が キラキラ 元気な感じです


今回はアコースティックギターでの弾き語りを載せますね!!




ピッキング(右手)のアレンジはしていますが
難しい事はしていませんニコニコ


今回も軽くご説明いたしましたが
こんな感じです✨


楽しくするのが1番の上達法だと思います

弾き語りしたいな〜と思われる方

ぜひ1度、お越しくださいね音符


ありがとう

さゆまる