こんにちは!
健康マネジメントスクール
水野雅浩です。

先日、オンラインセミナーを
受講したお母さまから
メッセージを頂きました。

 

 

受講者さまからのコメント

『昨日は「子供の頭が良くなる食事力」のご講義ありがとうございました。

毎日食べている食事や習慣を改めて考えさせられるお話しで、とても面白く、勉強になりました。毎日の食事で体調管理を整え心身共に元気でバランス良く脳を活性化させていくことの大切さを学ばせていただきました。早速、具沢山のお味噌汁、お魚、ちりめんじゃこ、納豆などスタンバイしました^^そして、ひとくち30回咀嚼するように心掛けて食事をしています^ ^「体に良いものは脳にも良い」というお言葉、本当にその通りだと思います。聴かせていただいたお話、本当に勉強になりました。ありがとうございました』

 

 

行動が早い!!
さすがですね^^


・なぜ、魚なのか。
・なぜ、ちりめんじゃこなのか。
・なぜ、納豆なのか。
・なぜ、具だくさんみそ汁なのか。
・なぜ、30回なのか?

・なぜ、朝ご飯なのか?


「根拠」がわかると、
行動ができるようになりますね。



一方で、

「100人話しを聞いても、
 行動できる人は1人。
 
 行動に移すだけで
 99人に勝てる」



という言葉もあります。


子供のためにぜひ、

お母さん、お父さんが
できることから一歩を
踏み出して頂ければと思います。


さて、今日のタイトルです。


【受験】子供の「無言のSOS」を見逃さない


私達が毎日の会話の中で使う
「健康」という言葉があります。

 



そもそも、

「健康」という

言葉の定義を
ご存知でしょうか。



健康の定義には、

WHO憲章や中医など
さまざまなものがあります。


ただ、私がしっくり来た

「健康の定義」は、
あるお坊さんから聞いたものでした。

 




それは、

健康とは、

健やかなこと
康らかなこと

体だけ、ではなく、

心だけ、ではなく

 

体も、心も

ととのっていること

なんですよ

 

と。



な・る・ほ・ど・な~、と。



「体が健やかなこと」これは、
健康診断などでチェックできるかも
しれません。

では、
「心が安らかな」は

いかがでしょうか。



子どもの「心が安らか」かどうか。


・イライラしていないか
・不安な状態ではないか
・ぼーっとしていないか
・集中力が続くか
・眠れているか
・だるそうにしていないか





「子供の無言のSOS」


これは、お母さん、お父さんが
気づく必要があります。




今は、9月も半ば。

2学期
中間試験は10月中旬
期末試験は11月下旬
学年末試験は2月中下旬

あっという間に
テストラッシュ
受験ラッシュの
シーズンがやってきます。


当然、

子どもたちにも「非日常」の
プレッシャーがかかります。


このときに、

あなたの子供が、

学力に加えて、



体が健やかで
心が安らかな状態を

どれだけ

高く安定してキープできるか。

 


このコンディションづくりを
できるメイン・コーチは
お母さん、お父さんです。

 

 

お母さん、お父さんにも

プレッシャーが
かかるシーズンですが、
ここが勝負どころでもあります。


では、

メンタルが落ち込んでいる時は

どうすれば良いのか?

 

 

 

「心の器は、体」

 

と、考えるならば、

 

まずは、

体を元気にするために

食事を見直しましょう。

 

現在、子どもたちは、

コンビニフード

ファーストフード

インスタントフードなど。

 

カロリーが高いので、

お腹は膨れるけれど、

栄養はほぼゼロの

 

 

JunkFoodに

囲まれています。

 

 

JunkFoodは、日本語では

栄養がからっぽな

ガラクタな食べ物

 

 

 

こうした食事を避けて、

・ たんぱく質

・ お野菜

・ 炭水化物
をルーティンとして取ることで

自然と体は回復していきます。

 

と、同時に、メンタルも

ととのっていきます。

 

 

 

これからのシーズンは、

冬期講習なども増えて、

塾に通う時間が増えていきます。

 

後半戦、「崩れない」ように

 

今から、

子供の「無言のSOS」を見逃さない。

 

3食のルーティンの質を高めることを

心がけていきましょう。

 

 

 

 

今までの日本の受験対策では

 

・ 気力(モチベーション、気合、根性)

・ 学力(偏差値、傾向と対策)

 

に割合を割いてきました。

 

しかし、これからは、気力と学力を100%発揮させるためにこそ

土台となる「健康力」が必要です。

 

 

秋冬の受験シーズンに向けて、お役に立てるように、

試験本番で100%の力が出せるよう、健康力を上げる

本を鋭意、準備中です。

 

受験本番まであと、5ヶ月。

 

試験では、積み上げてきたものが支えとなります。

 

コツコツと、子供の健康力を

高く安定させていきましょう。

 

 


受験ランキング

 

 

 

健康マネジメントスクール

水野雅浩

 

★ 参考になりましたら、ぽちっと応援お願い致します。

★ 励みになります!

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

フォローしてね!

 

#健康マネジメントスクール

#水野雅浩

#本番力

#親子でつくる健康習慣

#本番力で受験に勝つ

#受験

 

健康マネジメントスクール代表。予防医学の専門家。ビジネスパーソン/受験生に向けて「パフォーマンスをあげる健康マネジメント」をテーマに講師・執筆。著書『グローバルで勝つ!30代の太らない疲れない7つの習慣』はアマゾン総合1位。『睡眠力』は健康ランキング1位。中央大学法学部卒業後、介護事業の全国展開、香港でのレストラン事業、大手サプリメントメーカーでの商品開発の責任者を経験。「予防医学」「栄養学」「行動変容ヘルスコミュニケーション」を理論と実地で体系的に学ぶ。現在は、トヨタグループ、富士通、中外製薬、岩手銀行など大手企業を中心にビジネスパーソン向けに仕事のパフォーマンスをあげる健康マネジメントの講座を実施。行政では鳥取県、宮崎県、岩手県などで健康経営の導入講座。教育機関では台湾大学・進学塾で受験生・保護者向けに「受験に勝つ、本番力をあげる睡眠力」「頭がよくなる食事力」をテーマとした連続セミナーを行っている。講義では分かりやすくすぐに実践できる内容と満足度97.6%の高評価を得ている。

 

 

著書
講演実績
【企業】富士通株式会社、東レ株式会社、株式会社麻生グループ、株式会社中外製薬、アクサ生命保険株式会社、三菱商事株式会社、JR西日本グループ、株式会社大日本印刷、コカ・コーラボトリング株式会社、大塚製薬株式会社、ネスレ日本株式会社、北日本銀行、鳥取銀行、日本海新聞社、岩手日日新聞社、京都ホテルオークラ、とりねつ株式会社、ソルネット経営コンサルティング、税理士法人中央総合会計事務所、北斗工業エンジニアリング、一般社団法人日本パーソナルブランド協会、株式会社ホーマス・キリンヤ 【労働組合】全トヨタ労働組合連合会(119社)、豊田自動織機労働組合【行政】鳥取県、宮崎県、福岡県、岩手県など 【大学】台湾大学 【塾】公文など多数
保有資格

健康経営アドバイザー(認定番号3000092)東京商工会議所

日本成人予防協会一級健康管理指導員(認定番号H35366)

健康美容情報認定協議会 健康美容アドバイザー認定講師

日本ダイエット協会 ダイエットプロフェッショナルアドバイザー

JADP認定 生活習慣病予防アドバイザー/サプリメントアドバイザー

米国NLPコーチング研究所 NLPプロフェッショナルコーチ

 

 

お問い合わせ

健康マネジメントスクール   代表 水野雅浩

『健康マネジメントで成功は加速する』

 

 [書籍] https://amzn.to/3sPP6QE

 [H P]  http://www.healthylifepj.com/

 [FB]    https://www.facebook.com/healthylifemgmt

 [Blog ] https://ameblo.jp/picniclife

 [Mail]  healthylifepj@gmail.com

 [電話]  080-4295-0405