こんにちは!

健康マネジメントスクール

水野雅浩です。

 

 

先日、

某学習塾の主催で

 

『受験・テストで実力を

 100%発揮するための

 「本番力」食育セミナー』

 

の講師を担当しました。

 


 

この食育セミナーの中で、

 

子供の頭をよくする上で、

 

● 増やしたい食材

● 減らしたい食材

 

について

エビデンスに基づいて

ご説明したところ

大きな反響を頂き、

 

 

後日、ご質問もあったので

別の角度から、まとめたのが

今回の記事です。

 

 

勉強を頑張る子供たちが

本番で、しっかりと結果を残す

ためには、食生活で

 

 

● 何をとりいれて

● 何を避けるのか

 

 

がポイントになります。

 

 

今回は、

 

● 頭に悪いアブラ

● 頭によいアブラ

 

に着目してご紹介します。

 

 

まずは、

 

頭によいアブラ。

 

 

生活に積極的に

取り入れて頂きたい

よいアブラは、

 

オリーブオイル

こめ油など

 

色々あるのですが

 

 

優先順位を

あげてほしいのが

「オメガ3」のカテゴリーの

アマニオイル。

 

 

お魚に含まれる

DHAEPAなども

オメガ3オイルですね。

 

 

UCLA医学部の神経科学者

フェルナンド・ゴメス・ピニーリャ氏は

文献や研究発表をレビューし、

オメガ3を豊富に含む食品は

 

- 脳の健康を保ち

- 認知力を高め

 

Nature Reviews Neuroscience誌は

- 認知力低下を防ぎ

- 気分障害を改善する効果があると

述べています。

 

 

 

先日、ノルウェーの友人と

話をしていて驚いたのですが

 

 

ノルウェーでは、朝食に

子供から老人まで

 

オメガ3オイルを食事と

一緒にとることが

当たり前なのだとか!

 

アマニオイルなどを

スプーン一杯、

食事にかけてもいいし、

 

 

面倒な人は、DHAのサプリメントを

活用するのもよいですね。

 

 

オメガ3はメンタルにも

よいことを考えると

 

「世界幸福度ランキング」で

ノルウェーがTopにくる

理由の一つかもしれません。

 

 

一方、

「頭に悪いアブラ」

 

 

それは、

トランス脂肪酸。

 

 

トランス脂肪酸は、

血管の内側にこびりつく

悪玉コレステロールを

増やしていきます。

 

 

九州大学大学院

医学研究院 

公衆衛生学分野

教授の二宮利治氏は

 

血液の中に

トランス脂肪酸が多いほど

脳のダメージが蓄積し

認知症リスクが高まると

報告しています。

 

 

では、この

トランス脂肪酸は

どこに潜んでいるのか。

 

 

● マーガリン

● バター

● マヨネーズ

● 菓子パン

● スナック菓子

● アイスクリーム

 

 

 

などなど。

 

 

子供に

身近過ぎる

食材ばかり。

 

 

 

「たま~に」

食べるにはありですが

 

 

明らかに

血管や脳に

ダメージがあることが

分かっているので、

 

極力

避けたい食材です。

 

 

受験やテストにむけて

頑張るお母さん達が

できることは、

 

 

家の中に、こうした

「頭に悪いアブラ」を

含む食材を

 

 

そもそも置かないこと

 

これがポイントです。

 

 

だって、

目に入ったら、

食べてしまいますから。

 

 

 

健康マネジメントの

基本は、

 

よい物を少し増やす。

悪い物を少し減らす。

 

この繰り返しです。

 

 

 

亜麻仁オイルなどを

食卓においておいて、

納豆の卵かけご飯や

みそ汁に

 

スプーン一杯、かけるだけで

どれだけ、子供の脳に

プラスになるでしょうか。

 

 

 

お母さんが無理せずに

 

子供のために

できることは

まだありそうです。

 

 

私も伴走していきます。

 

小さな改善を

一緒にしていきましょう。

 

 

 

 

 

今までの日本の受験対策では

 

・ 気力(モチベーション、気合、根性)

・ 学力(偏差値、傾向と対策)

 

に割合を割いてきました。

 

しかし、これからは、気力と学力を100%発揮させるためにこそ

土台となる「健康力」が必要です。

 

 

秋冬の受験シーズンに向けて、お役に立てるように、

試験本番で100%の力が出せるよう、健康力を上げる

本を鋭意、準備中です。

 

受験本番まであと、5ヶ月。

 

試験では、積み上げてきたものが支えとなります。

 

コツコツと、子供の健康力を

高く安定させていきましょう。

 

 


受験ランキング

 

 

 

健康マネジメントスクール

水野雅浩

 

★ 参考になりましたら、ぽちっと応援お願い致します。

★ 励みになります!

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

フォローしてね!

 

 

#健康マネジメントスクール

#水野雅浩

#本番力

#親子でつくる健康習慣

#本番力で受験に勝つ

#受験

 

 

健康マネジメントスクール代表。予防医学の専門家。ビジネスパーソン/受験生に向けて「パフォーマンスをあげる健康マネジメント」をテーマに講師・執筆。著書『グローバルで勝つ!30代の太らない疲れない7つの習慣』はアマゾン総合1位。『睡眠力』は健康ランキング1位。中央大学法学部卒業後、介護事業の全国展開、香港でのレストラン事業、大手サプリメントメーカーでの商品開発の責任者を経験。「予防医学」「栄養学」「行動変容ヘルスコミュニケーション」を理論と実地で体系的に学ぶ。現在は、トヨタグループ、富士通、中外製薬、岩手銀行など大手企業を中心にビジネスパーソン向けに仕事のパフォーマンスをあげる健康マネジメントの講座を実施。行政では鳥取県、宮崎県、岩手県などで健康経営の導入講座。教育機関では台湾大学・進学塾で受験生・保護者向けに「受験に勝つ、本番力をあげる睡眠力」「頭がよくなる食事力」をテーマとした連続セミナーを行っている。講義では分かりやすくすぐに実践できる内容と満足度97.6%の高評価を得ている。

 

 

著書
講演実績
【企業】富士通株式会社、東レ株式会社、株式会社麻生グループ、株式会社中外製薬、アクサ生命保険株式会社、三菱商事株式会社、JR西日本グループ、株式会社大日本印刷、コカ・コーラボトリング株式会社、大塚製薬株式会社、ネスレ日本株式会社、北日本銀行、鳥取銀行、日本海新聞社、岩手日日新聞社、京都ホテルオークラ、とりねつ株式会社、ソルネット経営コンサルティング、税理士法人中央総合会計事務所、北斗工業エンジニアリング、一般社団法人日本パーソナルブランド協会、株式会社ホーマス・キリンヤ 【労働組合】全トヨタ労働組合連合会(119社)、豊田自動織機労働組合【行政】鳥取県、宮崎県、福岡県、岩手県など 【大学】台湾大学 【塾】公文など多数
保有資格

健康経営アドバイザー(認定番号3000092)東京商工会議所

日本成人予防協会一級健康管理指導員(認定番号H35366)

健康美容情報認定協議会 健康美容アドバイザー認定講師

日本ダイエット協会 ダイエットプロフェッショナルアドバイザー

JADP認定 生活習慣病予防アドバイザー/サプリメントアドバイザー

米国NLPコーチング研究所 NLPプロフェッショナルコーチ

 

 

取材/講師依頼など

健康マネジメントスクール   代表 水野雅浩

『健康マネジメントで成功は加速する』

 

 [書籍] https://amzn.to/3sPP6QE

 [H P]  http://www.healthylifepj.com/

 [FB]    https://www.facebook.com/healthylifemgmt

 [Blog ] https://ameblo.jp/picniclife

 [Mail]  healthylifepj@gmail.com

 [電話]  080-4295-0405