【健康マネジメント】 Power to the People | ビジネスマンの「健康マネジメントスクール」主宰

ビジネスマンの「健康マネジメントスクール」主宰

世界のエリートが実践している21の健康マネジメント 水野雅浩


テーマ:

健康マネジメントスクール

水野雅浩です。

 

 

健康マネジメントの講演会のご依頼を頂いた

東北で10店舗の地域密着型スーパーを

展開されている高柳社長と奥様と

フードパワーセンター一関店を見学させて頂きました。

 

 

ホーマスキリンヤグループが展開する

フードパワーセンターは、3.11東日本大震災の後も、

即座に、各店舗が連絡を取り合い

 

(1) 人の被害状況

(2) 店の被害状況

(3) 営業の可否

 

の3点を確認した上で、

店を開け続けた奇跡の店舗です。

 

 

 

3.11の震災当日の様子を伺うと

店舗の商品が乗っている棚は、

重量1トンにも及ぶのにも関わらず、

「紙相撲」のようにトントントンと跳ねたといいます。

 

 

また、店内で揚げ物の調理をしている油は

右に左に大きな波となって揺れたと

お話ししてくださいました。

 

 

そんな中、髙栁社長は

「スーパーは地域のライフラインだ」と

号令をかけ、店を開け続けることに

こだわりました。

 

 

 

また、震災の影響が大きかった

陸前高田には、移動販売で商品を届け、

地域住民の生活を守り続けました。

 

 

胸の熱くなるストーリーが詰まったお店です。

 

 

 

店内には、

「ご来店されるお客さまが、より健康になって頂くように」と

健康志向のポップが沢山!

 

 

 

今後、健康マネジメントスクールとの

コラボ企画でフードパワーセンターを通じて、

岩手県の皆さまがどんどん健康になる

アイデアを出していきたいと思います。

 

 

「全ての働く人に、健康を」

健康マネジメスクール
水野雅浩

 

 

■ 問い合わせ
  healthylifepj@gmail.com
  http://www.healthylifepj.com/

 


■ プロフィール

 

ビジネスマンの健康マネジメント・スクール代表。

健康経営アドバイザー。予防医学の専門家。

著書「グローバルで勝つ!30代の太らない疲れない7つの習慣」はアマゾン総合1位に。介護サービスに10年間携わり、人の「老い」と向き合う。若い頃からの生活習慣が人生の晩年に及ぼす影響の大きさを知る。その後の香港勤務時代ではグローバルで活躍するビジネスマン達が健康マネジメントを実践している姿を見て、日本のサラリーマンとの違いを痛感。日本人に最適化した疲れが取れてスリムになる独自の健康習慣メソッドを構築。週刊ダイヤモンド、プレジデント、医療専門誌安心安全で注目される。現在は企業向けに健康経営の導入支援と、食事・睡眠・運動・ストレスケアを中心とした健康マネジメントセミナーを企業、行政、大学を中心に行っている。 
 

 

 

■ 講演/研修/セミナーのテーマ

 

【経営者・人事部向け】

・ 健康経営「導入」「定着」セミナー

  ~ 導入への7つのステップ ~

 

【健康マネジメントの要諦】

 • そもそも、健康マネジメントとは何か?

 • 時代が変わった、あなたは変われているか?

 • 健康投資と回収のポイントはたった一つ

 • 健康マネジメントが成功する人、しない人は何が違うのか?

 • 健康マネジメントの要諦

    ‐ 食事

    ‐ 睡眠

    ‐ 運動

    - ストレスケア

 • 健康マネジメント「続く人」「続かない人」の違いは? 

 • 明日から何をすると仕事のパフォーマンスが高まるのか?

 

≪時間≫

  ・ 60分 : セミナー+実技  or

  ・ 90分 : セミナー+実技+ワーク

        (受講者が現状、ゴール、コミットメント)
 

水野雅浩 みずのまさひろさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ