【健康経営】 投資家にとって、「社員の不健康」は投資回収のリスク | ビジネスマンの「健康マネジメントスクール」主宰

ビジネスマンの「健康マネジメントスクール」主宰

世界のエリートが実践している21の健康マネジメント 水野雅浩


テーマ:

健康マネジメントスクールの
水野雅浩です。

 

ビジネスマンの
健康マネジメスクール
代表 水野雅浩です。



年が明けて急に温度が下がっています。
お元気でお過ごしでしょうか。


今年は銀行様が主催となり
融資をしている企業の経営者や人事、総務に
対して健康経営を啓蒙する動きが
活発化していきそうです。





実は、15年ほど前、香港で仕事をしていた際に
金融関連の投資家と多く接する機会がありました。

当時、彼らとの会話の中で驚いたのは、
投資先の経営者がどれだけ社員に対しての
健康マネジメントのプログラムの導入を進めているかを
チェックしていたことでした。


当時、日本では
・ 健康は社員の自己管理
・ 健康を犠牲にしても仕事をするもの
という風潮が強く、私もその一人でした。




しかし、投資家の視点は異なっていて、
経営者や社員が健康を大切にしていない企業は
「投資回収のリスク」そのものと見なしていました。


ようやく10年、15年たって日本も
変わりつつあります。

 

しかし、健康経営の導入にチャレンジしたものの

躓いている企業が多いのも事実。

こんなことはないでしょうか。



✔ 社員への説明を画一的な言葉で
  行ってしまった。
✔ 一足飛びに変化を求めてしまった。
✔ プログラム設計が出来ておらず、
  一発花火で終わってしまった。
✔ 納得感がないまま進めてしまったため
  単なる業務過多で逆に反発を
  生んでしまった。

 

 

それは、原理原則の7つのステップを

飛ばしてしまったことが大きな原因です。

 

 

 

 


海外の事例を交えつつ、
日本の健康経営の導入と定着を
支援してきた事例を余すことなく
お伝えしていこうと思っています。

 

今年もどうぞよろしくお願いします!

 

------------------------------------------
社員が元気で長く働ける職場作り「健康経営」
なぜ、成功する企業と失敗する企業があるのか?
~ 導入と定着への7つのステップ ~
-----------------------------------------

 

 

「全ての働く人に、健康を」
健康マネジメスクール
水野雅浩

 

 

■ 講演/研修/セミナー

  お問い合わせ先

  healthylifepj@gmail.com

  http://www.healthylifepj.com/

 

 

■ 拙著

 

 

 

 

 

水野雅浩 みずのまさひろさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス