ぴっきーのうんばらブログ
●漫画・うんばらさんはこちらにまとめています●
      unbarasan
          うんばらさんtwitterもしてます。

ぴっきーによりなんだかうんばらしているブログです。

藻・ぴきもん・藻子・匹子・藻っち…全て私の事です。
 あちこちで見かけられる『』というのはあだ名です…!
 ぴっきー → 自画像がうさぎ・動きが小動物っぽい  小さい → 小動物   ミジンコ  ミドリムシ      

コメントは承認制になっています。
 (ぴっきーやブログ内容に関するもののみ)
当ブログの画像等の無断使用・転載などはお断りしております。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-12-24 03:32:53

黒ミサ2017 ライビュレポ

テーマ:レポ

今年最後のブログになる事間違いなしの今日は

HYDEさんのコンサートのレポです。

映画館からのだけれども・・・!

 

今日のコンサートはこちら、黒ミサ

名前で怪しいと思うなかれ、簡単に言うと

HYDEさんがソロやVAMPS、ラルク等の楽曲を

アコースティックにアレンジし、

クリスマスな雰囲気で静かに座って聴くコンサート・・・(多分)。

 

今までディナーショーのような形で北海道でやってた

そうなんですが、今年遂に東京(幕張メッセ)で開催・・・

い、行くしかなーーーーい!!

 

と、思ったのはみんな同じようで、

見事にチケットはご用意されず。

 

わかってた・・・わかってたよ・・・・!!

 

と、涙を呑むも、ライブビューイングという神の救済措置で

ライブを見る事ができました。

ありがたいよ~~HYDE神(しん)~~~~~・・・!

ちなみに私の行った映画館ほぼ満席、

会場のチケット取れるわけがなかった・・・。

 

会場にももちろん行きたかったんですが、

映画館もとてもよかった。

と、いうのは会場だとどうしても

スクリーンでしか表情が見れない、

それが映画館の見やすい事見やすい事!

表情がはっきり、それも色んな角度から見れて

すんごいよかったです。

おまけに映画館だからみんなマナーが良い。

会場をこっそりどうにか写真に撮って帰ろうという

恥ずかしい人もいない。

若い子からいい年の人まで

絶対一人は見かけるけど、

入場出来る年齢でしょうに恥ずかしい。

 

 

それはさておき、コンサート最高でした。

 

 

今回はラルクのギター、kenちゃんがゲストと発表されており、

ラルクの曲もするとの予告、ものすごく期待しておりました。

とは言っても「HYDEさん」の

「アコースティックなクリスマスライブ」、

ラルクの曲をすると言っても あの曲やこの曲を

クリスマスアレンジして、ゆったりと静かに厳かに

演奏するのかなとぼんやり思っておりました。

 

ところがどっこい・・・!

まさか私の予想が静かに勢いよく

ひっくり返される事になろうとは・・・

 

いやもう!

HYDEさん最高!!

ありがとうございます!!

明日もライビュしてもらえませんか!!

しないですね!!

ありがとうございます!!

 

・・・ではセトリと共に順に行きます。

長くてちょっとファンならではの話になると思いますが、

よろしくどうぞ。

 

0. UNEXPECTED

始まる前にイントロが流れだし、ROENTGEN~~~!!;;

と、期待が高まり過ぎて手を強く握りしめる。

 

ROENTGENとは、HYDEさんがソロ名義になって

初めて出したアルバムのタイトル。(密林

このアルバムを作りたいが為にソロ活動を開始したんだったか、

シングルの曲も数曲入ってるんですが、

とにかくアルバムとして作る事を意識してたんだなぁと

聴いて感嘆の溜息が漏れた珠玉の一枚。

いやもう自分のブログなんで好きに書かせてください。

 

とにかくまぁ私はこのアルバムが大好きで。

ROENTGENの曲、CD以外でほぼ聴いた事がなかったので

嬉しくて嬉しくて・・・!

 

はい、次いきます。

(これは導入として流れただったので0で)

 

1. WHITE SONG

そのままROENTGEN2曲目へ。

今までの黒ミサのセトリ見てないけど

この曲は絶対やると思ってた、感謝~~~~

あ、今更重要な事を書きますが、

会場にオーケストラが入っており、

ダブルカルテット、ピアノ、フルート、あと詳しくはこちら

兎にも角にも豪華なコンサート・・・

「うわあああ、WHITE SONGだ、ああ、あああ~~~・・・!!」

と感激で口を開けてる内に次の曲へ。

 

2. SECRET LETTERS

ROENTGENの最後の曲だったので、

「おおっ、2曲目に!」と驚きつつも

口パクで歌いました、最後のとこ好き・・・。

ちなみに今日のROENTGEN曲は

全部日本語パージョンでした、

Englishバージョンもあるよ!(密林

 

3. Angel's tale

まぁこれは鉄板でしょう!

ROENTGENより、シングル曲。

ミサだからね、冬や雪の曲、アコースティックにしたり

オーケストラ映えする雰囲気の曲が

選ばれてるんだろうなぁ・・・

と思ってたんですよねぇ、このとき特に・・・。

 

4. THE CAPE OF STORMS

えっ・・・うそっ・・・この曲が、えっ・・・!!!

と、激しく動揺した曲1曲目。

いや、ROENTGENの曲なので十分可能性はあったものの、

冬やクリスマスの暖かな雰囲気から離れてる曲だから

入るとしてもまさかこんな初っ端から・・・ああっ、

もう最高です・・・ああ~~~~・・・

 

と、なるくらい好きな1曲で。

涙が出た・・・オーケストラのアレンジがまたもうたまらなくて、

映画を思い出して・・・・

あっ、そう、これ映画の曲で。

DVDボックス買ったね。

今となっては色んな意味ですごい映画だったなぁ・・・(密林

この曲とアダムのHYDEさんが最高に好きでした、

その他については詳しく触れるまい。

 

5. EVERGREEN

これが先にくると思ってたよ!

はー、これHYDEさんのソロ最初のシングルだったね、

棺桶型の8cmCD懐かしい・・・。

3種類とも買いました、今見てもあのケース可愛いし(密林

HYDEさんのアイデアすごいし、

ソロ活動に並ならぬ意欲と

これをやってみたい!のこだわりがあったことが伺える。

 

この曲の時のMCで、金子先生の話をされていて。

(金子先生・・・FAITH(密林)のジャケットを描かれた

  画家の金子國義先生、3年前に他界されている)

先生がラジオでこの曲を聴いて、

「いい曲だなぁ」と何度も聴かれた・・・

という話を・・・

(※ちゃんとした台詞が全く思い出せない)

「人が亡くなると心にぽっかりと穴が空いてね、

それがいつまでも塞がらない。

そういうのがどんどん増えていって・・・

でもそういうもんなんだって最近は思う」

というような事を話していて、

すごーーーーーーく切なくなりました。

 

「亡くなった」と思うとどうしても、

何かぽっかりとした穴が空いて、

唯一無二だったその形は、

何を持ってしてもピッタリ埋める事はできなくて。

そうやって色んな場所に色んな形の穴が空いて、

それがまた、たった一人の

その人を作ってるんだろうなぁ・・・

 

と私も最近思っておりますよ。

 

6. SHALLOW SLEEP

こちらもROENTGENよりシングル曲。

私はこのシングル3つの中でこの曲が一番好きで。

生で聴くとまた寂しさと切なさがぐっと増す・・・

「そっと目を開けて辺りを眺めても」のところの・・・

バ、バイオリン?最高すぎた・・・。

コーラスもプロの男女一人ずつ入っていて、

まぁ素晴らしかったです・・・

HYDEさんを引き立てるあのプロの歌い方・・・

語彙力などない。

 

そしてここでROENTGENの曲は終了、

どこでだったかROENTGENの話があった。

「このアルバムを作ったのはちょうど15年前で、

あの時は精も根も尽き果てた」と・・・

「もう10年はこんなアルバム作りたくないって

言ったらしいんですが、

もう15年も経ったし、そろそろ、ね・・・

あと5年くらい、気長に待っててくださいw」

と笑いながら。

 

こういうコンサートやるときに曲が足りないそうで。

この5年宣言の嬉しかったこと嬉しかったこと・・・

いつまでも待ちます!!

世は解散とかなんか突然色んなことがあるので、

5年先も見据えて

活動宣言してもらえたようで嬉しい~~・・・!

 

7. Forbidden Colors (禁じられた色彩)

本日唯一のカバー曲。

最初にMCでタイトルを聞いた時に

「知らない曲だなぁ」と思ったんですが、

戦場のメリークリスマスだった。

「ロックを聴きながら、暗い静かな曲?も好きで・・・

よく聴いてたデヴィット・シルヴィアンという方が

坂本龍一さんの曲とコラボして・・・

僕のフェイバリットソングになって

何回も聴いてました」

・・・のようなお話を、正しい文が思い出せない。

 

ところで1曲前のSHALLOW SLEEP、

先ほど一部抜粋した歌詞の後に

「There is no color」というのがくるんですが、

ちょっとそこから続いているんだろうかと思ったり。

この曲の時は後ろのスクリーンの映像が、

モノクロになっていました。

戦場のメリークリスマス自体が最高に好きなので、

オーケストラでもうたまらなく・・・ピアノの音で涙でる。

 

8. DEPARTURES

globeの曲をhydeさんがカバーしたあれですね。YouTube

この曲はやはり歌う場所が

こういう場所しかないだろうから、

来るんだろ?来るんだろう~~??

と思っていた節はありましたが、泣きました。

ああ~~~~このアレンジも

HYDEさんの歌声ももう、ああ~~・・・!!

はい。

ここでもMCが・・・冬の曲で好きとかなんとか

・・・だめだ、思い出せない。

 

9. VAMPIRE'S LOVE

ここでVAMPSの曲。

VAMPSの曲はこれ一つでした、

ロックな曲が殆どだものなぁ。

 

ここのMCでVAMPSの活動休止の話にHYDEさんが触れて。

解散じゃなくて、休止ということに希望を持ってほしい、と・・・。

僕も楽しみだったか何だったか、その言葉に涙。

とりあえずHYDEさんも前向きなようでよかった~~~

とうるんだ直後、

それよりもっと問題のバンドがいるんですよねぇ、

と・・・(確かそんな入り)

会場に響く笑い声、

それまで静かで拍手すらみんな躊躇っていた

静かな映画館からも漏れる笑い声。

 

「そっちのバンドはもっと何も決まってないんだよね、

でも今日は一人連れてきたので、

ラルクの気分も味わってもらおうと・・・」

いやこんな台詞じゃなかったかな、

脳内で違う単語にすり替える能力が発達しすぎている。

とにかくまぁここでkenちゃん登場!

 

ああーーーーkenちゃんお久しぶりです!!

元気そうで、相変わらずで、可愛らしい感じで

HYDEさんと仲良しで掛け合いが面白く

二人がとにかく楽しそうで、大変和みました。

もうなんか色々あるみたいだけれど、

二人が仲良く楽しそうで元気なのを

目の当たりにできて、もうそれだけで私はもう・・・!

とにかくまぁ二人の喋ること始終楽しそうなこと。

積年のファンは口元が緩んで涙したに違いない。

 

内容はなんだったか・・・、そう、kenちゃんが

涙腺緩くなったという話をしきりにしていた。

「裏で見てても泣きそうやし

出てきたときもHYDEが握手して

(登場した時にようこそ来てくれましたみたいな感じで握手して迎えてた)

もうやめて~~!(涙)」ってなったようなことをw

HYDEさんが「ゆるすぎでしょ」と笑ってたけど、

楽しそうだったなぁ。

 

黒のスーツのようなkenちゃん、いそいそとジャケットを脱ぎ、

胸元の大きく開いた黒シャツにベスト、座ってギターを準備。

ギターが赤っぽく、金で模様も入っており、

華やかなクリスマスギター・・・!

オシャレなギターだったなぁ。

さてここからはラルク!

 

10. Hurry Xmas

まぁこの曲がこなかったらね!

オーケストラアレンジをバックに

kenちゃんのギターの音色が響き・・・

うお~~んラルクだよ~~と心で泣きながら・・・

てっちゃんとユッキーを想いつつも、

kenちゃん来てくれただけでもう圧倒的感謝・・・

やはりkenちゃんのギター、圧倒的ラルク感;;

 

そうそう、この曲をする前に

HYDEさんがみんなに手拍子を促してて。

「普通に合わせると演歌になるから、裏手拍子で・・・」

「えーとどんな曲だっけ(今から歌うのに?!)

あ、そうそう・・・」と歌いみんなが裏手拍子。

そうそう、上手・・・と甘い声で囁くHYDEさん、

思わぬご褒美イベントでした。

「演歌になるが面白すぎてw

 

11. winter fall

この曲が来たとき、すごく意外だったんですよ。

えっ!この曲を?!と。

歌詞的には申し分なく冬なんだけれど、

もう曲がラルクというか・・・!

L'Acoustic versionの如くものすごくアコースティックに

アレンジされてたわけでもなくて・・・

いやそうじゃない、曲調の話だけじゃなくて、

ここから一気にHYDEさんにラルクスイッチが・・・!

 

ハリクリはクリスマスソングなんでね、

オーケストラルクでも特に何も不思議や違和感?は

感じなかったんだけど、winter fallで、

それは突然に。(※個人的な体感です

「あれがラルクのhydeさんになった瞬間だった」と

後ほど語ったのは私だけではないはず・・・!

 

さっきの記事で

「kenちゃんがギター弾きたいだろうと思って(笑)」の

ようなことが書いてあったと思うんですが、

kenちゃんがすごかった。

なんとこのあとラルクの曲が6曲続くのだけど、

kenちゃんの弾き方がすごくて・・・!

私はラルクのライブに行くと

hydeさんばっか見てるもので

そのせいで知らないだけだったら申し訳ないんですが、

kenちゃんはいつも優雅に弾いてるイメージがあって。

それこそタバコ咥えながら

弾いてる印象がある人もいるはず。

 

そんなもんじゃないですよもう・・・!

ライビュだからこそ見えたんだろうなと思いつつも、

もうすごい迫力で、鬼気迫る弾き方というか・・・

椅子に座ってるのに。

感情がものすごく入って、

もう全身で表現してるような、そんな。

座ってるのにギター弾きながらすごく動いてて、

リズムに合わせてとかそんなのじゃなく、

顔もギュッと目を瞑って、すごく力の入った表情で、

手元なんか見てもない、

いやずっと瞑ってたわけではないと思うけど、

え?!この速弾きも?!

と驚きを隠せない。

ものすごく噛みしめながら弾いてるような・・・

もういっそ何かが降りてきてるような

乗り移ってるような・・・

 

いや~すごかった圧巻、あまりの迫力に圧倒。

明日行く方はこれ読んでないだろうけど

kenちゃんに是非とも注目していただきたい・・・!

 

とまぁすごく印象的でね、

あぁkenちゃんすごく弾きたかったのかな・・・

と思うとほろりときました、勝手に。

 

12.  MY HEART DRAWS A DREAM

驚きのラルク選曲その1。

まさかここでこれが来るとは思わなかったよ・・・!

ラルクでは鉄板のこの曲、うーむギリギリ・・・?!

CMで認知度も高く夢と希望に満ちた明るい曲、

みんなで聞いて歌って一つになれるという事もあって、

今やライブに欠かせない曲の一つ。

 

その神曲の何がギリギリかって

妄言なのでスルーしていただきたいのだけど、

黒ミサの雰囲気と・・・どう?

夢と希望に満ちてキラキラしている、

黒ミサの主旨は多分座って静かに聴くコンサート、

みんなで一緒に歌うという趣旨は

ちょっと方向が違う・・・?という予想。

 

でも歌った、会場のみんなで。

 

ラルクのライブと一緒で、

HYDEさんのジェスチャーでいつものように

歌うところがあったのだ。

会場は戸惑ってか、そのつもりじゃない人が

多かったのかわからないけど、

ラルクの時とはずいぶん違って

みんなの声が小さかったように感じた。

前の方の席が写ってたけど、

歌ってる人少なかった気がする。

私も感激と緊張と圧倒されたのと、

厳かさへの感激もあったのか

割と固まってこのコンサートを観ていたので、

実際会場に居たら歌えたかどうか・・・

 

歌えるに決まってるだろーーーー!!

ラルク最高ーーーーー!!

あああああkenちゃんのギターは最高だよぉぉぉお!!

夢を描くよおおおおお!!

 

と、いうことでした。

はい次の曲行きます。

 

13. 叙情詩

いやこれもまた意外な曲でしたね。

PVを思い出す・・・あの雰囲気を思い出すと

イケてる気がしてしまったものの、

冷静になるとやはり前曲と同じく意外な曲でした。

最の高。

 

いややっぱり雰囲気としては・・・

という声もあるかと思うんですが、

HYDEさんも無茶苦茶悩んで選曲したんだろうなぁと

勝手に思っております。

しかしあれは来なかったね、I wish。

あれはkenちゃんの曲じゃないもんな・・・。

kenちゃんが気持ちよく弾けて、クリスマスの雰囲気にも

何とか合いそうで・・・!と選んだのかな?

ラルクも何かと心配で不穏な噂が出回ってるし、

この先どこでラルクの曲が聴けるのかなぁと思ってたので、

本当にサプライズでした。

HYDEさんとkenちゃんに感謝。

次は全員揃って・・・いや何も予定決まってないって言ってたね、

は、白紙って事は、

これからそこに夢を描けるって事だから・・・!(震え

 

いやそんなことよりこの曲、出だしがHYDEさんの

アカペラだったんですよ。

どこかのライブで聴いたような・・・

またも記憶の神隠しで思い出せないけど、

よかったなぁ・・・

ラルクだ・・・ラルクだよ・・・!

 

そういえばこのオーケストラは指揮者の方が居なくて、

アカペラの時にピアノの方が指揮者さんのような事を

されてたような気がするポンコツ記憶。

 

14. a silent letter

本日の意外な曲ナンバーワン。

MCでちょっとさみしい曲だったか悲しい曲だったかと言ってたかな、

REALの曲懐かしい!

kenちゃんのギターが鬼気迫ってたなぁ・・・

いやもうHYDEさんもすごかったよ、二人がすごかったよ・・・!

まさかラルクでも珍しいこの曲がこんなところで聞けるとは、

棚からハピネス。

 

15. forbiden lover

ラルクですごくライブ映えすると私が感じるのがこの曲。

ライブで化けるというやつ。

ライブで一度でも見た事のある人はわかるはず・・・

シングルで聴いた時は、静かな、深い海の底のような、

冷たいような雰囲気という印象が強かったんですが、

ライブで聴くともう迫力が尋常でない。

炎も燃え上がって(物理・演出)もう最高潮というか・・・

もうこれだけはライブで聴いていただきたい。

 

ん?!いやそれをここで?!

と最初一瞬思ったんですけど、

まぁ私はこの曲が大好きなんで

当然の如く棚ハピ、最っっっ高でしたね・・・

この迫力よ・・・!!

口も開けっ放し、握った(自分の)手に力が入り過ぎて、

終わって我に返って手を放したら痛いこと・・・

すごかった、本当にすごかった・・・

もう本当今日行けてよかった・・・

もはやクリスマスも何もあったもんじゃねぇ・・・

 

と、会場全体が思ってると思われたこの曲の後、

「みんな忘れてると思うけどこれクリスマスのコンサートだから」

のようなHYDEさんのMCで一気に現実(黒ミサ)に戻った一同。

もうちょっとだけ続k(ry

 

16. 雪の足跡

さっきまでの世界から一気に戻って雪の足跡。

く、黒ミサだ~~!

MC何かあったけど忘れたなぁ(涙

 

17. 星空

次の曲が、みんなでやる最後の曲ですって言って

始まった気がする。

あああこの曲が来ると終わりが近い気がしてしまうよ~~~

実際そうなんだけど。

kenちゃんのギターも素晴らしく、

そしてHYDEさんの声の伸びがすごかった。

最初はね、繊細な雰囲気で歌う曲中心だったから、

後半になってこうどんどん声が伸びて、

kenちゃんがいる安心感もあるのでは?!

やはりホームグラウンドなラルクの曲が?!

と・・・

まぁ、だんだん喉がいい感じに

なってきただけかもしれない可能性に蓋をして、

うるうるしておりました。

 

ここでピアノの方以外が退場、

最後はひこにゃんと一緒にのような事を言ってたような。
(追記:ピアノの方のお名前が彦輝さんだったんですね)

私も大好き滋賀県のマスコットキャラクターひこにゃん。

三重にいた頃ラルク好きの友達に彦根城連れてってもらって

ひこにゃんの風呂敷買ったな・・・

とかどうでもいいことを一瞬思い出しつつ遂に最後の曲・・・!

 

18. 未来世界

ここまで来たら最後はこの曲だと思ってた・・・!

HYDEさんが大好きなこの曲。

みんながいい夢見れるようにとか言ってたかな、

この曲にはHYDEさんすごく思い入れがあって、

国立だったかのライブでその話を確かに聞いたんだけど

どうしても記憶を取り出せない私の話はここまでにしましょう。

 

 

以上で終わりでした。

舞台を右に歩いて、左に歩いて、

投げキッスして裏に行ってしまったところで

ライブビューイングは終わりました。

 

・・・よ、よかったーーーー・・・!!

 

実はこの日、17時開演が20分押してのスタートで。

大幅に遅れた場合、途中であっても

ライビュ終了することがありますとか

最初に流れてたから最後まで見れて本当によかった・・・!!

 

まさか半分もラルクが聴けると思わなかったのでびっくり&

選曲にもびっくり。

いやーよかった、本当によかった・・・;;

涙も出たし、無音で拍手してたし、

ずっと力入れて見てて体中バッキバキだし、

口もまぁぽかんとだらしなく開いてましたね。

はーよかった・・・。

 

 

おまけでどこで話してたか忘れたMC等をいくつか。

実際喋ってる言葉は全く違うと思うので、

空気だけでよろしければどうぞ。

 

・歌うのがずっと辛かったとか大変だったという話をしていた。

でも最近ようやく楽しさがわかってきて、

昔より今の方が上手いだか良くなってるという話が。

HYDEさんしみじみと、静かに笑いながら

話するから胸がきゅっとする。

笑い話にもできない、本当に大変で苦労したのが伝わってくる。

好きだったかもしれない歌を「趣味」じゃなく

「しがらみと共に仕事で第一戦に立って」

ここまで続けるというのは

想像を絶するものがある・・・。

楽しく歌ってるだけじゃ今日のこの場は

間違いなくなかった。

自分の為にファンの為に、たくさんの感情に蓋をして

走り続けてきたであろうHYDEさん。

そんなHYDEさんがようやく

「楽しいと思えるようになってきた」

・・・うっ;;

今日まで歌い続けてくれたHYDEさんに感謝で涙が止まらない。

「今まで辛かったとかそんな事言わないでほしい」

と自分勝手な事を言う人は

もう少しでも人の心を想像する力を養(ry

言うのは自由ですけどね、はは。

自由だけど敢えて言うか言わないかで

その人の品や人となりがわかるというもので。

長く口を噤んできたHYDEさんの気持ち、

察するに余りあるお話でした。

 

・マイクにコードがついてて、普段コードレスのマイクなので

勝手に戸惑ってた様子。

最後の方、コードがくるくるとなったのが気になったのか

マイク宙吊りにして捻じれを戻してる姿にみんなが和んでいた。

 

・今日はクリスマスイブイブで・・・、

 今日ここにいる人はリア充?ですよね?

 明日は家族や恋人と過ごすから今日にした、みたいな・・・

 今日が人気だと思ってましたよみたいな事を話されてました。

 私が口にしたことない単語、イブイブが可愛かった。

 今日は23日!!

 

・「冬って・・・あったかいと思うんですよね」

と言い出したHYDEさんを見つめるkenちゃんに向かって

「頭おかしくなったわけじゃない」「変な人を見る目止めて」

のようなやりとりをしてました。

ここで笑いのツボに入ってしまったのか二人楽しそうで、

いや冬は寒いよ、子どもでもわかる、のような事を言ったりと

HYDEさんはなかなか言いたかった事が言いだせず、最後に

冬は外が寒いから、あったまろうとして集まる人たちが

あったかい・・・のような事とをようやく言えていましたw

普通にいい話ーーー!

 

・kenちゃんが出てきた時、HYDEさんが何だったかな・・・

冬とか黒ミサのようなそういうのが好きそうな事を指して、

移動の車でずっとこういう話してんの!みたいな。

以下無茶苦茶曖昧ですが

もうサンタがいるとかそんな・・・

でもサンタがいたらいいかもって最近思うようになってきた、

と笑いながら言うkenちゃんにHYDE驚き笑いしながら

今日どうしちゃったの、のようなことを。

 

あとHYDEのそういうとこがあるから曲作るのすごく

気楽にできるようなことを・・・。

レンズが入ってるから、フィルターがかかって見えてるみたいな、

それを聞いたHYDEさんが「歪んで見えてると」のような、

「いやいい意味でね?」

 

・・・うん、全然会話の正しい文章が思い出せない。

雰囲気の記憶だけで勝手に文章をねつ造している・・・。

 

 

・・・以上です。

予定の5倍くらい長くなりました、

今日疲れてたから0時には寝たかったなーーーおかしいなーーー

実は今、年末に向けてすごい時間なくて

正直間に合うかギリギリなんだけどこれ大丈夫・・・??

明日から死の香りがするし身体が悲鳴を上げてる。

 

HYDEさんの右側3つの金髪コーンロウの絵もラフに描きたかったよ・・・

そんな場合では無さ過ぎるので寝ます、おやすみなさい。

明日の方はどうか・・・楽しんでくださ・・・

おやすみなさい。

 

(追記)

ナタリーレポート

BARKSレポート

公式の記事の言葉の美しいこと・・・このレp(ry

2017-09-18 01:09:55

ニコニコ同窓会に行ってきた②

テーマ:ブログ

ニコニコ同窓会に行ってきた①の続きです。

 

 

 ~ コラボタイム ~

17.BRAVE HEART / 軟鉄兄弟(やまだん 湯毛)

 むちゃくちゃ熱かったです、このお二人のコラボは熱量がすごい!

18.GO MY WAY!! / J 転少女

 Jさんのごまえーーがすごい印象的でイントロ聴いてすぐ出てきたのですが、

 転少女さんとのコラボで二人の生ごまえーが聴けて至福でした。

19.ライオン / のど飴 ピコ

 あーーーもうむちゃくちゃニコニコでコラボ曲いっぱい聴いたーーーと感無量。

 息ぴったりで気持ちよかった

20.アンインストール / Re: ゴム 社長

 この三人でこの曲!三者三様のアンインストールが頭に浮かぶ中、

 一体どんなアンインストールが?!と思ってワクワクしました。

 結果、美しいひらまつとれさんの歌声をゴムさんが持っていって

 二人が歌いながら笑っていたと言えば伝わるでしょうか・・・んもう懐かしい!

21.鳥の詩 / (V)・∀・(V)かにぱん。 うさ

 女性二人の歌声の美しさにもってかれてぼーっとしてました。

 いや、最高に好きな曲なので気がつけば一緒に歌ってました。

22.you / nayuta 社長

 しっとりと歌い上げるこの二人のコラボ・・・CDのコラボ曲を思い出しつつ

 うんうんと聴いてました、懐かしかった、よかった~~。

23.月のワルツ / Re: ASK

 月のワルツと言えばれさんな私・・・アヒィーヤ・・・。

 綺麗な二人の歌声が透き通るように響いてました、

 ここら辺はみんながひたすら聞き入っていたタイム。

24.IN MY DREAM / (V)・∀・(V)かにぱん。 やまだん

 ステージで話されてましたが、本当二人で殴り合いしてるみたいでした、すごいのなんの。

 とどまることを知らない二人の高音に圧倒された一曲、

 女性で出るのもすごいし男性で出るのもすごすぎるよ!!

25.ふわふわ時間 / 転少女 湯毛 yonji

 ここでなんと二人目のシークレットゲスト、yonjiさん登場!

 一瞬で「勉強しろ・・・?」が浮かんだ私と速攻飛ぶ「勉強しろ!」の野次。

 10年前なのかよ~~~!!

 今は立派な社畜になったと話され、しかし変わらない歌声を披露され大盛り上がり!

26.ローリンガール / ASK yonji (MV:九二四れい)

 そしてそのままローリンガール、かっこよかった~~。

27.エアーマンが倒せない / J やまだん ピコ

 会場が大盛り上がりしないわけがないこの曲、熱気がすごい!

 合いの手の箇所が多く会場の息がぴったりですごかった。

28.魔理沙は大変なものを盗んでいきました / (V)・∀・(V)かにぱん。 いさじ

 いさぱん。が生で聴ける日が来るとは夢にも思わなかった・・・

 そしてもうこの曲・・・(言葉にならない)

 滑舌最高・二人の息ぴったりでで改めて感激しました。

 内心月下の決闘者と思っていたのは私だけではなかったようで…。

29.Don't say "lazy" / のど飴 転少女

 素晴らしくてテンション上がり過ぎて全力で盛り上がってた記憶しか・・・。

30.ブラック★ロックシューター / ピコ ゴム

 全曲に同じく。つらい。

31.星間飛行 / のど飴 J nayuta 転少女 ピコ

 「キラッ」をみんなでしてむちゃくちゃ楽しかったです、

 三人以上の方がステージにいるときの見えなさのつらいこと…!

32.思い出はおっくせんまん!  / J ゴム

 このお二人のコラボに感激!おっくせんまんおっくせんまん!!と全力で叫んだ・・・。

33.ハレ晴レユカイ / (V)・∀・(V)かにぱん。 nayuta 転少女 うさ いさじ

 女性陣4人といさじさんというこのコラボ、いさじさんがアイドルの一因になったような、

 アイドルのセンターのような錯覚をしつつステージは1mmも見えてませんでした。

34.真赤な誓い / 全員

 私には確かに真っ赤な弾幕が見えた・・・

 おーおーおーおーおーおーのとこも会場完璧でした。

 一体感がすごすぎる・・・。

 

~ アンコール ~

35.SKILL / 全員

 アンコールの1曲目、熱すぎるーー

 あるのは熱に任せ浮かされの記憶のみ。

36.メルト / 全員

 これだけ盛り上がった後の締めの曲とは?!という疑問が溶けてしまう選曲メルト・・・

 もう最高でした、思い残すことはない・・・。

 

このあと解散かと思いきや会場が暗いまま退場の曲だったのか組曲が流れ、

殆どの人が足を止めて歌詞もないのに熱唱。

という私も自然に歌詞が口から出て殆ど歌えた人の一人で・・・

熱い熱い、最高のライブが幕を閉じました。

 

 

語彙力と記憶力の完全敗北のような感想になってしまいましたが、

とにかく素晴らしいライブでした。

まさにタイムスリップ。

 

いつの間にか私は少し足が遠のいてしまったニコニコ、

でも足繁く通ったあの頃のニコニコが確かにそこにあって、

まさに一夜限りの、夢幻のような空間だった。

涙が出るくらい懐かしくて、楽しかった。

歌う人と見る人が一体になって、盛り上がって、弾幕入れて・・・

ああ、こんなだったなぁ・・・と、鮮明に思い出しました、色々。

 

観客の一体感がまたすごくて。

ライブ慣れしてる人がものすごく多かった・・・

曲も間違いなく熟知してる人ばかり、

合いの手を入れる場所、手の動きもかなり息ぴったりでびっくり。

私もニコニコのこういう箱で盛り上がるタイプのライブは初めてで

合いの手や手の動きのタイミングは一つも知らなかったけど、

個人的にかなりばっちりだったと勝手に自負しております。

またみんなとてもマナーがよく、

「みんなで楽しむ」という意識の強い方ばかりのようで、

人を押しのけて少しでも前へというような人は私の周りでは全く見かけず。

 

10年の時を経て、みんな仲間で、同志で、大人だった。

 

熱くて優しい空間だった・・・。

あんなライブは早々あるまい・・・。

素晴らしいライブを企画してくださった方々と、関係者の皆様、

色々なところから忙しい中集まってくださった出演者の皆様、

そして会場で一緒に過ごす事の出来た皆様に感謝しかない・・・。

 

そんな、素晴らしいライブでした。

 

 

感想はここでおしまいで後は個人的な話ですが、

私もぼんやり自分の10年間を振り返ってました。

私がニコニコを見始めてここに来たのは2008年なので1年遅いんですが、

まぁその間に色々な事があって・・・

いや、何があったんだ??

と、改めて。

 

昨日の会場には実はたくさん友達がいて、

大人の事情で一人として名前は上げれないのですが、

何をどうしたら人生でこんな縁ができるんだろうなーとぼんやり思いつつ。

やり直しても同じ人生を送れる気が一切しない。

 

とりあえずニコニコ動画を見ていなかったら、

全く違う人生を送っていたんだろうなぁ・・・

 

という人が昨日の会場にもきっとたくさんいたことでしょう!

 

そんな仲間たちが集まって、本当に本当に素晴らしい時間でした、

ありがとうありがとう!

 

おしまいです、ここまで読んでいただいてありがとうございました!!

2017-09-18 01:07:40

ニコニコ同窓会に行ってきた①

テーマ:ブログ

書くたびに久しぶりですこんばんは。

うんばらさんもまだストップしてますが元気です、

先週の風邪が治って本当によかった・・・。

台風に狙われ雨は降ってしまったものの小雨程度、

その中ニコニコ同窓会というライブに行ってきました。

レポとは言えない自分日記です。

 

すごい倍率だったらしい抽選は見事に外れたものの、

根性で先着のキャンセルチケットをゲット!(してもらいました)

 

出演されたのはこちらの一覧の方と、なんとシークレットで

いさじさんとyonjiさんという古参なら誰もが唸る最強のメンバー・・・!

すごすぎないですか・・・なつかしすぎて豪華すぎた・・・。

よくこれだけの方が集まったなぁと。

10年も経てば色々あって集まるだけでも相当難しい、

学校の同窓会だって何人集まるやらの中このメンバーですよ・・・

すごいの一言。

 

どんなライブかなぁと深く考えずに向かったものの、

これが失敗だった。

1年近く前にSON団のライブに行ったんですが、その時は椅子があって。

だから何故か、「椅子がある可能性もなくはないかもしれない」と、思ってまして。

リサーチすればわかったと思うのに何もせず、

通常芋装備で向かった153cm、キャンセルチケット入場最後組。

 

なんと、ステージが殆ど見えなかったという・・・!

 

女性陣の顔はほぼ見えず、

上手いこと隙間ができれば男性陣も顔がなんとか見える程度。

わずかでもヒールのある靴を履いてればなぁ~~~!

 

・・・ふつーーーに箱ライブでした。

開始時間になった瞬間前方に向かって圧縮するタイプの。

出演者さん達も何度も「気分の悪い方は無理をせず・・・」と注意喚起してくださってましたが、

ステージから見て心配になるくらい客席がぎゅうぎゅうだったんだろうなぁと思います。

 

私はこう見えてモッシュやダイブが行われる激しいライブに何度も行っており、

会場に入った瞬間

「あ、これ普通の箱ライブだ」

と、うなだれました。

 

Tシャツ着てけばよかった、すごい汗かいた。

なんで白のペタンコスニーカーなんか履いてったんだろう、

前は見えないし踏まれれば汚れるのに。

っていうか既に雨で濡れて浸水している、ほんとに何故今日これを履いてきた??

肩掛けバッグすごい、びっくりするほど邪魔・・・!

手ぶらに首かけタオルがライブの基本だろ・・・??

コインロッカーの案内を何度も見たのに何故気にしなかったんだ??

 

と、自分を責めに責めましたが時既にお寿司。

なんとか工夫して最大限ライブを楽しむことにしました。

そんなわけでステージを拝みたいがために猫背が工夫を凝らした結果、

4時間全力のの海老反りで首と腰を痛めました。

工夫とは。

 

ドリンクチケットでは水じゃなくてうっかり最初にウーロン茶を頼んでしまったので

始まる前にもう一気に飲み干してライブスタート!

(水だとペットボトルで貰えるが、他は全部蓋のないプラカップで出てくる。

 あの混んだ中持っているのは危ないし、

ペットボトルなら好きなタイミングで飲めるので次回のご参考にどうぞ)

開始して前に多少圧縮してもぎゅうぎゅうで、とても片手に飲み物持ってられる状況ではなかった。

押して押されてもあるかなぁと思っていたけれど、始まったら全然動かない、すごい。

足元動かなかったので助かった・・・。(満身創痍の靴が)

 

曲はセットリストの通り懐かしくたくさん聴いてた曲ばかりで、

初めて生で聴くその歌声は動画と遜色がないばかりか

迫力にあふれてもっともっとすごくて、

夢中になってる内にどんどん駆け抜けて、

同時に色々思い出してなんだか走馬灯のようで涙が・・・。

 

17時からスタートして、終了が20時半~21時と聞いていたものの

完全に終わったのはほぼぴったり21時。

実に4時間のライブ!

あっという間だった・・・。

 

誰がこんな感じであの曲がすごくてどうだった!

みたいな事も書くかどうか迷ったんですが、

なんせステージが一切見えなかったからな・・・

身長上周りに埋もれてたせいか、たまに歓声などで聴こえないことがあって、

幸せすぎて記憶が飛んだとこも多々あって・・・

 

いやでもちょっと、ちょっとだけ書かせていただきます!

公式サイトからセットリストお借りします!

 

 

~ オープニング ~

01.Butter-Fly / のど飴 Re: J やまだん 湯毛 ASK ピコ ゴム 社長

 テンション爆上げで歌い盛り上がりました、

 スタートからゴキゲンも最高潮!

02.もってけ!セーラーふく / かにぱん nayuta 転少女 うさ

 女性陣とっても可愛くて最高でした。

 もう最高に豪華!

 

~ ソロタイム ~

03.ハナマル☆センセイション / (V)・∀・(V)かにぱん。

 かにぱん。さん絶対この曲だと思ってました!!もう何度聴いた事か…!!

 久しぶりに生で聴いて涙出そうでした。

04.慟哭ノ雨 / のど飴

 むちゃくちゃ懐かしかったです、力強い生ののど飴さんの歌声に感激。

05.METAL of ルフラン DECADE  / Re:

 れさーーーん!!相変わらず優しく柔らかい歌声でした。

 しかしえびふらいを知らなかった私はモグリ。

06.METAL of 恋のミクル伝説 DECADE  / J

 Jさんのお腹の底から力強く会場に通る歌声はやっぱりすごかった・・・

 ミ・ミ・ミクル!会場もノリノリ!

07.God knows... / nayuta

 この歌かっこよくて大好き・・・nayutaさんの歌声可愛くてかっこよかった!

08.みんなみくみくにしてあげる♪ / 転少女

 これですよこの曲・・・転少女さん歌声とっても可愛くてあああなつかしーーーー!

 サイリウムもみんなネギの緑にしていて、じーんとしてしまった・・・。

09.Shangri-La / やまだん

 しっとりと始まった歌い出しから熱いサビへ、高い声かっこよかった~~!

10.Fire◎Flower / 湯毛

 これ結構聴いてたんですが、まさかこの曲がくるとはという懐かしさと驚きで。

 あ・おーいぇーいいぇーいえー(?)もばっちり歌えました、熱かった。

11.カンタレラ / ASK

 仮面をつけたASKさんの登場に会場が湧きました、しっとりした美しい歌声で歌い上げたASKさん、

 マスクの代わりに仮面をつけてしまって会場がほぼ見えなかったそうで。

 「一体私は誰を捕まえたんでしょうね??」のようなMCに会場爆笑。

12.ワールドイズマイン / うさ

 うささん可愛かったです、世界で一番お姫様の可愛さを表現する歌声、すごい・・・!

 最後もちゃんと歌われてて(?)会場大盛り上がり!

13.恋は戦争 / ピコ

 私はピコさんと言えばこの曲だったので、むちゃくちゃ嬉しかった。

 「絶対このタイミングでライブがあると思ったので、一度も歌わず温めてました」

 のようなセリフに感激・・・悲鳴のような歓声が上がってました。

14.1925 / ゴム

 そしてまたまた大歓声、ゴムさん。しっとりと歌い上げられた1925・・・懐かしいよ~~~!

15.恋 / 社長(平松 新) Cho. ASK

 ここでまさかの2017年にタイムスリップ、恋!

 間奏では面白トークも入って会場も大盛り上がり、相変わらず綺麗な歌声だった・・・

 コーラスにASKさんもご一緒して恋ダンスを・・・踊ってたんだよね・・・?見えなかったよ~~~!

16.バラライカ / いさじ with 阿部ダンサーズ(超監督 ナオシゲ)

  「え・・・もしかして・・・」「いやそんなばかな・・・」とばかりにざわつく会場に

 登場したシークレットゲストのいさじさんと阿部ダンサーズの超監督さんとナオシゲさん、

 そしてまさかのバラライカに割れんばかりの歓声、盛り上がりも最高潮!

 歌詞は原曲のものだったけど、もう替え歌しか浮かばなかったのは

 きっと会場みんなもだったに違いない・・・

 ちなみに恋に続いてもちろんこちらのダンスも一切拝めませんでした、勿体ねぇ~・・・。

 

 

ニコニコ同窓会に行ってきた②の記事に続きます。

アメブロ、いつの間に文字数4000文字までになったの・・・??

昔1万文字くらいいけなかったっけ・・・??

こんなレベルじゃない長文書いてたけど一度も引っかかった事なかったじゃない・・・!!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス