むすびにかえて

テーマ:
長きに渡りお付き合いくださいまして有難うございました。
私にとっても身辺の状況が180度変わった2ヶ月でした。
面白半分ヤケクソ半分でスレを立てて、中途半端な晒しとぼかしでgdgdな進行でしたね。
でも、書き込まなかったら、うちらの今は違っていたと思います。
ブログを続ける事は、チラっとは考えましたが、
いつもいつも潮時を見誤り、パート8では板主様とミラクルリンクするわ、(これは自分でもフイタ)
今度こそ、自分で幕を引きたいと思います。
春だしね。当初の目的は果たしたしwwww

私と田辺は、どんな風に生きていくのか。
なにも見えません。それも良し。
先の保険かけて今がつまらないのも、ね。レス下さった方のお言葉です。

うちらは本当の名前での生活を続け、弁当女(みゃこ)は名無しに戻ります。

これをもって、全ての書き込みを終わりたいと思います。

2ちゃんねる、パー速、したらば。このブログ。
閲覧しレスをくれた人、スレ立ててくれた人、全てに、ありがとうございました。
皆様のご健康とご多幸を、良き門出をお迎えになりますようお祈り申し上げます。


                                     弁当女◆HYsgFYLQhc




よくある風景

テーマ:
田辺の自転車は予想通りママチャリ。
「おっさんくせーw」
「いうなwww」これで充分だと。まぁそうだな。
「通勤に使うの?」「んーー 毎日はきついじゃろうwだいぶ家早くでないと」
暖かくなったら私も自転車を買えとまた言った。

仕事はなかなか合ってる、という。
通所者さんの中に、ひとり、すぐに不平を言う人がいるそうで。
「年も若くてなぁ、昔の自分みたいじゃけぇ、懐かしいわ。」
生暖かく見守ってるんだね、というと、なまあたたかくってなにwwwwと。
(あれ?前にもこの会話したような・・・)
一定距離置いて見守ることだよ、と説明すると、
「あぁ、それは大事。」と。

落ち着いたら故郷に帰って、ちゃんと親の顔をみて謝る
お金ためて免許取る*とれば正社員になれるかも、と言っていた。わからないけどね
(一発検定はあきらめました。職場の誰に聞いても無理といわれたそうです。)
そしてこの10畳パレスを脱出し、1LDKへ引っ越す(でも大家は同じw)
私は管理栄養士目指して、まずは11月の模試。

栄養士になったきっかけは、「おいしい給食を作りたい」だった。卒業時には忘れてた。
時間かかったけど、またそこに近づいた。
田辺はどうなのかな?今の仕事。「定年まで居座るw」とか冗談ぽくいってたけど。
「まだ、免許取ったらドライバーやりたい?」
「いや、今の仕事頑張るよ。始まったばっかじゃけ、まだなにも考えられんね」
そだね・・・。
「やめたりせんからwそんな顔しなさんな。」

今日の夕ご飯は、焼きカレーチーズのせ。温野菜。塩分?シラネーヨ!!!
うまいうまい、とモグモグしながら、
「なぁ、みゃこさん」(今だ苗字で呼ばれています)「ん?」
「喜ばせてやろうか?」「なにさwww」
「俺なぁ、こないだ絶対先に死ぬというちょったろう」
(好きな人の死を看取るのは耐えられないと言っていた)
「俺先に死ぬのやめたわw 看取っちゃるからねw」
ブホホ・・・と吹きそうになった。
「あんたね、前から思ってたけど。」
「人にすぐ、死ぬとか死ぬのか?とか言い過ぎ。」「えwww」
喜んでますよ。涙でそうだわ。

「ほらまた背中!」
胡坐をかいて漫画読んでいる田辺の猫背を注意し、
最近太った事をからかわれる。

「おしりとおしりをくっつけてオナラすると気持ちいいんだってさ」ソースはしたらば。
「どんなインターネット見ちょるのよwwwwひどいwww」

よくあるように、どこにでもいるように暮らしています。

お墓参り

テーマ:

事務所を後にして。

「予定無ければドライブしましょうか、爺さん付きでいいなら」

行きたいところありますか?ムラセさんがそう言って車をだしました。

「あ~じゃあちょい遠いけど、群馬のほう行ける?」田辺。

ある公園の近く、そこを車で通り過ぎたとき、自転車の荷台にいっぱいに物を積んだ男性と行き違う。

目が合ったのかわからないけど、田辺が外に向かって軽く会釈しました。

「あぁ、○○さんだね、彼戻ってきたんだね」

「久しぶりに見た~ 俺ことわかったかな」


途中、田辺の妹ちゃんに電話をして、大叔母(ばーちゃん)のお墓の場所を確認。

「骨納めときしか行ってないのよ」それは不義理なことだ。

現地につき。

「えぇーーちょっとこれ位置わかるの・・・?」

「管理事務所いけば、区画教えてくれますよ」

「いや、俺わかる。」さすが道覚えマスター

「夏とかなって景色かわっちょったらわからなくなるかもしらんが、前にきたのも冬じゃけぇ」


難なく墓所に到着。

道すがら買ったペットボトルの水をお墓にかけて、仏花と線香を備えた。

3人でしゃがんで、手を合わせた。

「帰ってきたよ~」笑いながら墓石を撫でていた。

何を思ったわけでもないけれど、トートバッグから事務所でもらった写真を出して、

「こーんなことしちょったよwこの子w」

あはっ、とか、急に笑ったのかと思ったら、しゃがんだ膝に顔うずめて田辺が泣いていた。

そんな顔見られたくないんだろうな、ややしばらく、3人でそうしていました。


そんな時、人生の先輩ぶって何か言わないムラセさんはすごいと思った。

ただ、行くべきところを教えてくれて、迷ったら受け入れてあげて。


そんなふうにはなれないだろうけれども、この人の人生を見て行きたいかも。

昨日頂いたレスなどを読み返して、今はそう思います。


事務所にて2

テーマ:

事務所にて。

職員さんは事務椅子に座り、田辺は窓のところにしゃがみ込んで何やら談笑。

私は話しかけてくれた職員さんに、壁に飾ってある写真を頂く事はできないか?と持ちかけました。

「どうぞ持って行ってあげてください。」

壁から田辺を写した写真を外し、フレームを取ってA4の封筒に入れてくれました。

そんな遣り取りの中、職員さんと話す田辺と目が合いました。

写真を頂いている私を見て、ちょっと目を丸くして、それから、にっこりと笑いました。

なにやら春はイベントがあるようです。

その話をひとしきりしながら、

「じゃあまた」

私たちは事務所を後にしました。


思うにつけ、なぜ田辺が住所を定めず流浪していたのか、

読む事の困難、家庭環境、本人の性格、その時々の運の流れ・・・

この2ヶ月ちょっと、私にとっても、人とここまで色んな話をするのは始めての経験でした。

たった2ヶ月で、人となり、その人が抱えていた苦しさや嘘、そんなことを理解出来たとは思いません。

そして解決できた事は、ほんのちょっとです。


どうして苦しいときに、実家に帰らなかったのか とか 住所定める機会はいくらでもあったのに、とか

自ら死のうと思ったとき東京に舞い戻ったのかとか

私だけのかってな解釈ですが、名前も家も捨てて、自分が人ごみに紛れる生活が田辺は楽だったのかな、そんな気がしています。

丁度私が、2ちゃんねるやしたらばで、名無しで書き込むときのような、

個人を無くしての居心地のよさ。ちがうかな。そんなんに例えたら悪いかな。


ムラセさんところから、自転車で1時間半、今頃キコキコこいで、我が家に向かっていることでしょう。


事務所にて

テーマ:

ムラセさんの車に乗って、福祉事務所に行きました。

行く前、昼食がまだだったので駅ビルのお店でご馳走になりました。

その頃には私のユル腹も峠を越えて、美味しくいただけました。

NAビールとランチをパクパク食べているので、「すい臓ガンで余命半年」がやはり気になり、

「ご病気されたって伺ったんですが、今は大変な事ないんですか?」

「私は早期だったから。再発したら、まぁ3年5年といわれていますけどねぇ」

「え、ムラセさん死なんの?」こらこらこらっ・・・

「死ぬ死ぬいっとかないと、田辺君頑張らないから。」

「ちょぉ・・俺いつ死ぬかと思って悩んでいたのに。」

「いやぁ、知り合った時くらいは本当にそんな感じだったんだよ」

奥さんに先立たれ、自分の健康の行き先に悩み、会社を小さく畳んだのだそうです。


福祉事務所に到着。2階に上がって、事務員さんらと挨拶。

室内は、ソファセットと事務机がいくつか。パソコン、OA機器、まぁいたって普通の事務所。

ソファセットと事務室の仕切りのようなカウンターがあり、その上には支援に関するパンフレットや、

その他市民運動の広報誌など。他に手作りの小物が並んでいました。

ソファ取り巻く壁にも、絵画や写真が飾ってありました。

それらは、ホームレスの人たちが趣味で作ったり描いたりしたものなのだそうで。

それらを眺めていると、田辺が、

「ほらこれ見て」

その中の一枚の引き伸ばされた写真を指差しました。

「これ俺w」

「へぇ~~ いくつくらいのとき?これ」

「23,4かな。最初に公園とか遊びに行きだしたころじゃけぇ。うちの写真にもこれあったほ。」気づかなかった。

「アングルが違ってたからねぇ、これは出来がいいから引き伸ばしたんじゃろう」

「この写真は良いよねぇ。」ムラセさん。

多分雨上がりの公園で。

黒いレインコート着て、灰色の傘を持って、その手を上に一杯に伸ばしてジャンプ。

その姿を後ろから撮った写真でした。空はもう青空で。

なんとなく、そのまま飛んでいきそうな写真で、またちょっと心が苦しくなりました。


物資を収め、田辺は職員の人と事務机のほうでなにやらおしゃべり。

就職きまりそうだとか、そういう話をしていました。


ムラセさんが私のそばに来て、この写真を撮った人は、もう亡くなっているんだけどね。と言いました。

「ヤマダさんですか?」

「いや、別の人だけど。もう随分たちましたけど。」

「田辺それ知っています?」「言いましたよ。」

随分前に、知ってる人が死ぬのは初めて・・・ と言っていたので、それがヤマダさんだと思ったのですが、

忘れているのかなんなのか、ちょっと意味わからない。

多分、そう言いたい何かがあるのでしょうね。


発車オーライ♪ばっくおーらい♪

テーマ:

色々と感慨深く送別会を終えて帰宅した昨日の夜、脱皮しました。

そんな感じになったきっかけは・・・特に無い。

普通に別れて布団にはいり、しばらくしてから。

「あ・・買ったの?」「おうw」

そんなかんじで。

散々ベタベタはしていたのに、やっぱすごくドキドキしました。(恐怖的な意味で)

「あー・・なんかムードもへったくれもなくて悪いね」

「お花あるからいいんじゃないw」

職場の皆さんの御好意が、こんなしょうもない二人を飾る事になろうとはカワイソス

田辺のほうがやたらドキドキしてました。

「ちょ、もしやDTではないよね」「ありえんからwww」ソカ・・・

で、なにやらわからんまま、というか結構難航しつつ、まぁ無事に。

「あのなぁ、」「うん」

「ずと一緒にいようなぁ」「うん」


私の初めてが田辺じゃなければ良かった。

うちらはきっといつか別れてしまうだろう。

根拠はないけど、そう思ったら悲しくなってきました。

気づかれないようにちょっと泣いていたら、田辺が後ろから抱きしめて、

「あwwもっかいしよw」 気分のギャップに思わず笑い、

まぁいいか。考えててもしようがないよね。


そして今日の朝。昨日の酒のせいか、慣れない事に体が仰天したのか、超ユル腹。

ムラセさんと外出の予定なのにトイレいきっぱなし。

「みゃこさん大丈夫か~?家におるか?無理しないほうがいいけぇ」

「いや~、行く。いきたい。」ストッパ飲んでガンバル。

で、ムラセさんご到着。タオル積み込んでいざ出発。

家を出て100メートルほどで、大至急部屋に帰還・・・。

「すみません・・・。」それでも行く。

田辺と、ムラセさん、それを取り巻いていた人や場所を、もっともっと知りたいと思ったのでした。

送別会

テーマ:

送別会行ってきました。

覚悟してましたが挨拶あって、照れた・・・。

ブログではえらそうなこと書いたりしてますが、実際に人前に立つ私は相変わらず声が小さく振るえ、

度胸のない地味社員でした。

くだんの同僚は来ませんでした。

出張が重なったそうです。気を使って、わざと出張をぶつけたのかもしれない、見送る気にもなれなかったのかもしれない、

だけどそこに同僚がいても、私は大丈夫だったな。

なんにせよ、同僚との一件は「遠いきっかけ」だったし、今となっては、最後に話が出来なかったのが残念とすら思いました。

飲んで、笑って、泣かされて、社員もパートも、上司も、みんな大好きだー。

2次会もはけて、仲の良かったパートさんとサシ飲み。

以前に一緒に飲んだとき、ちらっと話した田辺の話になって、

いまだに同居してることに驚いていました。忘れてた話題なわけじゃなく、気になってたけど聞かなかったそうで。

こういうところが、その人の好きなところなんだよな、と改めて感じた。

「安心したよ、独りだといろいろ煮詰まるもんね。」と。

1次会で花束を頂いて、電車で帰るとき、深夜のホームで花束もって佇む女って、

傍目からどうなんだろう。ものすごく孤独なたたずまいなんではないかと気になった。

(花束抱える女のスペックにもよるか・・。)


部屋に帰り、うだだ~として、花束は台所の洗い桶に突っ込んで、

花瓶・・・・ナイ・・・。あったはずなのにナイ・・・。

「花瓶?あ~あるほ。あんた「決められない箱」に入れてたっちゃ。」

「ほらあああああ!だから決められない箱だって大事じゃん!」

*前に部屋の大掃除した時に、私が余りにもモノを捨てられないので、

・捨てるもの

・捨てられないもの

・決められないもの

に、モノを分けたのです。

花を飾って思った。 なんで私、一つしかない花瓶を捨てる予備軍にしたんだろう・・・。

もうすぐムラセさんが部屋に来ます。

福祉事務所にタオルケットやら寄付に。 また、夜にでも。



融合

テーマ:

「んで、まずもってなんちゃらで~」

「みゃこさん、帰って来てからえらいこと訛っちょるw」


会社辞めて、家族と田辺とくらいしか話さない生活。

田辺は中国地方出身ですが、北九州も混じってるらしい。かといって関東も長いので、

よくわからない言葉になってるっぽい。方言が残っているのは、定住しなかったせいなのかな。

私とて同じで、職場の地方出身者の言葉が移っていたり。

さらに二人暮らしが長くなると、お互いの言葉が移ります。

「でも~」というのに、田辺は「だが」と頻繁に言う。~かね? とか。おじいちゃんぽい。

そして私はというと。

18で上京してから今に至るまで、ついぞ直らなかった方言・・・

「さい(そい?人による)」

さいってなんぞ。 「あっ、しまった!」とか言うとき、「あっ!さいさい!」

これを今日田辺に発見。

仕事でがけに玄関まで行き開けて出て行こうとした矢先。

「あー さいっ!住民票(写し)忘れた!」うつっちょるwwwwww


お土産のジュンサイは、2日に半分こしてお土産と共に大家さんとこに。

(お土産は地域の誇る金○)

そして田辺にあげたTシャツはこれ。

http://www.tomo-cha.com/neiger/mobile_daja_goods/

「ほじなし」と書いてあります。

意味は・・・ 「しょうがねぇ奴」とか「情けない奴」とか・・・。

田辺がよく言う、「しょうたれ」みたいな感じかな。

「あっさ見れ、したけ酔っぱらってホジねぇごと。」「10年もウロウロって、まずホジねぇ兄さんだごと。」

そんなかんじで使うw


本日夜は、会社の送別会に招かれています。例の同僚も来ると思う・・・けどカルアの件は知らない人もいるので、微妙な感じになるかもです。

テーマ:

二つ前の記事削除・・・というコメ頂いたのですが、うちPCから普通に見れてる・・・。

削除しました的な運営からのメッセージもなし。

このラインでNGなのかー?どのワードだろう。


月窒?


オー○ガズム


イ○キ


・・・

・・・・

尿モ○レ??? まさかの宝くじ?



尿モレで思い出しました。

プチ同窓会、私以外は既婚者だたのですが、(うち男女一組が夫婦、男1女4)

「思い切り笑うとモレるよねー」

「やばい今ちょっと出た」

「子供と縄跳びヤバイ」

とかいう会話で、私と同級生男は完全に置いてきぼりでした。


削除されてるのかどうなのか、情報あるかたお願いします。(アメブロ運営から連絡来るものかどうかとか)

今後の指針といたしますので。