撮った写真を自慢したくなる!スマホのカメラ教室ピクルス

撮った写真を自慢したくなる!スマホのカメラ教室ピクルス

プロカメラマンがスマホ撮りのコツをわかりやすくレクチャーします!お洒落に撮ってインスタ・SNSで「いいね」をたくさんもらってくださいね!

スマホ撮りがますます楽しくなるレッスンを開催してます。ちょっとしたコツを覚えれば誰でもお洒落でキレイな写真が撮れるようになります。その秘訣をプロカメラマンがわかりやすくレクチャー。お洒落に撮ってインスタ・SNSで「いいね」をたくさんもらってくださいね!

>>>お申し込み・質問などはこちらのメッセージフォームよりお願いします<<<





テーマ:

 

ピクルス高田です!
毎日暑いですがスマホ撮り楽しんでますか??

 

インスタではおなじみの色の加工なのですが慣れてしまえばそれほど難しいものではありません。

 

上の写真は横浜クイーンズスクエアにあるこれは何て言うんでしょうね、パイプがくねくねしてるオブジェです。行かれた方は知ってる方も多いと思います。

 

そして上の写真を色の加工をしたのがこちらの写真となります。

正しくは色の調整の他にコントラストなどの調整も入ってるのですがこれは画像編集アプリの「カーブ」という操作だけで仕上げてます。

 

どうです???

なんかメカメカしくスペーシーで怪しげな感じがグッと強調されましたよね。こんなことが慣れてしまえば撮ったその場で1分もあればできてしまうんですよ~!ここがスマホカメラのト楽しいところ!!

 

家かえってパソコン開いてさー画像編集しようなんて仕事じゃなきゃやらないですからね。

 

 

そして「トーン」というのはこんなのです。

 

 

「トーン」だったり「曲線調整」などアプリによっては呼び名は違いますが正式には「トーンカーブ」と言います。

 

これはAndoroidでは買ったそのままの状態でこれは使えるのですがiphoneにはないのです、、なので別のアプリをインストールする必要があります。

 

 

おすすめは fotor というアプリです。

 

App Store はコチラから

 

これの中にトーンカーブがあるのですがこれがちょっとわかりにくいので説明しますね。

 

fotor起動 ⇒ 左下に「調整」 ⇒ 色んな効果を左にやって最後からひとつ手前に「曲線調整」がでてきます。

 

ななめの線を適当に動かしてみると色だったり明るさが変わるがわかると思います。ポチっと線上で一個。少し離れた線上でポチっとで2つと数は増やせるのですが多くても5個くらいまででいいでしょう。

 

前に動かしたポチっとしたのをもう一回動かすにはそのポチっとまたポチっとです。丸い点がついたら移動可能です。

 

はじめは何だかよくわからないですがこのトーンカーブは慣れてしまえばとっても便利な機能なのでぜひ試してみてくださいね。


 

それでは今日も明日もスマホ撮り楽しんでくださいね!

カメラ 今後のレッスン予定右矢印レッスン予定
ダイヤグリーン ピクルス公式サイト右矢印スマホの写真教室ピクルス

 

>>>お申し込み・質問などはこちらのメッセージフォームよりお願いします<<<

ただいまオンラインレッスン準備中!


テーマ:

 

ピクルス高田です!
スマホ撮り楽しんでますか??


写真は長崎県壱岐島 ここはホント大好き!
こじんまりとした島だけど日本のいいとこ全部詰め込んである感じがするんですよね~。

 


またぜひ行きたい場所のひとつです!

この写真のポイントは偶然なんですけど運転先側のドアが開いてるってところです。

 

 

ここに緊張感というか動きが出るんです。
おぉーーー!!キレイだーー!と思ってドアを閉めるのも忘れてるって感じがドキドキ感をふくらませるんです。

 

 

実際は「ここでいいんだっけ??」
みたいなことをしてるのですがそんなことはいいのです!!(笑)

ここが写真のいいところ。

 

 

ついでに言うと車がちょっと傾いて止まってるのもまたいい演出になってます。

これがキレイに平らだとその勢い感がぐっと減ってしまいまた違った印象になってしまいます。

 

 

こんな風にほんのちょっとしたことでも人間の目と脳ってそれを一瞬で判断してしまうんですね~

 

オソロシイやらありがたいやら、、

 

こんなことを意識して写真撮るのは慣れないとできないですが写真の面白さはこんなところにもあるんです(^^)

 

それでは今日も明日もスマホ撮り楽しんでくださいね!

 

 

 

カメラ 今後のレッスン予定右矢印レッスン予定
ダイヤグリーン ピクルス公式サイト右矢印スマホの写真教室ピクルス

 

>>>お申し込み・質問などはこちらのメッセージフォームよりお願いします<<<

ただいまオンラインレッスン準備中!


テーマ:

 

ピクルス高田です!
みなさんスマホ撮り楽しんでますか??

 

「一眼レフカメラじゃないといい写真が撮れない…」と思っていたらそれは大間違いです!

 

スマホでもキレイな写真はちゃんと撮れるんです。

そのテクニックを一緒に学んでみませんか??

まったく知らなかった世界がそこに待ってますよ^^

 

 

そしてまたまた横浜開催です!

ここみなとみらいエリアは撮影スポット天国なので時間がいくらあっても足りません。

 

ということで今回は2部開催しちゃいます。

 

詳細はこちらです!

 

※Android・iPhoneは問いません。


~ご案内~

 

■日時 7月22日(日) 

2部開催となります

・1部 14:00~16:00

・2部 18:00~20:00 

 

■開催場所 横浜みなとみらいエリア

■募集人数 各部とも4名まで

■受講料  3800円(税込)

■申し込み方法 

>>>レッスンお申し込み・質問などはこちらのメッセージフォームよりお願いします<<<

 

 

カメラ 今後のレッスン予定右矢印レッスン予定
ダイヤグリーン ピクルス公式サイト右矢印スマホの写真教室ピクルス

 

 


テーマ:

 

ピクルス高田です!

みなさんスマホ撮りは楽しんでますか?

 

先日6日(金)は初となる横浜みなとみらいでレッスンでした。

当日の天気は曇り時々雨の予報でしたが「雨でも開催します♪」のアナウンス通りに開催しました!

 

なぬ??なんで雨でも開催??と思った方もいると思いますがこの雨でもレッスンできるのがスマホのカメラレッスンのいいところなんです。

 

それはなぜかといいますと。。。

 

雨が降ってきたらちょっと建物の軒先に隠れて雨に濡れないようにしてレッスンできるから。

 

と当たり前ようなことなんですけどこれがデジタル一眼レフとかだとちょっと難しいのです!

カメラが少しでも雨に濡れるってやっぱり気になるものですしそもそも防水対策ができてる一眼レフはありません。

 

ところがスマホだとそんな心配はありません。完全防水の機種もありますしそうでなくても防水性には優れてるのは言うまでもありません。少しくらい雨に濡れてもサッとひと拭でOKですからね。

 

そして上の写真のように床に光がキラキラ反射してとてもキレイなものです。雨って凄い演出家さんですね~。

 

湖に富士山が写ってる写真と同じ感じです。ちょっと違うかな??(笑)

 

いつもの街並みもまた違った雰囲気を見せてくれるので雨降りの時は僕は絶好の撮影タイムだと思います。

 

 

地下鉄みなとみらい駅を初めて見た時はカッコいいと思いましたね~。。。けっこう構図決めがむずかしいところです。

 

 

 

今回は初参加の方が1名、そして今回で3回目となる方が熱心にスマホをのぞきこみベストアングルを探してました。

 

 

 

足元に叩きつける大粒の雨を画面半分くらいまで入れて迫力のある写真を撮ろうと試行錯誤してます^^

 

このチャンレンジが大切!

 

 

次回のスマホレッスンも横浜みなとみらいで開催します。

ここのエリアはやっぱり面白いですね~☆

 

 

 

~ご案内~

 

■日時 7月22日(日) 

2部開催となります

・1部 14:00~16:00

・2部 18:00~20:00 

 

■開催場所 横浜みなとみらいエリア

■募集人数 各部とも4名まで

■受講料  3800円(税込)

■申し込み方法 コチラより1部または2部の希望を添えてお願いします。

 

※Android・iPhoneは問いません。

★講師 プロカメラマン 高田由和
多少の雨でも開催します。
と言うのも雨で濡れた道路がキラキラ反射して綺麗だからです!

>>>お申し込み・質問などはこちらのメッセージフォームよりお願いします<<<

 

 

カメラ 今後のレッスン予定右矢印レッスン予定
ダイヤグリーン ピクルス公式サイト右矢印スマホの写真教室ピクルス

 

ただいまオンラインレッスン準備中!


テーマ:

 

 

ピクルス高田です!

スマホ撮り楽しんでますか??

 

 

今日はインスタグラムで皆さんがアップしてる写真の色の傾向についてお話ししてみたいと思います。

 

 

いわゆる「インスタ映え」という写真の特徴としてその色味があります。ちゃんとした定義はないと思いますが大きく分けて3つに分けてみました。

 

 

・ビンテージ風

 

・色鮮やか風

 

・色薄っすら風

 

 

この3つ以外にもありえない(^^)現実離れの色見などに加工してる方もいるようです。とくに海外の方に多いです。

 

ではこの3つのポイントを説明してみましょう!

 

まずはビンテージ風なのですがこれの定義はまずモノということですね。食器だったり机・家具、家、車、街並みなど人が作ったものになります。

 

「そうそうこれ、、懐かしいよ~、、」と思えてしまうビンテージ風。

 

どことなく哀愁があってノスタルジーな雰囲気なので「さー頑張るぞーーー!」というよりはしっとりしたリラックスできる写真です。

 

新鮮な野菜、果物、などには当然おかしな加工になってしまいます。

 

そうえいば以前、ダイエットの方法で色を極端に変えて食欲を減退させる、、、みたいのなんかありましたよね。

 

 

 

次は色鮮やか風。

 

これは赤青緑とか原色がバリッと表に出てるやつですね。

さっきの野菜で言うとトマトの赤、ピーマンの緑など原色をこれでもかーーーー!!というパターンもあれば青空や夕焼けの空を濃いブルーにしたり夕焼けもオレンジっーーーみたいな加工です。

 

この色味を極端に鮮やかにする加工というのは実は多くの方が見慣れてきてるのです。

 

スマホはその代表例です。

加工する前にすでに色鮮やかにカメラ側が勝手に色味を調整してしまって写真を見せてくれてるのです。

 

意図はわかりませんがメーカーとしては撮ってすぐ「わー綺麗!!」と言ってもらいたいということだと思います。

そのほうが販売する側としては売れますからね。

 

なのですでに色の発色が鮮やかなのにさらに加工してしまうパンチありすぎの鮮やかな写真となります。

 

 

そして次は色薄っすら風。

 

これは色味を淡くして存在感を軽くしたような感じですね。

 

真っ青の青空も少し薄い水色にしてみたり緑の葉っぱも鮮やかさを落としてやわらかくしたりと。

 

カメラ女子風っていう言葉が5年くらい前から出始めた頃からこの色味が生まれたような気がします。

 

これがなんとも言えずお洒落に見えたりするのが未だにナゾですがなぜなんでしょうね。

 

ちょっとだけ現実離れといったところにひかれるのか、、、

でしょうか??

 

現実離れとか現実逃避って誰もがやっぱりありますからね^^

 

 

そして最初に貼った写真なのですがこれは「色薄っすら風」を意識して色の加工をしたものです。
水色と青のグラデーションが綺麗に出てきました。


※これは多摩川です。見えないですけど遠くに羽田空港があります。

 

 

色加工の仕方は慣れてしまえばとっても簡単です。

 

それぞれの色加工の方法はまた説明しますのでお楽しみに!!

 

それでは今日も明日もスマホ撮り楽しんでくださいね☆

 

 

 

カメラ 今後のレッスン予定右矢印レッスン予定
ダイヤグリーン ピクルス公式サイト右矢印スマホの写真教室ピクルス

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス