”体を浄化! チレントで体感する地中海式ダイエット2泊3日プラン Day2” | ナポリのテラスから…

ナポリのテラスから…

南イタリアに住んで20年。彼らの珍妙なライフスタイルに、未だに驚き続ける日々を綴っています。。


◆地中海沿岸国では、オリーブオイルは必須食品です◆


Ciaooooo
暑いね~、早く秋来ないかな?
涼しくなれば、もっと食欲も出るのに。。
そんな思いを込めて皆様にチレントの魅力をプリゼンツ。。

イタリアの国旗 チレントは、

日の丸 日本 国旗日の丸 日本 国旗 日本の皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。

 



昨日の続きです(^▽^)/
さぁ、朝から車で移動よ! チレントマエスターであり、実は味覚鑑定士の博士がご案内よ!


◆EVOの主力3種。もう一つはブレンドになります◆


カンパニア州の中では、オリーブオイルの産地は、山間のべネベント県、そして、

サレルノ県のチレントが産地なのですよぉ~。。
地中海式ダイエット博物館にほど近い、

少し内陸のオリーブオイルのフラントイオ(搾油所)にて、オイルテイスティングを行います。ラブ

EVOでは、4種のブランドを製造しています。それぞれこのチレント地方の土着品種を使い、

収穫は手摘み。最新式の機械でコールドプレスで搾油したオイルです。ラブ



◆テイスティング談義なう◆

あのね~

一番おバカなことは、イタリアのスーパーでオリーブオイルを買う事よ。

ラベルやボトルが素敵とか、高そうだから、品質が高そうと思ったら大間違い。
オリーブオイルだけは、製造者から直で買わないと~。

大概、イタリア以外の国の【2番搾り以降】で作ったオイルの可能性大ですよ~♪

これは、イタリア人の常識です。まぁ、調理に使うのならいいんですよそれでも。。ニヒヒ

 

 


◆出来立てリコッタチーズでの試食。パ・ラ・ダ・イ・ス~◆

しかし、品質の高いオイルは、日本ではものすごいお高いの。

まぁ、空輸で、重さがかさばると、輸送代がものすごいですからね。

現地のフラントイオ(搾油所)だと、

夢のようなお値段で購入が可能だから、

ここでは、張り切ってください。グラサン


そして、ランチタイム。ガーン

お腹いっぱい~と言わず、チレントのカプリと言われる、アッチャローリへGOよ!

ヘミングウェイ~ウェイ~(←ナポリ弁)ラブ も見た海を見ておかないと…

 

 


◆おすすめレストランにて食事。しかし、冬は開いてない可能性あり◆

そうね、まぁ、ここは地元の人向けのレストランだけどぉ~

真冬の平日は閉まっているかも。

別のレストランになっちゃうけど、そんな時は運転してくれる味覚鑑定士がアレンジしてくれます。

地中海式ダイエット

素晴らしいけど…目の前海ですし~、ちょっと~魚介もつまみ食い!デレデレ

ごめんなさーい!

 

1日目の山の景色もほっとするけど、2日目は海岸線が美しく…


◆夏なら間違いなく海へどぼん! 初秋~晩秋は水の色が半端ないですよ◆

そして、少し早めにB&Bへ戻ります。

何故なら…ポーン

チレント地方の地中海式ダイエット料理レッスン!

 


◆シェフ、カルメーラさんのレクチャーによる、料理レッスン◆

 

ええ、また食べるんですよ。。

でも、肉とか、サラミ・チーズと違い、チレント地方の料理の凄いところは、

消化スピードと、体の浸透性が速いので、何故だか?また、お腹が空いてきます。ガーン

 


◆なんだか、バレリーナのようなポーズだったのでつい…◆

もう食べられないと思ったんだけどね、ミラクルです、ミラクル!びっくり

レモンと夏キャベツのシャキシャキがなんだか爽やかでした。

そして、ズッキーニの花って、こうやって使うのもありなのね~と、感心致しました。

 

 


◆ひよこ豆とキャベツのミラクルスープ◆

この日、猛暑だったので、本当に食欲停滞だったのですが、泣く

ひよこ豆の戻し方、調理法を一つ一つ丁寧に教えて下さりました。ほしむらさきほしきほしあおほしあかほしみどり

カルメーラさん素晴らしいです。

 

太陽 実りの秋 次のイタリア旅行はチレントをめざせ! 太陽

↓チレント宿泊プランのご質問は、下記サイトよりお問い合わせ下さい。