安心という心のありかた | 女神と水晶の目覚め

女神と水晶の目覚め

新しい時代に向けて、女神と水晶が目覚めます

秋の風が吹きはじめ
夜には鈴虫はじめ秋の虫さんたちが
耳に心地よい大合唱をしています。


今年の夏はなんだか変でした。
思いもよらない台風で
こちらの阿波踊りも2日間取りやめに。

意気消沈の徳島県民…
踊りを見にいらしていた旅行者さんも
大変残念でしたでしょう。


でもまあ、何が起こっても
「そんなこともあるか」と受け止めて

残念な気持ちはおしまいにして
次はどんな楽しいことがあるかなと
気持ちを明るくしていくのがいいですね。


私も、今年の夏はいろいろありました。

まず、2か月に渡って
思いもよらない不運が
次々に降りかかってきたこと。


自分から呼び込んだ不運ではなく

例えば道を歩いていたら
頭上から巨大な鳥さんのうん◯が
私めがけて落ちてきたみたいな…


そんな類のいくつもの不運が
起こるものだから

ちょっと凹みましたね…⤵︎


あんまり続くと
私何か悪いことしたのかしら
なんの因果応報?

なんて考えてしまいますが

今年は私にとって、
今までの膿を出す年らしくて

大きな膿出しで動きがとれなくなると
とても困るので

小さな災いをたくさん受けて
バランスをとっているのかもしれません。


愛犬にも、もしかしたら悪性の腫瘍?
と思われるできものが見つかり
急遽手術をすることになりました。


自分のことや愛犬のこともあり
お見守りいただいている神さま(神社)
へも、足しげく通いました。


神社で祝詞をあげていると
心がとても落ち着きます。

神さまにお願いを聞いていただきに
おまいりに行っているわけですが

祝詞を唱えて
神さまに静かに向き合っていると

自我の願いは消えていき
心のなかは感謝で満たされていくんです。


何が起こっても
「いやだな」と思わなくなります。


はじめは
助けてください  お力をお与えください
のお祈りから

何事もありがたくそのままを受け取る
気持ちに変わっていきます。

祝詞をあげていると
神さまにすべて全託の心持ちに
なっていきます。


そういう心持ちになると
心のさざ波が
すーっと静まっていき

今自分に起こっている事象が
悪いことでも何でもなく

ただのエネルギーの通過であって

それは
何かしら必要だから起こるのであって

その何かしらを
「何故?」なんて考えなくても

疲れたら眠り
数時間後には必ず目覚めるように

ただことが起きて過ぎていく

それだけなのだなあと
感じることができます。


そうすると不思議なことに
何もかもが有り難くて

何もかもが大きな見守りのなかで
起きていることなのだと
安心のなかで感じることができます。


「神さま、お願いいたします」
のお祈りから、

「神さま、たくさんの気づきをお与え
   いただき、道を指し示していただき
   ほんとうにほんとうに 
   ありがとうございます」

のお祈りに
いつの間にか変わっているんです。


お祈りも、感謝の心なくては
お聞き届けいただけません。


一人で悩んだり
何かしら行き詰まったりしてしまったら

助けてくれる、見守ってくれる神さまに
ご縁をいただくといいです。


どの神さまかわからなければ
いつも心のなかで
お見守りくださる神さまに
ご縁をいただきたいということを
天にお願いをしてみてください。

きっと、天はその願いを叶えてくれる
ことでしょう。


そうは言っても
ひとりでどうすればいいのか
わからなければ

ツインハートにご相談ください。

私たちは、心が安らぐ方法を
たくさんの霊的な経験や
リーディングとヒーリングによって
お教えさせていただくことができます。

そういう使命を天よりいただき
ツインソウルとして出会いました。

その奇蹟を
お分けさせていただくのが
私たちの喜びです。

*お問い合わせは
  ショップ「お問い合わせ」から


*愛犬の腫瘍は
   まずは安心できるものでした。
   ほっとしました。