幸せは神さまからのご褒美 | 女神と水晶の目覚め

女神と水晶の目覚め

新しい時代に向けて、女神と水晶が目覚めます

お盆が近づいてきていますね。
台風10号も進路が気になります。


毎日暑いですが
昨年も暑かったです。

去年のお盆には、熱中症で倒れていた
子ダヌキを助けた一件がありました。



店長は自転車人間です。

10キロくらいの道のりなら
自転車ですいすい行っちゃいます。

車より自転車のほうが
いろんな意味でストレスがない
といつも言っています。


そんな店長、
先日、道で車に轢かれた子犬を
見つけたんだそう。

道の脇に寄せてやらなければ
と思って近づきましたが

お腹から内臓が出ていて
ひどい状態で
これは無理か、、 と通り過ぎました。


でも、思い直して戻り
子犬を道の脇に移動させてやりました。

その時
神社のお掃除に行く途中だったため
リュックにビニール袋をたくさん
入れていたんだそうです。

ビニール袋を両手にはめて
子犬を道の脇の草むらに寝かせて
やりました。


神社でお掃除した後は
いつも湧き水のご神水をいただきます。

帰り道、「暑かっただろう」
と言って、子犬の口に
ご神水をかけて(飲ませて)あげた 
そうです。


子犬ちゃん
アスファルトの道路の上で
どんなに暑かったことでしょう。

子犬の体は、熱のために
とても暑くなっていたそうです。

お母さんのところに
戻りたかったでしょうね。

今度生まれてきたら
幸せになれるといいね。
きっと神さまがそうしてくれるよ。


店長は、何日か前にも
近所の動物好きのおにいさんと
溝に落ちて上がれない子ダヌキを
助けてやりました。

おにいさんが子ダヌキを見つけて
救出しようとしたのですが
一人ではどうにもならず
店長に助けを求めに来たんです。

かなり長い時間がかかりましたが
子ダヌキを無事救出して
山に帰してやることができました。


写真は、その時の様子を
キャットタワーの上から窓越しに
ガン見しているしろちゃんです。




動物も
みんな幸せになってほしいですよね。

人も、動物も幸せになれる 
そんな世の中になるといいですね。


どうやらこの世から
つらいことはなくなりそうもない
ということがわかったのは
何歳の頃だったか。
子どもだったことは確かです。

それから何年たっても
毎日、悲しいニュースが
流れない日はないし

自分の人生も、
楽しいこと嬉しいこと 
だけになることもない。

悲しいことやつらいことも
いっぱい経験しなければならない。


それでも
目をそらさずに

悲しいニュースも
アンフェアな世の中も
きちんとこの目と心で見届ける。


ポジティブなものにだけ
目を向けましょうなんて
宇宙に対してフェアじゃない。

そして、何があっても
自分の感情に蓋をしないで
真っ正面から向き合う。
逃げない。


神さまは
ご褒美も必ず用意してくださって
いるから。

楽しいこともうれしいことも
いっぱい見せてくださるし
体験させてくださるから。

だから、幸せだ
って、笑って生きていけるんですね。

毎日を
感謝で生きていきたいですね。