人間の心配と神さまの世界 | 女神と水晶の目覚め

女神と水晶の目覚め

新しい時代に向けて、女神と水晶が目覚めます




土曜の夜、仕事が早く終わったので

夜10時半に就寝しました。


そして朝目が覚めたのが7時半。

なんと9時間も寝ていました


夜、そんな早い時間に寝たのも

数年記憶にないですが

9時間ぐっすり眠ったのも

数年間の記憶にはないです。


眼が覚めたらすっきりクリアー



ここ数週間、夏風邪や疲れで

かなり落ち気味だったのが

ウソのように晴れていました☀️


やっぱり人間寝るのが一番なんですね。


すごいすごい、睡眠ってすごい


スランプの長いトンネルを抜けると

天界だった


といった気分です。



昨日は

ゆっくりしようと思っていたのですが


神さまのご用命を受けて神社へ。


数年、ある神社のご奉仕を

させていただいているのですが


最近、その神社で

神さまに対して大変失礼なことを

していく人がいまして…


何か対策を、ということで

出向いて行きました。

しばらくは要注意です。



それにしても、

なぜわざわざ神社に来て

自分のストレスを発散していくような

ことをするのか。


他にいくらでも

ストレス発散方法はあるでしょうのに。


お願いを聞き届けてもらえなかったとか

そういった腹いせでしょうか。


何にしても、悲しい心ですね。



その神社には

お賽銭を盗んでいく常習犯もいて、

またあろうことか 

その人は境内に唾を吐きながら

歩くんです。


神さまに失礼すぎると

我慢していた店長も腹に据えかねて


私に、どうすればいいか神さまに

お聞きしてほしい、と言いました。

 


私も、神さまはどういう御沙汰を

お望みだろうとお伺いすると


神さまのお答えは

「その者を慈しみなさい」

というものでした。



何とか取り締まって神社に来られない

ようにできないものかと思っていた

店長と私にとって


神さまのそのお言葉は

大きく心揺さぶられるものでした。


「あなた方があれは悪い者だと

   いう目で見ると、その者の悲しい心が

   ますます暗く閉ざされていくでは

   ありませんか」


「そのような悲しい心を

   持っている者なら

   なおさら慈み、許して

   大らかな心で接してあげなさい」


「あなた方の気持ちはわかりますが

   神はそのくらいのことで

   穢れたりはしません。

   境内での人の汚れなど、一瞬にして 

   祓い清めます。」


とのお言葉でした。


開眼です。



そうなんですね。

神さまは、穢れを一瞬にして祓い清める

ことができるんですね。


人間の心配は

神さまの世界からすれば

なんとちっぽけで

つまらないものなのでしょう。


人が心に起こしている心配は

もしかしたらほとんどが

そうなのかもしれません。


もちろん、深刻なこともあるでしょう。

そんな時は、神さまに心をお預けして

全託して

心を軽くしていただけるよう

お願いしてみるといいと思います。



心の持ち方、在りようを

神さまの世界に入れていただけるよう

ご神気の風吹き渡る神社で

昨日も静かに手を合わせ

お祈りをしてきました。


清々しい1日となりました。



あ、おみくじも久々の大吉でした

しかも安定運

3という数字も

メッセージ性に溢れています。


大好きな「清く 明く 直く 正しく」

のご神託でした。